RHEL8で忘れたrootパスワードをリセットする方法


このガイドでは、RHEL8サーバーで忘れたrootパスワードをリセットする方法を学習します。ルートパスワードのリセットには通常、ルートパスワードのリセットに役立ついくつかの手順が含まれ、その後、新しいルートパスワードを使用してログインできるようになります。

関連記事:CentOS8で忘れたrootパスワードをリセットする方法

では、飛び込みましょう。

RHEL8で忘れたrootパスワードをリセットする

まず、RHEL 8システムを起動し、起動するカーネルを選択します。次に、キーボードの「e」を押して、起動プロセスを中断します。

次の画面で、 kernel u003d で始まる場所を見つけ、パラメータ rd.break を追加して、 Ctrl + x を押します。

次の画面で、読み取りおよび書き込み権限を使用してsysrootディレクトリを再マウントしていることを確認します。デフォルトでは、 ro として示される読み取り専用アクセス権でマウントされます。

これは、次のコマンドを実行して確認できます。

:/# mount | grep sysroot

次に、読み取りおよび書き込みアクセス権を使用してディレクトリを再マウントします。

:/# mount -o remount,rw /sysroot/

もう一度、アクセス権を確認します。今回は、アクセス権が ro (読み取り専用)から rw (読み取りと書き込み)に変更されていることに注意してください。

:/# mount | grep sysroot

次に、示されているコマンドを実行して、ルートファイルシステムを読み取りおよび書き込みモードでマウントします。

:/# chroot /sysroot

次に、passwdコマンドを使用してパスワードをリセットします。いつものように、新しいパスワードを入力して確認します。

# passwd

この時点で、パスワードは正常にリセットされています。残っている唯一の部分は、ファイルシステムの再ラベル付けを有効にすることです。これを実行するには:

:/# touch /.autorelabel

最後に、exitと入力し、ログアウトして、ラベルの付け直しプロセスを開始します。

これには通常数分かかります。完了すると、システムが再起動し、新しいパスワードを使用してrootユーザーとしてログインできるようになります。

これが、RHEL8で忘れたrootパスワードをリセットする方法です。