Fedoraで忘れたrootパスワードをリセットする方法


この簡単な記事では、FedoraLinuxシステムで忘れたrootパスワードをリセットするために実行できる手順について説明します。このガイドでは、Fedora32を使用しています。

まず、システムを再起動するか電源を入れて、以下に示すようにgrubメニューが表示されるまで待つ必要があります。

'e' を押して、grubパラメーターを編集します。これにより、以下に示す表示が表示されます。次に、以下に示すように、 'linux' で始まる行を見つけます。

カーソルの前方矢印キーを使用して、 rhgbquiet パラメータのあるセクションに移動します。

ここで、 rhgbquiet パラメーターを rd.break enforcing u003d 0 に置き換えます。

次に、 ctrl + x を押して、シングルユーザーモードで起動します。次に、ルートファイルシステムを読み取りおよび書き込みモードで再マウントします。

# mount –o remount,rw /sysroot

次に、以下のコマンドを実行して、Fedoraシステムにアクセスします。

# chroot /sysroot

rootパスワードを変更またはリセットするには、図のようにpasswdコマンドを発行するだけです。

# passwd

新しいパスワードを入力して確認します。すべてがうまくいくと、コンソールの最後に「パスワードが正常に更新されました」という通知が表示されます。

システムを再起動するには、Ctrl + Alt + Delを押すだけです。その後、新しく作成したrootパスワードを使用してrootユーザーとしてログインできます。

ログインしたら、以下のコマンドを実行して、SELinuxラベルを/ etc/shadowファイルに復元します。

# restorecon -v /etc/shadow

最後に、コマンドを使用してSELinuxを強制モードに設定します。

# setenforce 1

これで、Fedora32で忘れたrootパスワードをリセットする方法に関するトピックは終わりです。このチュートリアルに時間を割いていただきありがとうございます。