ArchLinuxで忘れたrootパスワードをリセットする方法


パスワードを思い出せないため、rootユーザーとしてシステムからロックアウトされるのは非常にイライラします。これは通常、rootとして長期間ログインしていない場合に発生します。しかし、心配する必要はありません。この記事では、ArchLinuxで忘れたrootパスワードをリセットする方法を段階的に説明します。

読み続ける:CentOS8で忘れたrootパスワードをリセットする方法

まず、Archシステムを再起動するか電源を入れます。以下に示すように、最初のエントリがデフォルトで選択されます。

キーボードの ‘e’ を押して起動エントリを変更することにより、起動プロセスを中断します。

次のステップで、下にスクロールして、次で始まる行を見つけます。

linux          /boot/vmlinuz-linux

矢印キーを使用して、 quick で終わるこの行の終わりに移動します。次に、図のようにパラメーター init u003d/bin/bash を追加します。

次に、 ctrl + x の組み合わせを押して、読み取り専用(ro)アクセス権でマウントされたルートファイルシステムを使用してシングルユーザーモードで起動します。

読み取りおよび書き込み権限でルートファイルシステムを再マウントする必要があります。

# mount -n -o remount,rw /

これで、passwdコマンドを使用してrootパスワードをリセットできます。

# passwd

新しいルートパスワードを指定して確認します。すべてがうまくいけば、次の出力が得られます。

‘password updated successfully’.

最後に、以下のコマンドを実行して変更を保存し、ArchLinuxを起動します。

# exec /sbin/init

以上です!ご覧のとおり、これは単純で簡単な手順です。これで、rootパスワードを忘れた場合に備えて、安心してリセットできるはずです。