エージェントをインストールしてPandoraFMSサーバーに接続する方法


Pandora FMSエージェントは、PandoraFMS監視システムを使用して監視されるコンピューターにインストールされるアプリケーションです。ソフトウェアエージェントは、サーバーリソース(CPU、RAM、ストレージデバイスなど)およびインストールされているアプリケーションとサービス(Nginx、Apache、MySQL/MariaDB、PostgreSQLなど)のチェックを実行します。収集したデータを、SSH、FTP、NFS、Tentacle(プロトコル)またはその他のデータ転送手段のいずれかを使用して、XML形式でPandoraFMSサーバーに送信します。

注:エージェントはサーバーとリソースの監視にのみ必要ですが、ネットワーク機器の監視はリモートで行われるため、ソフトウェアエージェントをインストールする必要はありません。

この記事では、Pandora FMSソフトウェアエージェントをインストールし、それらをPandoraFMSサーバーインスタンスに接続して監視する方法を示します。このガイドは、PandoraFMSサーバーの実行中のインスタンスがすでにあることを前提としています。

LinuxシステムへのPandoraFMSエージェントのインストール

CentOSおよびRHELディストリビューションでは、次のコマンドを実行して必要な依存関係パッケージをインストールしてから、最新バージョンのPandoraFMSエージェントRPMパッケージをダウンロードしてインストールします。

# yum install wget perl-Sys-Syslog perl-YAML-Tiny
# wget https://sourceforge.net/projects/pandora/files/Pandora%20FMS%207.0NG/743/RHEL_CentOS/pandorafms_agent_unix-7.0NG.743-1.noarch.rpm
# yum install pandorafms_agent_unix-7.0NG.743-1.noarch.rpm

UbuntuおよびDebianディストリビューションでは、次のコマンドを発行して、最新のエージェントDEBパッケージをダウンロードしてインストールします。

$ wget https://sourceforge.net/projects/pandora/files/Pandora%20FMS%207.0NG/743/Debian_Ubuntu/pandorafms.agent_unix_7.0NG.743.deb
$ sudo dpkg -i pandorafms.agent_unix_7.0NG.743.deb
$ sudo apt-get -f install

LinuxシステムでのPandoraFMSエージェントの構成

ソフトウェアエージェントパッケージを正常にインストールしたら、/ etc/pandora/pandora_agent.conf構成ファイルで、PandoraFMSサーバーと通信するように構成します。

# vi /etc/pandora/pandora_agent.conf

次のスクリーンショットに示すように、サーバー構成パラメーターを探し、その値をPandoraFMSサーバーのIPアドレスに設定します。

ファイルを保存してから、Pandoraエージェントデーモンサービスを開始し、システムの起動時に自動起動できるようにして、サービスが稼働していることを確認します。

# systemctl start pandora_agent_daemon.service
# systemctl enable pandora_agent_daemon.service
# systemctl status pandora_agent_daemon.service

PandoraFMSサーバーへの新しいエージェントの追加

次に、PandoraFMSコンソールを介して新しいエージェントを追加する必要があります。 Webブラウザーに移動し、Pandora FMSサーバーコンソールにログインしてから、[リソース] u003du003d> [エージェントの管理]に移動します。

次の画面で、[エージェントの作成]をクリックして新しいエージェントを定義します。

[エージェントマネージャー]ページで、次のスクリーンショットに示すようにフォームに入力して、新しいエージェントを定義します。完了したら、[作成]をクリックします。

エージェントを追加した後、次のスクリーンショットで強調表示されているように、エージェントはフロントページの概要に反映されます。

[エージェントの詳細]で新しく作成されたエージェントを表示し、そのステータスインジケーターを強調表示すると、モニターが表示されないはずです。したがって、次のセクションで説明するように、エージェントが実行されているホストを監視するためのモジュールを作成する必要があります。

リモートエージェント監視用のモジュールの構成

このガイドでは、リモートホストがライブ(ping可能)であるかどうかを確認するモジュールを作成します。モジュールを作成するには、[リソース] u003du003d> [エージェントの管理]に移動します。 Pandora FMS画面で定義されたエージェントで、エージェント名をクリックして編集します。

ロードしたら、次のスクリーンショットで強調表示されているように、[モジュール]リンクをクリックします。

次に、次の画面からモジュールタイプ(新しいネットワークサーバーモジュールの作成など)を選択し、[作成]をクリックします。

次の画面から、モジュールコンポーネントグループ(ネットワーク管理など)とその実際のチェックタイプ(ホストアライブなど)を選択します。次に、他のフィールドに入力し、ターゲットIPが監視対象のホストのものであることを確認します。次に、[作成]をクリックします。

次に、コンソールを更新し、[エージェントの詳細]でエージェントを表示して、ステータスインジケーターを強調表示すると、「すべてのモニターはOKです」と表示されます。また、モジュールの下に、通常の状態にあるモジュールが1つあることを示す必要があります。

ここでエージェントを開くと、次のスクリーンショットで強調表示されているように、いくつかの監視情報が表示されます。

モジュールが正常に機能しているかどうかをテストするには、リモートホストをシャットダウンし、エージェントのモジュールをリセットします。クリティカルステータス(赤色)を示しているはずです。

それで全部です!次のステップは、PandoraFMSシステムの高度な機能を使用して、サーバー、エージェントとモジュール、アラート、イベント、レポートなどをさらに作成することにより、ITインフラストラクチャを監視するように構成する方法を学習することです。詳細については、PandoraFMSのドキュメントを参照してください。