CentOS 8 / RHEL8にMySQL8.0をインストールする方法


MySQLは、最も人気のある無料のオープンソースリレーショナルデータベース管理プラットフォームであり、各データベースへのマルチユーザーアクセスを許可することにより、単一のサーバー上で複数のデータベースをホストするために使用されます。

最新のMySQL8.0バージョンは、CentOS8およびRHEL8システムでデフォルトで有効になっているMySQLモジュールを使用して、デフォルトのAppStreamリポジトリからインストールできます。

また、デフォルトのAppStreamリポジトリからインストールできるMariaDB 10.3データベースバージョンもあります。これは、MySQL 5.7の「ドロップイン置換」ですが、いくつかの制限があります。アプリケーションがMySQL8.0でサポートされていない場合は、MariaDB10.3をインストールすることをお勧めします。

この記事では、YUMユーティリティを介してデフォルトのAppStreamリポジトリを使用して、CentOS8およびRHEL8に最新のMySQL8.0バージョンをインストールするプロセスについて説明します。

CentOS8およびRHEL8にMySQL8.0をインストールします

MySQL 8.0の最新バージョンは、次のyumコマンドを使用して、CentOS8およびRHEL8システムのデフォルトのアプリケーションストリームリポジトリからインストールできます。

# yum -y install @mysql

@mysql モジュールは、すべての依存関係を持つ最新バージョンのMySQLをインストールします。

MySQLのインストールが完了したら、MySQLサービスを開始し、システムの起動時に自動的に開始できるようにして、次のコマンドを実行してステータスを確認します。

# systemctl start mysqld
# systemctl enable --now mysqld
# systemctl status mysqld

次に、rootパスワードの設定、匿名ユーザーの削除、rootログインのリモートでの禁止、テストデータベースの削除、特権の再読み込みなど、いくつかのセキュリティベースの操作を実行するセキュリティスクリプトを実行して、MySQLのインストールを保護します。

# mysql_secure_installation

MySQLのインストールが保護されたら、MySQLシェルにログインして、新しいデータベースとユーザーの作成を開始できます。

# mysql -u root -p
mysql> create database tecmint;
mysql> GRANT ALL ON tecmint.* TO [email protected] IDENTIFIED BY 'ravi123';
mysql> exit

それで全部です!この記事では、CentOS8およびRHEL8にMySQL8.0をインストールする方法について説明しました。質問やフィードバックがある場合は、以下のコメントセクションで共有してください。