CentOS 7にMediaWikiをインストールする方法


あなた自身のウィキWebサイトを構築したい場合は、 MediaWiki - 元々 WikiPedia 用に作成されたPHPオープンソースアプリケーションを使用して簡単に実行できます。その機能は、このアプリケーション用に開発されたサードパーティ製の拡張機能のおかげで簡単に拡張できます。

この記事では、 LAMP (Linux、Apache、MySQL、PHP)スタックを使用して CentOS 7 MediaWiki をインストールする方法を確認します。

CentOS 7へのLAMP Stackのインストール

1. 最初に Epel remi リポジトリを有効にして、 LAMP スタックを最新のでインストールする必要があります。 PHP 7.x バージョン。

# yum -y install http://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm
# yum install epel-release

2. 次に、 php7.3 を使用します。 php5.4 のインストールを無効にして図のように remi リポジトリからphp7.3

# yum-config-manager --disable remi-php54
# yum-config-manager --enable remi-php73

3. これで、 Apache MariaDB PHP をインストールして、実行に必要な拡張機能が必要になります。 MediaWiki - パフォーマンスを向上させるためにXcacheをインストールすることもできます。 。

# yum -y install httpd
# yum -y install mariadb-server mariadb-client
# yum install php php-mysql php-pdo php-gd php-mbstring php-xml php-intl texlive

4. サービスを開始して有効にします。

# systemctl start httpd
# systemctl enable httpd
# systemctl start mariadb
# systemctl enable mariadb

5. これで、 MariaDB のインストールを安全に実行できます。

# mysql_secure_installation

6. 変更を有効にするには、Apacheウェブサーバーを再起動する必要があります。

# systemctl restart httpd

CentOS 7へのMediaWikiのインストール

7. 次にMediaWikiパッケージをダウンロードします。 MediaWikiのダウンロードページに行き、最新のパッケージをダウンロードするか、以下のwgetコマンドを使用してください。

# cd /var/www/html
# wget https://releases.wikimedia.org/mediawiki/1.32/mediawiki-1.32.0.tar.gz

8. tarコマンドを使用してアーカイブの内容を抽出します。

# tar xf  mediawiki*.tar.gz 
# mv mediawiki-1.32.0/* /var/www/html/

9. その後、表示されているように MediaWiki インストール用のデータベースを作成します。

# mysql -u root -p 

MySQLプロンプトで次のコマンドを実行してデータベースを作成し、データベースユーザーを作成して、そのユーザーに新しく作成したデータベースに対する特権を付与します。

# CREATE DATABASE media_wiki;
# CREATE USER 'media_wiki'@'localhost' identified by 'mysecurepassword';
# GRANT ALL PRIVILEGES on media_wiki.* to 'media_wiki’@'localhost';
# quit;

10. サーバーの http:// ipaddress にアクセスしてMediaWikiアプリケーションにアクセスし、インストール手順に従うことができます。

最初に言語設定を選択できます。

11. 次に、スクリプトは環境チェックを実行して、すべての要件が満たされていることを確認します。

12. これまでの手順を実行したことがあれば、確認はOKであり、次のページに進んでデータベースの詳細を設定できます。そのためには、以前に作成したデータベース、ユーザー、およびパスワードを使用します。

13. 次のページでデータベースエンジンを選択できます - InnoDB または MyIsam InnoDB を使用しました。最後に、あなたのウィキに名前を付け、必要なフィールドに入力することで管理者のユーザー名とパスワードを作成することができます。

14. 詳細を入力したら、[続行]をクリックします。他のカスタム設定を変更したくない場合は、次の画面でデフォルト設定のままにします。

これらのステップを完了すると、 LocalSettings.php というファイルが提供されます。あなたはあなたのWikiのディレクトリルートにそのファイルを置かなければならないでしょう。あるいは、ファイルの内容をコピーしてファイルを再作成することもできます。ファイルをコピーしたい場合は、次のようにします。

# scp /path-to/LocalSettings.php remote-server:/var/www/html/

15. これで http:// youripaddress にアクセスしようとすると、新しくインストールされたMediaWikiが表示されます。

あなたは以前に作成したあなたの管理者ユーザで認証し、あなたのMediaWikiインストールの編集を始めることができます。

これで、自分のページを管理および編集できる独自の Wiki ページができました。正しい構文を使用するには、MediaWikiのドキュメントをチェックしてください。