OpenNMS監視サーバーにホストを追加する方法


この記事の最初の部分では、CentOS/RHELおよびUbuntu/Debianサーバーに最新のOpenNMSネットワーク監視プラットフォームをインストールして構成する方法について詳しく説明しました。この記事では、OpenNMSにホスト/サーバーノードを追加する方法を紹介します。

OpenNMSがすでにインストールされ、正しく実行されていることを願っています。そうでない場合は、次のガイドを使用してシステムにインストールしてください。

  1. Install OpenNMS Network Monitoring Tool in CentOS/RHEL 7
  2. Install OpenNMS Network Monitoring in Debian and Ubuntu

OpenNMSでのホストの追加

1. OpenNMS Webコンソールにログインし、メインナビゲーションメニューに移動して、[管理者]→[ノードのクイック追加]をクリックします。次に、「プロビジョニング要求」を作成します。要求はOpenNMSに何を監視するかを指示し、ノードで構成されます。この場合、求人はグループ1と呼ばれます。

2.次に、新しいノードの基本属性を設定します。求人を選択し、ノードIPアドレスを追加して、ノードラベルを設定します。さらに、[カテゴリの追加]をクリックして監視カテゴリのメンバーシップを追加し、ドロップダウンメニューからカテゴリを選択します。

他のセクションはオプションですが、それらの値を適切に設定できます。変更を保存するには、最後までスクロールして[プロビジョニング]をクリックします。

3.ここで、ホームに戻ると、[ステータスの概要]の下に、1つのノードが追加されていることがわかります。また、[過去24時間の可用性]セクションで、OpenNMSは、追加したばかりのノードでさまざまなカテゴリのサービス(Webサーバー、電子メールサーバー、DNSサーバーとDHCPサーバー、データベースサーバーなど)を検出しようとします。各カテゴリのサービスの総数と停止の数、および対応する可用性の割合が表示されます。

左側のパネルには、保留中の状況、保留中の問題のあるノード、停止のあるノードなどに関するいくつかの有用な情報も表示されます。重要なのは、右側のパネルに通知が表示され、クイック検索を介してリソースグループ、KSCレポート、およびノードを検索できることです。

上記の手順に従って、監視するノードをさらに追加して続行できます。追加されたすべてのノードを表示するには、メインナビゲーションメニューに移動し、[情報]→[ノード]をクリックします。

4.単一のノードを分析するには、上記のインターフェースからそのノードをクリックします。たとえば、cserver3。

詳細については、OpenNMSの機能と構成を使用してサービスとアプリケーションを監視する方法を説明しているOpenNMS管理者ガイドを参照してください。