LinuxでWi-Fi経由で有線インターネットを共有する方法とその逆


この記事では、ワイヤレスホットスポットを介して有線(イーサネット)インターネット接続を共有する方法と、Linuxデスクトップで有線接続を介してワイヤレスインターネット接続を共有する方法について学習します。

この記事では、少なくとも2台のコンピューターが必要です。ワイヤレスカードとイーサネットポートを備えたLinuxデスクトップ/ラップトップと、ワイヤレスカードまたはイーサネットポートのいずれかを備えた別のコンピューター(必ずしもLinuxを実行しているとは限りません)です。

Wi-Fiホットスポットを介した有線(イーサネット)インターネット接続の共有

まず、次のスクリーンショットに示すように、イーサネットケーブルを使用してコンピューターをインターネットのソースに接続します。

次に、ワイヤレス接続を有効にしてから、次のスクリーンショットで強調表示されているように[ネットワーク設定]に移動します。

次に、次のスクリーンショットに示すように、[ホットスポットとして使用]をクリックします。

次に、ポップアップウィンドウで、[オンにする]をクリックしてワイヤレスホットスポットをアクティブにします。

これで、ワイヤレスホットスポットがデフォルトのホスト名で作成されます(例:tecmint)。

これで、ホットスポットを介して別のコンピューターまたはデバイスをインターネットに接続できます。

有線(イーサネット)接続を介したWi-Fiインターネット接続の共有

テスト環境でインターネットにアクセスできるワイヤレス接続(HackerNetなど)にコンピューターを接続することから始めます。次に、イーサネットケーブルをそれに接続し、ネットワーク接続に移動します。

ポップアップウィンドウから、有線/イーサネット接続を選択し、次のスクリーンショットで説明されているようにその設定に移動します。

[接続設定]で、[IPv4設定]に移動します。

次のスクリーンショットに示すように、IPv4設定で、[方法]を[他のコンピューターと共有]に設定します。オプションで、IPアドレスを追加して、使用するネットワークを定義できます。次に、[保存]をクリックします。

次に、有線接続をオフにしてからオンにして、もう一度アクティブにします。次に、[ネットワーク接続]で開きます。これで、このスクリーンショットに示すように、共有用に構成されているはずです(デフォルトのIPアドレスは10.42.0.1です)。

注:次のスクリーンショットに示すように、有線インターフェースと同じ方法でブリッジインターフェースを共有することもできます。

先に進み、別のコンピューターをイーサネットケーブルのもう一方の端またはアクセスポイントに接続して、多くのコンピューター/デバイスにサービスを提供します。ご不明な点がございましたら、下記のフィードバックフォームからお問い合わせください。