CentOS7をCentOS8にアップグレードする方法


この記事では、CentOS7をCentOS8にアップグレードする方法を学習します。ここで説明する手順は、正式なアップグレードを示していないため、本番サーバーにはまだ適用しないでください。

ステップ1:EPELリポジトリをインストールする

まず、次のコマンドを実行してEPLリポジトリをインストールします。

# yum install epel-release -y

ステップ2:yum-utilsツールをインストールする

EPELを正常にインストールした後、以下のコマンドを実行してyum-utilsをインストールします。

# yum install yum-utils

その後、コマンドを実行してRPMパッケージを解決する必要があります。

# yum install rpmconf
# rpmconf -a

次に、不要なすべてのパッケージのクリーンアップを実行します。

# package-cleanup --leaves
# package-cleanup --orphans

ステップ3:CentOS7にdnfをインストールする

次に、CentOS8のデフォルトのパッケージマネージャーであるdnfパッケージマネージャーをインストールします。

# yum install dnf

また、コマンドを使用してyumパッケージマネージャーを削除する必要があります。

# dnf -y remove yum yum-metadata-parser
# rm -Rf /etc/yum

ステップ4:CentOS7からCentOS8へのアップグレード

これで、CentOS7をCentOS8にアップグレードする準備が整いましたが、アップグレードする前に、新しくインストールしたdnfパッケージマネージャーを使用してシステムをアップグレードしてください。

# dnf upgrade

次に、以下に示すように、dnfを使用してCentOS8リリースパッケージをインストールします。これにはしばらく時間がかかります。

# dnf install http://mirror.centos.org/centos/8/BaseOS/x86_64/os/Packages/centos-linux-repos-8-2.el8.noarch.rpm http://mirror.centos.org/centos/8/BaseOS/x86_64/os/Packages/centos-linux-release-8.3-1.2011.el8.noarch.rpm http://mirror.centos.org/centos/8/BaseOS/x86_64/os/Packages/centos-gpg-keys-8-2.el8.noarch.rpm

次に、EPELリポジトリをアップグレードします。

dnf -y upgrade https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-8.noarch.rpm

EPELリポジトリを正常にアップグレードした後、すべての一時ファイルを削除します。

# dnf clean all

CentOS7の古いカーネルコアを削除します。

# rpm -e `rpm -q kernel`

次に、競合するパッケージを必ず削除してください。

# rpm -e --nodeps sysvinit-tools

その後、図のようにCentOS8システムアップグレードを起動します。

# dnf -y --releasever=8 --allowerasing --setopt=deltarpm=false distro-sync

ステップ5:CentOS8用の新しいカーネルコアをインストールします

CentOS 8の新しいカーネルをインストールするには、コマンドを実行します。

# dnf -y install kernel-core

最後に、CentOS8最小パッケージをインストールします。

# dnf -y groupupdate "Core" "Minimal Install"

これで、を実行してインストールされているCentOSのバージョンを確認できます。

# cat /etc/redhat-release

この記事では、CentOS7からCentOS8にアップグレードする方法について説明します。これが洞察に満ちていることを願っています。