FedoraにVirtualBoxゲスト追加機能をインストールする方法


ご存知かもしれませんが、VirtualBoxは、ユーザーが仮想マシンを作成し、さまざまなオペレーティングシステムをテスト実行できるようにするオープンソースのハイパーバイザーです。しかし、それだけではありません。

VirtualBoxには、仮想マシンのパフォーマンスと使いやすさを向上させる追加のアプリケーションとドライバーであるVirtualBoxゲストの追加も含まれています。

VirtualBoxゲストの追加により、次のような拡張機能が提供されます。

  • Shared Clipboard: You can seamlessly copy and paste content between the host and guest operating systems.
  • Drag and Drop: Additionally, Virtualbox guest additions enable you to drag and drop files between the host and guest operating systems.
  • Mouse Pointer Integration: Recall how you usually have to press a combination of keys to release the mouse pointer from the virtual machine? With Virtualbox guest additions, that becomes a thing of the past as you can comfortably move your mouse pointer to and from the guest and host OS.
  • Shared Folders: The guest additions also enable you to make folders that can be accessed by the virtual machine as network shares.
  • Enhanced Video Performance: By default, virtual machines come with a display that is much smaller and does not provide a resolution that matches that of the host system. With guest addition installed, the virtual machine adjusts to match the resolution of the host system. For example, if the host’s resolution is 1366 x 768, the virtual machine automatically scales from its default resolution to match the host’s resolution.

次に、仮想ボックスゲスト追加機能をFedoraLinuxディストリビューションにインストールする方法を見てみましょう。

FedoraへのVirtualBoxゲスト追加機能のインストール

Fedora LinuxにVirtualBoxゲストの追加をインストールして有効にするには、システムにVirtualBoxがインストールされている必要があります。インストールされていない場合は、ガイド「FedoraLinuxにVirtualBoxをインストールする方法」を使用してインストールしてください。

VirtualBoxゲスト追加のインストールの最初のステップは、カーネルヘッダーのインストールです。これには、示されているように、他のビルドツールと一緒にdkmsパッケージ(動的カーネルモジュールサポート)のインストールが含まれます。

$ sudo dnf install dkms kernel-devel gcc bzip2 make curl

カーネルヘッダーを正常にインストールしたら、Linuxカーネルのバージョンを確認し、インストールしたばかりのカーネルヘッダーのバージョンと一致することを確認する必要があります。

Linuxカーネルのバージョンを確認するには、コマンドを実行します。

$ uname -r 
OR
$ hostnamectl | grep -i kernel

カーネル開発ツール(kernel-devel)のバージョンを確認するには、を実行します。

$ sudo rpm -qa kernel-devel

上のスクリーンショットに示すように、2つのバージョン(カーネルバージョンとkernel-devel)が一致しない場合は、コマンドを使用してカーネルを更新します。

$ sudo dnf update kernel-*

カーネルの更新が完了したら、システムを再起動し、カーネルのバージョンをもう一度確認します。

$ uname -r 

出力から、カーネルバージョンがkernel-develバージョンと一致していることがわかります。

これで、VirtualBoxゲストの追加を続行してインストールできます。

ゲスト追加をインストールするには、[デバイス] –> [ゲスト追加CDイメージの挿入]に移動します。

表示されるポップアップで、[キャンセル]オプションを選択します。

次に、/ run/media/username /VBox_GAs_6.0.18に移動します。必ずusername属性を現在ログインしているユーザーに置き換えてください。以下に示すファイルを取得する必要があります。

$ cd /run/media/username/VBox_GAs_6.0.18

最後に、VBoxLinuxAdditions.runスクリプトを実行して、ゲスト追加機能をインストールします。これには、必要なすべてのアプリケーションをインストールするのに約4〜5分かかります。

$ sudo ./VBoxLinuxAdditions.run

VirtualBoxモジュールのインストールが完了したら、Fedoraシステムを再起動すると、フルスクリーンで表示され、ゲストの追加に付属するすべての機能を楽しむことができます。

このガイドは終わりです。あなたのフィードバックは大歓迎です。