RHEL8にEPELリポジトリをインストールする方法


EPELは、EnterpriseLinux用のExtraPackagesの略で、Fedoraチームが提供する無料のオープンソースリポジトリです。 EPELは、CentOS、RedHat、Oracle Linux、ScientificLinuxディストリビューション用の追加または補足のソフトウェアパッケージを提供します。

rpmベースとdnfベースの両方のソフトウェアパッケージを出荷し、インストールの容易さを向上させます。このガイドでは、Red Hat EnterpriseLinuxバージョン8.xにEPELをインストールする方法を学習します。

では、なぜEPELリポジトリのインストールを検討する必要があるのでしょうか。理由は非常に単純です。 EPELを使用すると、ユーザーは、前述のように、RHEL、CentOS、Oracle、およびScientificLinuxで一般的に使用されるソフトウェアアプリケーションのさまざまな高品質ソフトウェアパッケージにアクセスできます。

EPELを構成するアプリケーションの一部には、システムのパフォーマンスの概要を提供するhtopが含まれます。

開始する前に、次の要件が満たされていることを確認してください。

  1. A running instance of RHEL 8.0.
  2. A regular system user with sudo privileges.
  3. A good internet connection.

RHEL8.0にEPELリポジトリを掘り下げてインストールしましょう。

RHEL8.xへのEPELリポジトリのインストール

EPELリポジトリをインストールするには、SSH経由でRHEL 8インスタンスにログインし、以下のコマンドを実行します。

$ sudo dnf install https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-8.noarch.rpm

プロンプトが表示されたら、 y と入力し、Enterキーを押して、インストールを続行できるようにします。

次に、次のコマンドを使用してシステムを更新します。

$ sudo dnf update

更新が完了したら、コマンドを実行してEPELリポジトリのインストールを確認できます。

$ sudo rpm -qa | grep epel

EPELリポジトリを構成するパッケージを一覧表示するには、コマンドを実行します。

$ sudo dnf --disablerepo="*" --enablerepo="epel" list available

さらに、次のように結果をgrepコマンドにパイプすることで、個々のパッケージを検索することを決定できます。

$ sudo dnf --disablerepo="*" --enablerepo="epel" list available | grep package_name

たとえば、htopパッケージを検索するには、コマンドを実行します。

$ sudo dnf --disablerepo="*" --enablerepo="epel" list available | grep htop 

RHEL8のEPELリポジトリからパッケージをインストールします

EPELリポジトリが正常にインストールされると、コマンドを使用してパッケージをインストールできます。

$ sudo dnf --enablerepo="epel" install <package_name>

たとえば、screenソフトウェアパッケージをインストールするには、コマンドを実行します。

$ sudo dnf --enablerepo="epel" install screen

または、図のようにコマンドを発行することもできます。

$ sudo dnf install <package_name>

たとえば、htopパッケージをインストールするには、コマンドは次のようになります。

$ sudo dnf install htop

そして、それはラップです!このガイドでは、RHEL8.xバージョンにEPELリポジトリをインストールする方法を学習しました。ぜひお試しいただき、以下のコメントセクションでフィードバックをお寄せください。