リモート開発用にSublimeTextsFTPをセットアップする方法


この記事は、崇高なテキストと、SFTPパッケージを使用してリモート開発用に設定する方法に関するシリーズの第2回です。崇高なテキスト3のインストールと構成に関する以前の記事を参照することをお勧めします。

開発と展開の作業のほとんどは、リモートサーバーまたはクラウドサーバーで行われます。その場合、崇高なSFTPパッケージを使用して、ファイル転送プロトコルを使用してコード/ファイルをプッシュ(ローカルからリモート)またはプル(リモートからローカル)できるリモートサーバーと連携できます。 SFTPにはライセンス費用がかかりますが、パッケージをインストールして無期限に使用できます。

  • FTP, SFTP, and FTPS protocols are supported.
  • Can either use password or SSH key-based authentication.
  • Sync folders – Locally, Remotely, and Bi-directionally.
  • Possible to sync only recently made changes.
  • The difference in local vs. remote versions of a file.
  • Persistent connections for good performance.

Sublime TextEditorへのsFTPのインストール

記事で説明されているようにパッケージコントロールをインストールして構成したとすると、コマンドパレット[CTRL + SHIFT + P]→パッケージのインストール→SFTP。

次に、COMMAND PALLET [CTRL + SHIFT + P] を開きます→SFTPと入力します。 SFTP機能を操作するためのいくつかのオプションがあります。この記事では、これらすべてのオプションについて説明します。

リモートマシンに同期される2つのPythonスクリプトが含まれているディレクトリがあります。私のリモートマシンは、VM上で実行されているLinux Mint19.3です。次に、リモートセットアップを構成しましょう。プロジェクトフォルダを右クリック→SFTP/FTP→リモートにマップ。

sftp-config.json ファイルは、リモート構成設定を保持するプロジェクトフォルダーに作成されます。

設定を分解して、いくつかの重要なパラメータを構成しましょう。 3つの異なるプロトコル(SFTP、FTP、およびFTPS)を使用できます。ここでは「SFTP」を使用します。

次に、ホスト名、ユーザー名、ポートなどのリモートホスト情報を構成します。同期を開始すると、パスワードの入力を求められます。ホスト名はFQDNまたはIPアドレスにすることができ、デフォルトではポート番号は22です。

SSHキーベースの認証も可能です。公開鍵と秘密鍵のペアを作成し、パラメータ「ssh_Key_file」を使用して鍵をその場所にポイントすることができます。

プロジェクトファイルとフォルダを同期する必要があるリモートディレクトリパス「remote_path」を設定します。 「file_permission」および「dir_permission」パラメータを使用して、ファイルとディレクトリのアクセス許可を設定することもできます。 「ignore_regexes」にファイル識別子を指定することで、同期するファイルやフォルダを無視できます。

sftp-config.json でいくつかの必須の構成を行い、ファイルのリモートマシンへの同期を開始しました。必要に応じて、構成するオプションがさらにいくつかあります。しかし今のところ、これらは私たちが始めるために必要な重要なパラメータです。これで、リモートマシンで、ディレクトリ/home/tecmint が空になりました。プロジェクトフォルダを/home/tecmint にアップロードします。

プロジェクトフォルダ→SFTP/FTPを右クリックします。

崇高なテキストsFTPの操作と使用法

すべてのオプションを分解してみましょう。

ローカルプロジェクトフォルダを sftp-config.json ファイルで設定されたリモートディレクトリにアップロードします。すべての操作は、SublimeTextの下部に表示されます。

ローカルディレクトリ内の両方のファイルがリモートディレクトリにアップロードされます。 sftp-config.json ファイルはスキップされます。

ローカルフォルダとリモートフォルダの名前を変更するオプションを選択すると、リモートディレクトリとローカルディレクトリの両方の名前を同時に変更できます。 STの下部に新しい名前を入力するように求められます。

このオプションは、現在のプロジェクトフォルダを sftp-config.json ファイルとともにリモートマシンとローカルマシンの両方から削除します。

ファイル/フォルダをリモートマシンにアップロードします。アップロードと同期の違いは、同期はローカルプロジェクトフォルダにない余分なファイルを削除することです。これを実証するために、リモートマシンに「dummy.py」というファイルを作成しました。

ローカル→リモートを同期しようとすると、確認のプロンプトが表示され、dummy.pyファイルが自動的に削除されます。

リモートファイルをローカルで同期し、ローカルプロジェクトフォルダー内の余分なファイルをすべて削除します。

両方向を同期すると、リモートとローカルの両方で同一のコピーを保持できます。ローカルフォルダとリモートフォルダに同時に異なる変更を加える場合に役立ちます。

リモート参照オプションを使用して、プロジェクトディレクトリ以外のリモートファイルおよびフォルダにアクセスできます。

これで、プロジェクトを同期するための1つのリモートホストを構成しました。複数のリモートマッピングを作成することもできます。 sftp-config-alt.jsonを作成する「AlternateRemoteMapping」オプションを選択します。

これは、2番目のリモートホストを構成する必要があるsftp-config.jsonファイルと同じ構成ファイルです。 2番目のリモート情報を構成して保存しました。複数のリモートマッピングを構成できます。

これで、どのリモートマッピングから選択するかを決定できます。

「リモートマッピングの切り替え…」オプションを選択します。設定されているすべてのマッピングから選択するように求められます。プロンプトからマッピングを選択すると、次の操作から、選択したマッピングでファイルとフォルダーの同期が行われます。

「DiffRemoteFile」オプションを使用して、ローカルファイルとリモートファイルの違いを確認できます。リモートマシンでdummy.pyファイルを作成し、 print(“ Hello world”)を追加しましたが、ローカルで同期されていません。リモートファイルで変更を確認しようとすると、行った変更が出力されます。

メニューに常にカーソルを合わせる代わりに使用できるデフォルトのキーバインディングがあります。キーバインディングのリストを知るには、設定→パッケージ設定→SFTP→キーバインディングのデフォルト。

デフォルトのバインディングをオーバーライドする独自のキーバインディングのセットを定義することもできます。 SFTP設定→パッケージ設定→SFTP→キーバインディング→ユーザーのユーザー定義キーバインディングを作成するには。

この記事のこれまでのところ、ファイル転送プロトコルを介してローカルマシンとリモートマシン間でファイルを転送するためにSFTPパッケージをインストールする方法を見てきました。また、ローカルからリモート、およびリモートからローカルマシンにフォルダをアップロード/同期する方法も確認しました。デフォルトのキーバインディングと、ユーザー定義のキーバインディングを設定する方法。