リラックスして回復-Linuxシステムのバックアップと回復


Relax-and-Recover(略してReaR)は、Bashで記述された、シンプルでありながら強力で、セットアップが簡単で、フル機能を備えた、最先端のオープンソースベアメタルディザスタリカバリおよびシステム移行ソリューションです。これはモジュール式で構成可能なフレームワークであり、一般的な状況ですぐに使用できる多数のワークフローを備えています。

ReaRは、起動可能なレスキューシステムやシステムバックアップをさまざまな形式で作成します。レスキューシステムイメージを使用してベアメタルサーバーを起動し、バックアップからシステムの復元を開始できます。必要に応じて別のハードウェアに復元できるため、システム移行ツールとしても使用できます。

  1. It has a modular design written in Bash and can be extended using custom functionality.
  2. Supports various boot media including ISO, PXE, OBDR tape, USB or eSATA storage.
  3. Supports a variety of network protocols including FTP, SFTP, HTTP, NFS, and CIFS for storage and backup.
  4. Supports disk layout implementation such as LVM, DRBD, iSCSI, HWRAID (HP SmartArray), SWRAID, multipathing, and LUKS (encrypted partitions and filesystems).
  5. Supports both third-party and internal backup tools including IBM TSM, HP DataProtector, Symantec NetBackup, Bacula; tar and rsync.
  6. Supports booting via PXE, DVD/CD, bootable tape or virtual provisioning.
  7. Supports a simulation model that shows what scripts are run without executing them.
  8. Supports consistent logging and advanced debugging options for troubleshooting purposes.
  9. It can be integrated with monitoring tools such as Nagios and Opsview.
  10. It can also be integrated with job schedulers such as cron.
  11. It also supports various virtualization technologies supported (KVM, Xen, VMware).

この記事では、ReaRをインストールして構成し、USBスティックを使用してレスキューシステムやシステムバックアップを作成し、災害後にベアメタルLinuxシステムをレスキューまたは復元する方法を学習します。

ステップ1:LinuxベアメタルサーバーにReaRをインストールする

1.DebianおよびUbuntuLinuxディストリビューションにリアパッケージをインストールするには、次のコマンドを使用します。

$ sudo apt-get install rear extlinux

RHELおよびCentOSでは、EPEL 8リポジトリを有効にしてから、図のようにリアパッケージをインストールする必要があります。

# yum install rear syslinux-extlinux grub2-efi-x64-modules
# dnf install rear syslinux-extlinux	#Fedora 22+

2.インストールが完了すると、rearのメイン構成ディレクトリは/etc/Rear/になり、主要な構成ファイルは次のようになります。

  • /etc/rear/local.conf – used to set system-specific configuration; it’s intended for manual configuration.
  • /etc/rear/site.conf – used to set site-specific configuration, should be created by the user.
  • /usr/share/rear/conf/default.conf – contains possible/default configuration values.
  • /var/log/rear/ – this directory stores the log files.

3.まず、後部のコマンドラインユーティリティを使用して次のようにフォーマットして、レスキューメディア(この場合はUSBスティック)を準備します。フォーマットが完了すると、メディアにはREAR-000というラベルが付けられます。

# rear format /dev/sdb

4.出力形式を構成するには、OUTPUT変数とOUTPUT_URL変数を使用して、/ etc/Rear /local.conf構成ファイルに入力します。

OUTPUT=USB

4.また、ReaRには、レスキューシステムとフルシステムバックアップの両方を作成できる組み込みのバックアップ方法(NETFSと呼ばれる)が付属しています。デフォルトでは、tarアーカイブとして単純なバックアップを作成します。

システム全体のバックアップを有効にするには、/ etc/Rear /local.conf構成ファイルにBACKUP u003d NETFS変数とBACKUP_URL変数を追加します。起動可能なUSBデバイスを作成するには、図のようにOUTPUT u003d USBとBACKUP_URL u003d” usb:/// dev/disk/by-label/REAR-000”を組み合わせます。

