AWSMarketplaceからCentOSストリームをセットアップする方法


ITインフラストラクチャの現在の傾向では、クラウドコンピューティングが大きな役割を果たしています。トップ企業のほとんどは、インフラストラクチャを備えたクラウドプロバイダーを探しています。要件に応じて、いつでもサーバーをプロビジョニングできます。サーバーの構成に応じて、使用量ごとに課金されます。

Amazonマーケットプレイスは、認定されたサードパーティベンダーのソフトウェアを見つけることができる場所です。これは、ソフトウェアを購入して必要に応じて使用できるオンラインソフトウェアストアのようなものです。

この記事では、AWSMarketplaceからCentOS-Streamを起動するための詳細な手順を説明します。

AWSでCentOSストリームを設定する

1. AWSコンソールにログインし、右上の[サービス]タブをクリックして、[EC2]を選択します。また、「最近アクセスしたサービス」が表示されます。

2. [Launch Instance]をクリックして、AmazonEC2インスタンスを起動します。

3. [AWSマーケットプレイス]をクリックします。

4.検索バーで「centosstream」を検索します。

5.CentOSストリームイメージを取得できます。要件に応じて選択してください。ここでは、最初のオプションを選択しています。ここから、インスタンスを起動するための7つのステップがあります。

6.画像を選択すると、リリースの詳細と価格の詳細が表示されます。 [続行]をクリックします。

7.インスタンスの種類に応じて、価格は異なります。ここでは、デモンストレーション用に「t2 –無料利用枠」を選択しています。

8.インスタンスの詳細を構成します。 1回のショットで複数のインスタンスを起動できます。

9.さらに必要な場合は、ストレージを追加します。デフォルトでは、8GBが提供されます。

10.インスタンス識別用のタグを追加します。ここでは、「tecmint」と名付けました。

11.新しいセキュリティグループを選択してセキュリティグループを構成し、要件に応じて構成します。デフォルトでは、sshとそのポートが開かれます。

12.インスタンスのすべての構成の詳細を確認できます。 [起動]をクリックして続行します。

13.sshクライアントからサーバーに接続するためのキーペアを作成または選択するように求められます。 [新しいキーペアを作成する]を選択し、キーペアに名前を付けてダウンロードします。 [インスタンスの起動]をクリックして起動します。

14.起動すると、インスタンスIDが作成されます。インスタンスIDをクリックすると、[インスタンス]ページに移動できます。

15.起動したインスタンスを表示できます。

16. Puttyを介してCentOS-Streamサーバーに接続するには、インスタンスの起動時にAWSからダウンロードした .pem (tecmint_instance)ファイルを使用して秘密鍵を作成する必要があります。 「PuttyKeyGenerator」を開き、ローカルシステムから「tecmint_instance」をロードします。

17. [OK]をクリックして、秘密鍵を保存します。

18. [AWSインスタンス]ページからCentOS-StreamインスタンスのパブリックIPアドレスをコピーします。

19. PuTTyを開き、IPアドレスを入力します。 + 記号をクリックしてSSHを展開します。

20. [認証]をクリックし、作成した秘密鍵を参照し、[開く]をクリックしてサーバーに接続します。

21.接続されます。「centos」はAWSキーを使用して接続するためのデフォルトのユーザー名です。

22.以下のcatコマンドを使用して、OSリリースを確認できます。

$ cat /etc/os-release

この記事では、AWSMarketplaceからCentOS-Streamを起動するための詳細な手順を見てきました。今後の記事でAWSの他のサービスを紹介します。