Debian10にAPTを使用してJAVAをインストールする方法


Javaは、最も人気があり、広く使用されているプログラミング言語の1つです。現在、無数のソフトウェアアプリケーションが、AndroidStudioなどの必要に応じて機能するためにJavaに依存しています。 Javaには、JRE、OpenJDK、およびOracleJDKの3つの異なる実装があります。

これらのそれぞれを順番に簡単に見てみましょう。

  • JRE (Java Runtime Environment) – This is a set of software tools that are needed for the execution of Java applications.
  • JDK (Java Development Kit) – is a development environment needed for the development of Java application & applets. It encompasses an interpreter, a compiler, an archiver, and other software tools.
  • OpenJDK – is an open-source implementation of JDK. Oracle JDK is Oracle’s official version of JDK. Additionally, Oracle JDK ships with additional commercial features and also allows non-commercial use of the software such as personal development of Java applications.

このチュートリアルでは、Sudo権限を持つシステムユーザーを持つDebian10インスタンスが必要です。

このトピックでは、Debian10にAPTを使用してJavaをインストールおよびセットアップする方法を学習します。

インストールするJavaパッケージがわからない場合は、Debian10のデフォルトのJDKであるOpenJDK11を使用することを強くお勧めします。

Debian10にOpenJDK11をインストールする方法

Adobe10にOpenJDK11をインストールするには、sudo権限を持つ通常のユーザーとしてログインし、図のようにシステムパッケージを更新します。

$ sudo apt update

Javaがインストールされているかどうかを確認する場合は、コマンドを実行します。

$ java -version

次に、次のコマンドを使用してOpenJDK11をインストールします。

$ sudo apt install default-jdk

これで、を実行してOpenJDKのバージョンを確認できます。

$ java -version

インストールが問題なくうまくいった場合は、以下の出力が得られるはずです。

次に、OracleJavaをインストールする方法を見てみましょう。

Debian10にOracleJava12をインストールする方法

Oracle Java12をDebian10バスターに正常にインストールするには、次のようにLinux UprisingJavaリポジトリを追加する必要があります。

$ sudo echo "deb http://ppa.launchpad.net/linuxuprising/java/ubuntu bionic main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/linuxuprising-java.list

次に、コマンドを実行してdirmngrをインストールします。

$ sudo apt install dirmngr

次に、図のように署名キーをインポートします。

$ sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys 73C3DB2A

Linux Uprisingリポジトリを正常に追加したら、以下のコマンドを実行してOracle Java12をDebian10にインストールします。

$ sudo apt update
$ sudo apt install oracle-java12-installer

ポップアップウィンドウが表示されます。 Tabボタンを押して[OK]オプションに移動し、Enterキーを押します。

次のウィンドウで、カーソルキーを使用して[はい]オプションに移動し、Enterキーを押して使用許諾契約に同意します。

Oracle Java 12のバージョンを確認するには、実行します。

$ java --version

すごい!これにより、Oracle Java12が正常にインストールされたことを確認できます。

Debian10でJAVA_HOME環境変数を設定する方法

シナリオによっては、システムに複数のバージョンのJAVAがインストールされている場合があります。たとえば、デフォルトのバージョン(この場合はOracle Java 12)を設定する必要がある場合は、以下のコマンドを使用します。

$ sudo update-alternatives --config java

以下に示す出力で、デフォルトとして設定するJavaのバージョンに対応する番号を入力し、Enterキーを押します。

次に、JAVA_HOME環境変数を設定する必要があります。これを実現するには、/ etc/environmentファイルを開きます。

$ sudo vim /etc/environment

以下の行を追加します。

JAVA_HOME="/usr/lib/jvm/java-12-oracle"

次に、テキストエディタを保存して終了します。最後に、次のようにsourceコマンドを発行します。

$ source /etc/environment

Java環境変数の設定を確認するには、コマンドを実行します。

$ echo JAVA_HOME

これで、このチュートリアルは終了です。このガイドでは、Debian 10にJavaをインストールし、JAVA_HOME変数を設定する方法を学びました。フィードバックをお寄せください。