CentOS8にGitをインストールする方法


バージョン管理システムツールは、今日の最新のソフトウェア開発において重要な役割を果たしています。バージョン管理は、ソフトウェア開発者のグループが協力して作業の履歴を管理するのに役立つソフトウェアです。他の変更を上書きしないため、すべての変更を追跡し、ファイルまたはプロジェクトを以前の状態に戻すことができます。

バージョン管理ツールは、失われたファイルを非常に簡単に回復するのに役立ちます。チームの誰かがミスを犯した場合は、ファイルの以前のバージョンを振り返って比較し、ミスや競合を修正できます。

Gitは、開発者が作業を調整するために使用する最も人気のある分散型バージョン管理ツールの1つです。 2005年にLinusTorvalds(Linuxカーネルの作成者)によって設計されました。

Gitは、データ保証、ワークフロー、ブランチの作成、前の段階への復帰、驚異的な速度、コード変更の追跡、ログの表示などの機能を提供します。それはあなたがオフラインモードであなたの仕事を実行することを可能にします、そして準備ができたら、あなたは変更を公開して最新の変更をとるためにインターネット接続を必要とします。

このチュートリアルでは、yumとソースコードを使用してCentOS8サーバーにGitをインストールする方法を説明します。各インストールには独自の利点があり、選択はあなた次第です。

たとえば、Gitの更新を永続化したいユーザーはyumメソッドを使用し、Gitの特定のバージョンによる機能が必要なユーザーはソースコードメソッドを使用します。

重要:CentOS 8サーバーをインストールし、root権限を持つsudoユーザーで構成する必要があります。持っていない場合は、sudoアカウントを作成できます

CentOS8へのYumを使用したGitのインストール

Gitをインストールする最も簡単で簡単な方法の1つは、yumパッケージマネージャーを使用することですが、利用可能なバージョンは、利用可能な最新バージョンよりも古い場合があります。 Gitの最新リリースをインストールする場合は、ソースからコンパイルすることを検討してください(以下に示すソースからGitをコンパイルするための手順)。

$ sudo yum install git

gitをインストールしたら、次のコマンドを使用して、インストールされているGitのバージョンを確認できます。

$ git --version

git version 2.18.1

ソースコードからGitをインストールする

特定のバージョンのGitで機能させたい場合、またはインストールに柔軟性が必要な場合、最良の方法の1つは、ソースからソフトウェアGitを収集することです。ただし、yumパッケージマネージャーを介してGitのインストールを管理および更新することはありませんが、最新バージョンのGitをインストールし、ビルドオプションをカスタマイズすることはできます。この方法は少し長いプロセスです。

インストールを進める前に、ソースからバイナリをビルドするために次の必要なツールが必要になります。

$ sudo yum groupinstall "Development Tools"
$ sudo yum install wget unzip gettext-devel openssl-devel perl-CPAN perl-devel zlib-devel libcurl-devel expat-devel

ツールが正常にインストールされたら、任意のブラウザを開き、GitHubリリースでGitsプロジェクトのミラーにアクセスします。一番上にあるのはGitの最新バージョンですが、それはあなたの側で異なるかもしれません。次に、必要なバージョンを確認し、ソースコード(tar.gz)を右クリックして、次のwgetコマンドを使用してダウンロードするリンクをコピーします。

$ sudo wget https://github.com/git/git/archive/v2.23.0.tar.gz -O git.tar.gz

ダウンロードが完了したら、tarコマンドを使用してソースパッケージを解凍し、ディレクトリに移動します。

$ sudo tar -xf git.tar.gz
$ cd git-*

次のコマンドを使用して、ソースからGitをインストールしてビルドします。

$ sudo make prefix=/usr/local all install

コンパイルが完了したら、次のコマンドを入力してGitバージョンのインストールを確認できます。

$ git --version

git version 2.23.0

Gitの構成

これで、gitがCentOSマシンに正常にインストールされました。次に、コードに変更を加えるときに使用される個人情報を設定する必要があります。

$ git config --global user.name "Your Name"
$ git config --global user.email "[email protected]"

上記の設定が正常に追加されたことを確認するには、を入力して、追加されたすべての構成設定を一覧表示できます。

$ git config --list

user.name=Your Name
[email protected]

上記の設定は、グローバル構成の〜/ .gitconfig ファイルに保存されます。このファイルに追加の変更を加えるには、 git config コマンドを使用するか、ファイルを手動で編集します。

それでおしまい!この記事では、yumとソースコードを使用してCentOS8サーバーにGitをインストールする方法について説明しました。 Gitの詳細については、LinuxでGitバージョン管理システムを使用する方法に関する記事[包括的なガイド]をお読みください。