RHEL8にPython3またはPython2をインストールする方法


RedHat Enterprise Linux 8では、Pythonはプリインストールされていません。これの主な理由は、RHEL8開発者がユーザーのデフォルトのPythonバージョンを設定したくないということです。したがって、RHELユーザーは、Python3とPython2のどちらが必要かをインストールして指定する必要があります。さらに、RHELでは、Python3.6がデフォルトで完全にサポートされているバージョンのPythonです。ただし、Python 2は引き続き利用可能であり、インストールできます。

この短い記事では、Python3とPython2をインストールし、RHEL 8Linuxディストリビューションで並行して実行する方法を示します。

  1. RHEL 8 with Minimal Installation
  2. RHEL 8 with RedHat Subscription Enabled
  3. RHEL 8 with Static IP Address

重要:ほとんどのLinuxディストリビューションは、YUMパッケージマネージャーとして多くのライブラリとツールにPythonを使用しています。 PythonはデフォルトではRHEL8にインストールされていませんが、Pythonをインストールしなくてもyumは機能します。これは、システムツールで使用される「Platform-Python」と呼ばれる内部Pythonインタープリターがあるためです。 Platform-pythonはアプリケーションでは使用できませんが、システム/管理コードの記述にのみ使用できます。

RHEL8にPython3をインストールする方法

システムにPython3をインストールするには、図のようにDNFパッケージマネージャーを使用します。

# dnf install python3

コマンドの出力から、Python3.6がデフォルトバージョンであり、依存関係としてPIPとSetuptoolsが付属しています。

RHEL8にPython2をインストールする方法

Python2をPython3と並行してインストールする場合は、次のコマンドを実行して、システムにPython2.7をインストールします。

# dnf install python2

RHEL8でPythonを実行する方法

Pythonをインストールした後、/ usr/bin/pythonが特定のバージョンのPythonを実行することが期待されます。 「Python2またはPython3:Linuxのデフォルトとして設定する必要があるバージョン」の議論から自分自身を切り離すために、RedHatにはデフォルトでpythonコマンド(「バージョン管理されていないコマンド」と呼ばれる)が含まれていません。

Python 3を実行するには、次のように入力します。

# python3

Python 2を実行するには、次のように入力します。

# python2

Pythonコマンドが存在することを期待するアプリケーション/プログラムがシステム上にある場合はどうすればよいですか?簡単です。 alternatives --config pythonコマンドを使用して、設定するPythonバージョンの正しい場所を/usr/bin/python が簡単に指すようにします。デフォルトバージョン。

例えば:

# alternatives --set python /usr/bin/python3
OR
# alternatives --set python /usr/bin/python2

それで全部です!この短い記事では、RHEL8にPython3とPython2をインストールする方法を示しました。以下のフィードバックフォームから質問したり、考えを共有したりできます。