XorgをFedoraのデフォルトのGNOMEセッションとして設定する方法


Waylandは、安全な表示プロトコルであり、プロトコルを実装するライブラリであり、ビデオハードウェア(サーバー)とクライアント(システム上のすべてのアプリケーション)間の通信を可能にします。 WaylandはデフォルトのGNOMEディスプレイサーバーです。

一部のアプリケーションがWaylandで期待どおりに機能していないことに気付いた場合は、この記事に示すように、X11でGNOMEに切り替えることができます。

Fedora Linux上のX11でGNOMEを実行するには、2つの方法があります。 1つ目は、ログイン画面のセッションチューザーで[Gnome on xorg]オプションを選択する方法で、2つ目は、以下に示すようにGNOMEディスプレイマネージャー(GDM)構成を手動で編集する方法です。

まず、次のloginctlコマンドを実行して、セッション番号とその他の詳細を確認します。

# loginctl

次に、次のコマンドを使用して、実行中のセッションのタイプを確認します(2を実際のセッション番号に置き換えます)。

# loginctl show-session 2 -p Type

次に、お気に入りのテキストエディタを使用してGDM構成ファイル/etc/gdm/custom.confを開きます。

# vi /etc/gdm/custom.conf 

次に、以下の行のコメントを解除して、ログイン画面でXorgディスプレイマネージャーを使用するように強制します。

WaylandEnable=false

また、 [daemon] セクションにも次の行を追加します。

DefaultSession=gnome-xorg.desktop

これで、GDM構成ファイル全体が次のようになります。

# GDM configuration storage
[daemon]
WaylandEnable=false
DefaultSession=gnome-xorg.desktop

[security]
[xdmcp]
[chooser]

[debug]
#Enable=true

変更をファイルに保存し、システムを再起動して、デフォルトのGNOMEセッションマネージャーとしてxorgの使用を開始します。

システムの再起動後、セッション番号を再度確認し、次のコマンドを実行して入力すると、Xorgが表示されます。

# loginctl	# get session number from command output 
# loginctl show-session 2 -p Type

それで全部です!この記事では、XorgをFedoraLinuxのデフォルトのGNOMEセッションとして構成する方法について説明しました。ご質問やご意見がございましたら、下記のフィードバックフォームからお問い合わせください。