UbuntuでWindowsパーティションをマウントする方法


UbuntuとWindowsのデュアルブートを実行している場合、Windowsを休止状態にした後(または完全にシャットダウンされていない場合)、Ubuntuの使用中にWindowsパーティション(NTFSまたはFAT32ファイルシステムタイプでフォーマット)にアクセスできないことがあります。

これは、Linuxが休止状態のWindowsパーティションをマウントして開くことができないためです(これに関する詳しい説明はこの記事の範囲を超えています)。

この記事では、UbuntuにWindowsパーティションをマウントする方法を簡単に説明します。上記の問題を解決するための有用な方法をいくつか説明します。

ファイルマネージャを使用してWindowsをマウントする

最初で最も安全な方法は、Windowsを起動してシステムを完全にシャットダウンすることです。それが終わったら、マシンの電源を入れ、grubメニューからUbuntuカーネルを選択してUbuntuを起動してください。

ログオンに成功したら、ファイルマネージャを開き、左ペインからマウントするパーティションを見つけて([デバイス]の下)クリックします。自動的にマウントされ、その内容がメインペインに表示されます。

ターミナルからWindowsパーティションを読み取り専用モードでマウントする

2番目の方法は手動でファイルシステムを読み取り専用モードでマウントすることです。通常、マウントされているファイルシステムはすべて/media/mial/ディレクトリにあります。

そのディレクトリにWindowsパーティションのマウントポイント(この例では mial = aaronkilik )があり、Windowsパーティションが WIN_PART という名前のディレクトリにマウントされていることを確認しますこれはデバイスのラベルに対応します。

$ cd /media/aaronkilik/
$ ls -l

マウントポイントが見つからない場合は、次のようにmkdirコマンドを使用してマウントポイントを作成します(「アクセス許可が拒否されました」というエラーが表示された場合は、 sudoコマンドを使用してroot権限を取得します)。

$ sudo mkdir /media/aaronkilik/WIN_PART

デバイス名を見つけるには、lsblkユーティリティを使用してシステムに接続されているすべてのブロックデバイスを一覧表示します。

$ lsblk

次に、パーティション(この場合は/dev/sdb1 )を読み取り専用モードで上記のディレクトリにマウントします。

$ sudo mount -t vfat -o ro /dev/sdb1 /media/aaronkilik/WIN_PART		#fat32
OR
$ sudo mount -t ntfs-3g -o ro /dev/sdb1 /media/aaronkilik/WIN_PART	#ntfs

デバイスのマウントの詳細(マウントポイント、オプションなど)を取得するには、オプションなしで mountコマンドを実行し、その出力をgrepコマンドに渡します。

$ mount | grep "sdb1" 

デバイスを正しくマウントしたら、Ubuntuの任意のアプリケーションを使用してWindowsパーティションのファイルにアクセスできます。ただし、デバイスは読み取り専用としてマウントされているため、パーティションへの書き込みやファイルの変更はできません。

また、Windowsが休止状態にある場合、UbuntuからWindowsパーティション内のファイルに書き込みまたは変更を加えると、再起動後にすべての変更が失われます。

詳細については、Ubuntuコミュニティヘルプウィキ:Windowsパーティションのマウントを参照してください。

それで全部です!この記事では、UbuntuにWindowsパーティションをマウントする方法を示しました。あなたが何か独特の課題に直面した場合や、ご意見がある場合は、下記のフィードバックフォームを使用してご質問をお寄せください。