Debian10にJoomlaをインストールする方法


Joomlaは、マークアップ言語やWebプログラミング言語の知識がほとんどまたはまったくないWebサイトの作成に使用される、広く使用されている人気のあるCMS(コンテンツ管理システム)です。たくさんのPHPコード、プラグイン、テーマが付属しており、すぐにゼロから始めることができます。

このガイドでは、Debian10にJoomlaCMSをインストールする方法を説明します。

JoomlaCMSのインストールプロセスを見ていきましょう。

ステップ1:Debianシステムパッケージを更新する

まず、次のaptコマンドを実行して、Debianシステムパッケージを最新バージョンに更新します。

$ sudo apt update -y && sudo apt upgrade -y

ステップ2:DebianにLAMPスタックをインストールする

LAMPスタックは、ウェブサイトのホスティングに使用される人気のある無料のオープンソースウェブホスティングスタックです。 Linux、Apache、MySQL/MariaDB、およびPHPの頭字語です。これらのコンポーネントにそれぞれをインストールします。すでにLAMPをインストールしている場合は、この手順をスキップできます。

まず、Apache Webサーバー、PHP、最後にMariaDBサーバーをインストールします。

Apacheをインストールするには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo apt install apache2 apache2-utils

次に、ApacheWebサーバーを起動して有効にします。

$ sudo systemctl start apache2
$ sudo systemctl enable apache2

Apache Webサーバーが実行されていることを確認するには、次のコマンドを使用して確認します。

$ sudo systemctl status apache2

出力から、ApacheWebサーバーが期待どおりに稼働していることがはっきりとわかります。

同様に、ブラウザにアクセスして、図のようにサーバーのIPを参照できます。

http://server-IP

これは、Webサーバーが稼働していることの確認として取得する必要があるものです。

PHPは、動的Webページを設計するために開発者が使用するサーバー側のWebプログラミング言語です。 PHP7.2をインストールします。

$ sudo apt install libapache2-mod-php7.2 openssl php-imagick php7.2-common php7.2-curl php7.2-gd php7.2-imap php7.2-intl php7.2-json php7.2-ldap php7.2-mbstring php7.2-mysql php7.2-pgsql php-smbclient php-ssh2 php7.2-sqlite3 php7.2-xml php7.2-zip

インストールが完了したら、次のコマンドを使用してPHPのバージョンを確認します。

$ php -v

LAMPスタックの最後のコンポーネントはデータベースサーバーであり、この場合はMariaDBになります。 MariaDBは、MySQLからフォークされた無料のオープンソースデータベースエンジンです。

MariaDBをインストールするには、次のコマンドを実行します。

$ sudo apt install mariadb-server

インストール時に、データベースサーバーを保護するために追加の手順が必要です。これは主に、デフォルト設定が弱く、サーバーがセキュリティ違反を起こしやすいためです。したがって、サーバーを強化するには、次のコマンドを実行します。

$ sudo mysql_secure_installation

rootパスワードの入力を求められたら、Enterキーを押し、「Y」を押してrootパスワードを設定します。

以降のプロンプトでは、 ‘Y’ と入力し、Enterキーを押して推奨設定を表示します。

私たちはついにデータベースエンジンを保護しました。

ステップ3:Joomlaデータベースを作成する

このセクションでは、インストール中およびインストール後にJoomlaがファイルを保存するためのデータベースを作成します。

したがって、次のようにMariaDBにログインします。

$ sudo mysql -u root -p

次に、Joomlaデータベース、Joomlaデータベースユーザーを作成し、以下のコマンドを使用してデータベースユーザーに特権を付与します。

MariaDB [(none)]> CREATE DATABASE joomla_db;
MariaDB [(none)]> GRANT ALL ON joomla_db.* TO ‘joomla_user’@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘[email protected]’;
MariaDB [(none)]> FLUSH PRIVILEGES;
MariaDB [(none)]> EXIT;

ステップ4:DebianでJoomlaをダウンロードする

Joomlaの公式ウェブサイトからJoomlaのインストールパッケージをダウンロードしましょう。このガイドを書き留めた時点で、最新バージョンはJoomla3.9.16です。

最新のJoomlaパッケージをダウンロードするには、wgetコマンドを実行します。

$ sudo wget https://downloads.joomla.org/cms/joomla3/3-9-16/Joomla_3-9-16-Stable-Full_Package.zip

インターネットの速度にもよりますが、これには1、2分かかります。ダウンロードが完了したら、図のようにwebrootディレクトリに新しいディレクトリ「joomla」を作成します。

$ sudo mkdir -p /var/www/html/joomla

その後、zip形式のJoomlaファイルを作成したばかりの「Joomla」ディレクトリに解凍します。

$ sudo unzip Joomla_3.19-16-Stable-Full_package.zip -d /var/www/html

次に、ディレクトリのディレクトリ所有権をApacheユーザーに設定し、以下に示すように権限を変更します。

$ sudo chown -R www-data:www-data /var/www/html/joomla
$ sudo chmod -R 755 /var/www/html/joomla

systemdで変更を有効にするには、ApacheWebサーバーを再起動します。

$ sudo systemctl restart apache2

ステップ5:Joomla用にApacheを設定する

最後に、JoomlaWebページをサーバー化するようにApacheWebサーバーを構成する必要があります。これを実現するために、図のようにJoomlaの仮想ホストファイルを作成します。

$ sudo vim /etc/apache2/sites-available/joomla.conf

以下の設定をファイルに貼り付けて保存します。

<VirtualHost *:80>
   ServerName joomla.example.com 
   ServerAdmin [email protected]
   DocumentRoot /var/www/html/joomla
   <Directory /var/www/html/joomla>
	    Allowoverride all
   </Directory>
</VirtualHost>

次に、デフォルトの構成ファイルを無効にし、図のようにJoomla仮想ホストファイルを有効にします。

$ sudo a2dissite 000-default.conf
$ sudo a2ensite joomla.conf

次に、変更を有効にするためにApacheWebサーバーサービスを再起動します。

$ sudo systemctl restart apache2

ステップ6:DebianでのJoomlaインストールの完了

Joomlaのインストールを完了するため。図のようにブラウザを起動し、サーバーのURLを参照します。

http://server-IP/

以下のページが表示されます。続行するには、サイト名、メールアドレス、ユーザー名、パスワードなどの必要な詳細を入力してください。

完了したら、[次へ]ボタンをクリックします。次のセクションでは、Joomlaのデータベースを作成するときに以前に指定したデータベースの詳細を入力する必要があります。これらには、データベース名、データベースユーザー、およびパスワードが含まれます。

次に、[次へ]をクリックします。次のページでは、すべての設定の概要が表示され、インストール前のチェックを実行できます。

[インストール前の確認]セクションと[推奨設定]セクションまで下にスクロールして、すべての設定とインストールされているパッケージのバージョンが推奨ガイドラインに従っていることを確認します。

次に、[インストール]ボタンをクリックして、Joomlaのセットアップを開始します。完了すると、Joomlaがインストールされたことを示す以下の通知が表示されます。

ただし、次の手順に進むには、インストールフォルダを削除または削除する必要があります。下にスクロールして、下に表示されている[インストールフォルダを削除]ボタンをクリックします。

バックエンドまたはダッシュボードにログインするには、[管理者]ボタンをクリックして、表示されているログインページに移動します。

ユーザー名とパスワードを入力し、[ログイン]ボタンをクリックして、図のようにJoomlaのコントロールパネルにアクセスします。

以上です! Debian10にJoomlaを正常にインストールしました。