OUTPUT=USB
BACKUP=NETFS
BACKUP_URL=”usb:///dev/disk/by-label/REAR-000”

5.背面を構成した後、次のコマンドを実行して、BACKUPおよびOUTPUTメソッドの現在の構成といくつかのシステム情報を出力します。

# rear dump

ステップ2:レスキューシステムとフルシステムバックアップの作成

6.すべての設定に問題がない場合は、次のようにmkrecueコマンドを使用してレスキューシステムを作成できます。ここで、 -v オプションは冗長モードを有効にします。

# rear -v  mkrescue

注:このスクリーンショットに示すように、レスキューまたはバックアップ操作の実行後に次のエラーが発生した場合。

UEFI systems: “ERROR: /dev/disk/by-label/REAR-EFI is not block device. Use `rear format -- --efi ' for correct format” 

このコマンドを使用してUSBスティックをフォーマットし、操作をやり直します。

# rear format  -- --efi /dev/sdb

7.レスキューシステムを作成し、システムもバックアップするには、図のようにmkbackupコマンドを使用します。

# rear -v mkbackup

8.システム全体のバックアップのみを作成するには、次のようにmkbackuponlyコマンドを使用します。

# rear -v mkbackuponly

オプション:cronを使用した後部操作のスケジュール

8./etc/crontabファイルに適切なエントリを追加することにより、cronジョブスケジューラを使用して定期的にレスキューシステムを作成するようにReaRをスケジュールできます。

minute hour day_of_month month day_of_week root /usr/sbin/rear mkrescue

次の構成では、レスキューシステムを作成するか、深夜にシステム全体のバックアップを取ります。 USBスティックが接続されていることを確認してください。

0 		0   		*  		* 		root /usr/sbin/rear mkrescue
OR
0 		0   		*  		* 		root /usr/sbin/rear mkbackup

ステップ3:システムのレスキュー/復元の実行

9.災害後にシステムを復元/回復するには、起動可能なUSBスティックをベアメタルシステムに接続し、そこから起動します。コンソールインターフェイスで、オプション1(ホスト名の回復)を選択し、Enterをクリックします。

10.次に、ReaRレスキューシステムが構成されます。スクリーンショットに示すように、元のネットワークインターフェイスの代替品を提供するように求められる場合があります。完了したら、Enterをクリックします。

11.次に、rootとしてログインし(username rootと入力して、Enterをクリックするだけです)、実際のリカバリを実行します。

11.次に、次のコマンドを実行して、リカバリプロセスを起動します。レスキューシステムはディスクを比較し、それらの構成を調べて、ディスクレイアウト構成を選択するように促します。 Enterキーを押して、自動ディスク構成を続行します。

次に、システムレイアウトの復元を開始します。ディスクレイアウトが作成されると、次のスクリーンショットに示すようにバックアップが復元されます。

# rear recover

12.バックアップの復元が完了すると、レスキューシステムはmkinitrdを実行して、モジュールをプリロードするための初期ramdiskイメージを作成し、ブートローダーをインストールして終了します。システムの回復が完了すると、復元されたシステムは/mnt/local/の下にマウントされ、このディレクトリに移動して調べます。

最後に、システムを再起動します。

# cd /mnt/local
# rebooot

13.再起動後、SELinuxは、次のスクリーンショットに示すように、/ mnt/local/.autorelabelファイルに基づいて、リカバリされたシステム上のファイルとファイルシステムのラベルを変更しようとします。

その他の使用オプションについては、ReaRのマニュアルページを参照してください。

# man rear

ReaRホームページ:http://relax-and-recover.org/。

ReaRは、最先端の使いやすい(セットアップと忘れ)オープンソースのベアメタルディザスタリカバリおよびシステム移行フレームワークです。この記事では、ReaRを使用してLinuxベアメタルレスキューシステムとバックアップを作成する方法と、災害後にシステムを復元する方法について説明しました。以下のコメントフォームを使用して、私たちとあなたの考えを共有してください。