CentOSで「リポジトリの有効なbaseurlが見つかりません」を修正する方法


特に新しくインストールしたシステムでYUMパッケージマネージャーを使用する場合(たとえば、yum updateコマンドを実行する場合)にCentOSユーザーが遭遇する最も一般的なエラーの1つは、「リポジトリの有効なbaseurlが見つかりません:base/7/x86_64」です。

この短い記事では、CentOSLinuxディストリビューションで「リポジトリの有効なbaseurlが見つかりません」エラーを修正する方法を示します。

次のスクリーンショットは、yumコマンドを実行してパッケージを検索した後の上記のエラーを示しています。

# yum search redis

このエラーは、YUMがパッケージ情報の検索に使用するベースリポジトリにアクセスできないことを示しています。ほとんどの場合、エラーの原因は2つ考えられます。1)ネットワークの問題および/または2)リポジトリ構成ファイルでコメントアウトされているベースURL。

このエラーは、次の方法で修正できます。

1.システムがインターネットに接続されていることを確認します。 google.comなど、任意のインターネット方向にpingを実行してみてください。

# ping google.com

pingの結果は、DNSに問題があるか、インターネットに接続されていないことを示しています。この場合、ネットワークインターフェイス構成ファイルを編集してみてください。ネットワークインターフェイスを識別するには、ipコマンドを実行します。

# ip add

インターフェイスenp0s8の構成を編集するには、図のようにファイル/ etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s8を開きます。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s8

DNSの問題である場合は、図のように構成ファイルにネームサーバーを追加してみてください。

DNS1=10.0.2.2 
DNS2=8.8.8.8

次に、systemctlコマンドを使用してNetworkManagerサービスを再起動します。

# systemctl restart NetworkManager

詳細については、記事「RHEL/CentOS7.0でネットワーク静的IPアドレスを構成してサービスを管理する方法」を参照してください。

ネットワーク設定を変更した後、もう一度pingを実行してみてください。

# ping google.com

ここで、yumupdateまたは上記のエラーを表示していたyumコマンドをもう一度実行してみてください。

# yum search redis

2.システムがインターネットに接続されていて、DNSが正常に機能している場合は、リポジトリ構成ファイル/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repoに問題があるはずです。

お気に入りのコマンドラインエディタを使用してファイルを開きます。

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

次のスクリーンショットに示すように、 [base] セクションを探し、baseurl行の先頭のを削除して、 baseurl のコメントを解除してみてください。

変更を保存してファイルを閉じます。ここで、yumコマンドを再度実行してみてください。

# yum update

この記事では、CentOS 7の「リポジトリの有効なbaseurlが見つかりません:」エラーを修正する方法について説明しました。ご意見をお聞かせください。経験を共有してください。以下のフィードバックフォームを使用して、この問題を修正するために知っている解決策を共有することもできます。