Bandwhich-Linux用のネットワーク帯域幅利用ツール


Bandwhichは、以前は「what」と呼ばれていましたが、Rustプログラミング言語で記述されたターミナルユーティリティであり、プロセス、接続、およびリモートIP /ホスト名による現在のネットワーク帯域幅使用率を監視するために使用されます。指定されたネットワークインターフェイスをスニッフィングし、IPパケットサイズを追跡して、Linuxの/ procファイルシステムおよびmacOSのlsofと相互参照します。

おすすめの読み物:Linuxでネットワークの使用状況を分析するための16の便利な帯域幅監視ツール

ターミナルウィンドウのサイズに反応するバンドは、スペースがあまりない場合、表示される情報が少なくなります。また、逆引きDNSを使用して、バックグラウンドでIPアドレスをホスト名に解決するように努めます。

LinuxシステムにBandwhichをインストールする方法

このBandwhichユーティリティは新しいユーティリティであり、Yayを使用してAURリポジトリからArchLinuxにインストールできます。

Yayは、Goで記述された非常に優れたAURヘルパーであり、AURリポジトリからパッケージを検索してインストールし、システム全体を更新するためのパックマンラッパーとして使用されます。

Yay AUR Helperがインストールされていない場合は、gitリポジトリのクローンを作成し、次のコマンドを使用してビルドすることでインストールできます。

$ git clone https://aur.archlinux.org/yay.git
$ cd yay
$ makepkg -si

Yayをインストールすると、図のようにそれを使用してBandwhichをインストールできます。

$ yay -S bandwhich

他のLinuxディストリビューションでは、cargoと呼ばれるRustパッケージマネージャーを使用してインストールできるband。 LinuxにCargoをインストールするには、Rustプログラミング言語をインストールする必要があります。

$ curl --proto '=https' --tlsv1.2 -sSf https://sh.rustup.rs | sh

Rustをシステムにインストールしたら、cargoコマンドを使用してLinuxシステムにBandwhichをインストールできます。

$ cargo install bandwhich

これにより、bandwhichが〜/ .cargo/bin/bandwhich にインストールされますが、実行するにはroot権限が必要です。これを修正するには、図のようにバイナリへのシンボリックリンクを作成する必要があります。

$ sudo ln -s ~/.cargo/bin/bandwhich /usr/local/bin/

その後、図のように sudo〜/.cargo/bin/bandwhich の代わりに、bandwhichコマンドを実行できます。

$ sudo bandwhich

その他の使用法とオプションについては、次のように入力してください。

$ sudo bandwhich --help

それでおしまい! Bandwhichは、Linuxのプロセス、接続、およびリモートIP /ホスト名ごとに現在のネットワーク使用状況を表示するための便利なコマンドラインユーティリティです。