ImageMagick 7をDebianとUbuntuにインストールする方法


ImageMagick は、ビットマップイメージの作成、編集、作成、変換に使用される、無料でオープンソースの機能豊富なテキストベースのクロスプラットフォームのイメージ操作ツールです。 Linux、Windows、Mac OS X、iOS、Android OS、その他の多くのオペレーティングシステムで動作します。

コマンドライン処理、アニメーションの作成、カラーマネージメント、特殊効果、テキストとコメント、複雑なテキストレイアウト、コネクテッドコンテンツのラベリング、画像の装飾、および描画(画像に図形やテキストを追加する)が特徴です。フォーマット変換、分散ピクセルキャッシュ、大きな画像、画像変換などもサポートしています。

その機能は通常コマンドラインから利用されますが、サポートされているプログラミング言語のいずれかで書かれたプログラムからその機能を使用することができます。これは画像のバッチ処理用に設計されています(つまり、 ImageMagick を使用すると、スクリプト内の画像処理操作(シェル、DOS、Python、Ruby、Perl、PHPなど)を組み合わせることができます。

この記事では、 Debian および Ubuntu ディストリビューションのソースコードから ImageMagick をインストールしてコンパイルする方法について説明します。

ImageMagickへの依存関係のインストール

ソースから ImageMagick をインストールするには、コンパイラと関連開発ツールを備えた適切な開発環境が必要です。システムに必要なパッケージがない場合は、次のように build-essential をインストールしてください。

$ sudo apt update 
$ sudo apt-get install build-essential

コンパイル依存関係をインストールしたら、今度はImageMagickのソースコードをダウンロードできます。

ImageMagickソースファイルをダウンロードします。

ImageMagickの公式ダウンロードページに行き、最新の“ ImageMagick.tar.gz ”ソースコードパッケージを入手してください。あるいは、次のwgetコマンドを使用して、表示されているように端末に直接ソースコードをダウンロードすることもできます。

$ wget https://www.imagemagick.org/download/ImageMagick.tar.gz

ダウンロードが完了したら、コンテンツを抽出して抽出したディレクトリに移動します。

$ tar xvzf ImageMagick.tar.gz
$ cd ImageMagick-7.0.8-26/

ImageMagickのコンパイルとインストール

今度は、 ./configure コマンドを実行して ImageMagick を設定してコンパイルし、コンパイル設定を行います。

$./configure 

次に、 make コマンドを実行してコンパイルを実行します。

$ make

コンパイルが成功したら、それをインストールして、以下のように動的リンカ実行時バインディングを設定します。

$ sudo make install 
$ sudo ldconfig /usr/local/lib

最後に、バージョンを確認して、 ImageMagick 7 がシステムにインストールされていることを確認します。

$ magick -version
OR
$ identify -version

それで全部です! ImageMagick は、ビットマップ画像の作成、編集、作成、変換に使用される機能豊富な画像操作ツールです。

この記事では、 Debian Ubuntu のソースから ImageMagick 7 をインストールする方法を説明しました。下記のコメントフォームを使用して、質問やフィードバックをください。