デュアルブートでWindows10または8と一緒にUbuntuをインストールする方法


このチュートリアルでは、Windows 10がプリインストールされているマシンで、Microsoftオペレーティングシステムを使用してデュアルブートでUbuntu 20.04、Ubuntu 19.04、Ubuntu 18.10、またはUbuntu18.04のインストールを実行する方法について説明します。

このガイドは、マシンにWindows 10OSまたはWindows8.1や8などの古いバージョンのMicrosoftWindowsがプリインストールされていることを前提としています。

ハードウェアがUEFIを使用している場合は、EFI設定を変更し、セキュアブート機能を無効にする必要があります。

コンピューターに他のオペレーティングシステムがまだインストールされておらず、Ubuntuと一緒にWindowsバリアントを使用する予定の場合は、最初にMicrosoft Windowsをインストールしてから、Ubuntuのインストールを続行する必要があります。

この特定のケースでは、Windowsのインストール手順で、ハードディスクをフォーマットするときに、後でUbuntuインストールのパーティションとして使用するために、少なくとも20GBのサイズの空き領域をディスクに割り当てる必要があります。

次のリンクを使用して、システムアーキテクチャに従ってUbuntuISOイメージをダウンロードします。

  1. Download Ubuntu 20.04 Desktop
  2. Download Ubuntu 19.04 Desktop
  3. Download Ubuntu 18.10 Desktop
  4. Download Ubuntu 18.04 Desktop

ステップ1:デュアルブート用にWindowsマシンを準備する

1.最初に注意する必要があるのは、システムが単一のパーティションにインストールされている場合に備えて、コンピューターのハードディスクに空き領域を作成することです。

管理者アカウントでWindowsマシンにログインし、[スタート]メニュー-> [コマンドプロンプト(管理者)]を右クリックして、Windowsコマンドラインに入ります。

2. CLIに入ったら、プロンプトで diskmgmt.msc と入力すると、ディスクの管理ユーティリティが開きます。ここから、パーティションの C:を右クリックし、[ボリュームの縮小]を選択してパーティションのサイズを変更します。

C:\Windows\system32\>diskmgmt.msc

3.縮小 C:で、縮小するスペースの値をMB単位で入力し(C:パーティションサイズに応じて少なくとも20000 MBを使用)、以下に示すように縮小を押してパーティションのサイズ変更を開始します(の値下の画像からのスペースの縮小は低く、デモンストレーション目的でのみ使用されます)。

スペースのサイズが変更されると、ハードドライブに新しい未割り当てのスペースが表示されます。 Ubuntuのインストールを続行するには、デフォルトのままにしてコンピューターを再起動します。

ステップ2:WindowsデュアルブートでUbuntuをインストールする

4.この記事の目的のために、Windowsデュアルブートと一緒にUbuntu 19.04をインストールします(インストールには任意のUbuntuリリースを使用できます)。トピックの説明からダウンロードリンクに移動し、Ubuntu Desktop 19.04ISOイメージを取得します。

ユニバーサルUSBインストーラー(BIOS互換)やRufus(UEFI互換)などのユーティリティを使用して、イメージをDVDに書き込むか、起動可能なUSBスティックを作成します。

USBスティックまたはDVDを適切なドライブに配置し、マシンを再起動し、特別なファンクションキー(通常、ベンダーの仕様に応じてF12、F10、またはF2)を押してDVD/USBから起動するようにBIOS/UEFIに指示します。

メディアが起動すると、新しいgrub画面がモニターに表示されます。メニューから[Ubuntuのインストール]を選択し、Enterキーを押して続行します。

5.ブートメディアのRAMへのロードが完了すると、完全に機能するUbuntuシステムがライブモードで実行されます。

上から2番目のアイコンを押したランチャーで、Ubuntu 19.04 LTSをインストールすると、インストーラーユーティリティが起動します。インストールを実行する言語を選択し、[続行]ボタンをクリックして先に進みます。

6.次に、最初のオプション「通常インストール」を選択し、[続行]ボタンをもう一度押します。

7.次に、インストールタイプを選択します。 Windows Boot Managerと一緒にUbuntuをインストールすることを選択できます。これは、すべてのパーティション手順を自動的に処理するオプションです。

パーソナライズされたパーティションスキームが必要ない場合は、このオプションを使用します。カスタムパーティションレイアウトが必要な場合は、[その他]オプションをオンにし、[続行]ボタンをクリックして先に進みます。

潜在的に危険であり、ディスクを一掃するため、オプションのディスクの消去とUbuntuのインストールはデュアルブートでは回避する必要があります。

8.このステップでは、Ubuntu用のカスタムパーティションレイアウトを作成します。このガイドでは、2つのパーティションを作成することをお勧めします。1つは root 用、もう1つは home アカウントデータ用で、 swap 用のパーティションは作成しません(スワップを使用) RAMリソースが限られている場合、または高速SSDを使用している場合にのみパーティションを作成します)。

最初のパーティションである root パーティションを作成するには、空き領域(以前に作成したWindowsの縮小領域)を選択し、下の + アイコンをクリックします。パーティション設定では、次の構成を使用し、[OK]をクリックして変更を適用します。

  1. Size = at least 20000 MB
  2. Type for the new partition = Primary
  3. Location for the new partition = Beginning
  4. Use as = EXT4 journaling file system
  5. Mount point = /

上記と同じ手順を使用して、 home パーティションを作成します。ホームパーティションのサイズに残された使用可能な空き領域をすべて使用します。パーティション設定は次のようになります。

  1. Size = all remaining free space
  2. Type for the new partition = Primary
  3. Location for the new partition = Beginning
  4. Use as = EXT4 journaling file system
  5. Mount point = /home

9.終了したら、[今すぐインストール]ボタンを押して、ディスクに変更を適用し、インストールプロセスを開始します。

スワップスペースについて通知するポップアップウィンドウが表示されます。 [続行]ボタンを押してアラートを無視します。

次に、新しいポップアップウィンドウで、ディスクへの変更をコミットすることに同意するかどうかを尋ねられます。 [続行]をクリックして変更をディスクに書き込むと、インストールプロセスが開始されます。

10.次の画面で、地図から近くの都市を選択して、マシンの物理的な場所を調整します。完了したら、続行を押して先に進みます。

11.管理用sudoアカウントのユーザー名とパスワードを取得し、コンピューターのわかりやすい名前を入力して、[続行]をクリックしてインストールを完了します。

これらは、Ubuntuのインストールをカスタマイズするために必要なすべての設定です。ここから、インストールプロセスは最後に達するまで自動的に実行されます。

12.インストールプロセスが終了したら、[今すぐ再起動]ボタンを押してインストールを完了します。

マシンが再起動してGrubメニューが表示され、10秒間、さらに使用するOS(Ubuntu19.04またはMicrosoftWindows)を選択するように表示されます。

Ubuntuは、起動元のデフォルトOSとして指定されています。したがって、Enterキーを押すか、10秒のタイムアウトがなくなるまで待ちます。

13. Ubuntuの読み込みが完了したら、インストールプロセス中に作成された資格情報を使用してログインし、楽しんでください。 UbuntuはNTFSファイルシステムのサポートを自動的に提供するため、WindowsボリュームをクリックするだけでWindowsパーティションからファイルにアクセスできます。

それでおしまい! Windowsに戻す必要がある場合は、コンピューターを再起動して、GrubメニューからWindowsを選択するだけです。

追加のソフトウェアパッケージをインストールしてUbuntuをカスタマイズする場合は、Ubuntuインストール後に行うべきトップ20の記事をお読みください。