UbuntuにWine6.0をインストールする方法


Wineは、ユーザーがLinux環境内でWindowsアプリケーションを実行できるようにする気の利いたユーティリティです。 Wine 6.0がついにリリースされ、多数の改善と合計40のバグ修正が付属しています。

大きな変化を目の当たりにした重要な分野のいくつかは次のとおりです。

  • Text console redesign
  • Vulkan support enhancements
  • Text and fonts
  • Kernel objects & functions
  • An array of core modules in PE format.
  • DirectShow and Media Foundation support.
  • Improvements in audio & video frameworks.

行われた多数の変更のより包括的なリストについては、Wineの発表を確認してください。

最新のリリースは、クリスマス期間中に早すぎる死を迎える前は、macOSでのWineサポートの背後にいた経験豊富で優秀な開発者であったKenThomasesに捧げられています。私たちの考えと祈りは彼の同僚、家族、そして友人たちに向けられています。

ギアをシフトして、Ubuntu20.04にWine6.0をインストールする方法に焦点を当てましょう。

ステップ1:32ビットアーキテクチャを有効にする

最初のアクションは、次のようにdpkgコマンドを使用して32ビットアーキテクチャを有効にすることです。

$ sudo dpkg --add-architecture i386

ステップ2:Wineリポジトリキーを追加する

32ビットアーキテクチャが追加されたら、次に進み、図のようにwgetコマンドを使用してWineリポジトリキーを追加します。

$ wget -qO - https://dl.winehq.org/wine-builds/winehq.key | sudo apt-key add -

上のスクリーンショットからわかるように、端末に「OK」出力が表示されるはずです。

ステップ3:Wineリポジトリを有効にする

リポジトリキーを追加したら、次のステップはWineリポジトリを有効にすることです。リポジトリを追加するには、次のコマンドを呼び出します。

$ sudo apt-add-repository 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ focal main'

次に、図のようにシステムパッケージリストを更新します。

$ sudo apt update

ステップ4:UbuntuにWine6.0をインストールする

この段階で残っているのは、次のようにAPTパッケージマネージャーを使用してUbuntuにWine6.0をインストールすることだけです。

$ sudo apt install --install-recommends winehq-stable

これにより、一連のパッケージ、ライブラリ、およびドライバーがインストールされます。

インストールが完了したら、図のようにワインのバージョンを確認します。

$ wine --version

ステップ5:Wineを使用してUbuntuでWindowsプログラムを実行する

Wineを使用してWindowsプログラムを実行する方法を示すために、Rufusの公式サイトからRufusの実行可能ファイル(。exe)をダウンロードしました。

ファイルを実行するには、次のコマンドを実行します。

$ wine rufus-3.13.exe

Wineは、ホームディレクトリ(この場合は〜/ .wine )にWine設定ファイルを作成することから始めます。

.NETアプリケーションに必要なwine-mono-packageをインストールするように求められたら、[インストール]ボタンをクリックします。

ダウンロードはまもなく開始されます

さらに、HTMLを埋め込むアプリケーションに必要なGeckoパッケージをインストールします。

アプリケーションの更新を時々チェックするかどうかを選択します。

最後に、RufusUIが次のように表示されます。

Ubuntu 20.04にWineを正常にインストールし、通常Linux環境では実行されない .exe 形式でWindowsアプリケーションを実行する方法のプレビューを提供しました。

このガイドについての考えやフィードバックはありますか?私たちに知らせてください。