LinuxのKVMでVirtualboxVMを使用する方法


VirtualBoxからKVMハイパーバイザーへの切り替えを検討していますか?最大の懸念事項の1つは、KVMで新しい仮想マシンを作成することによって最初からやり直すことです。これは控えめに言っても骨の折れる作業です。

幸いなことに、新しいKVMゲストマシンを作成する代わりに、VDI形式のVirtualBoxVMをKVMのディスクイメージ形式であるqcow2に簡単に移行できます。

このガイドでは、VirtualBoxVMをLinuxのKVMVMに移行する方法のステップバイステップの手順の概要を説明します。

ステップ1:既存のVirtualBoxイメージを一覧表示する

何よりもまず、すべての仮想マシンの電源がオフになっていることを確認してください。 VirtualboxゲストマシンはVDIディスクフォーマットで存在します。次に、次に進み、図のように既存のVirtualBox仮想マシンを一覧表示します。

$ VBoxManage list hdds
OR
$ vboxmanage list hdds

出力から、DebianとFedoraVDIイメージの2つの仮想ディスクイメージがあることがわかります。

ステップ2:VDIイメージをRAWディスクフォーマットに変換する

次のステップは、VDIイメージをRAWディスクフォーマットに変換することです。これを実現するために、以下のコマンドを実行します。

$ VBoxManage clonehd --format RAW /home/james/VirtualBox\ VMs/debian/debian.vdi debian_10_Server.img
OR
$ vboxmanage clonehd --format RAW /home/james/VirtualBox\ VMs/debian/debian.vdi debian_10_Server.img

調べてみると、RAW画像形式が膨大な量のディスク領域を占めていることがわかります。図のようにduコマンドを使用して、RAW画像のサイズを確認できます。

$ du -h debian_10_Server.img

私の場合、Debian RAWイメージは21Gのハードディスクスペースを占有しますが、これはかなりの巨大なスペースです。後で、RAWディスクイメージをKVMディスクフォーマットに変換します。

ステップ3:RAWイメージディスクフォーマットをKVMフォーマットに変換する

最後に、KVMディスクイメージ形式に移行するには、RAWイメージをKVMディスクイメージ形式であるqcow2形式に変換します。

$ qemu-img convert -f raw debian_10_Server.img -O qcow2 debian_10_Server.qcow2

qcow2ディスクイメージは、RAWディスクイメージのほんの一部です。ここでも、以下に示すようにduコマンドを使用してこれを確認します。

$ du -h debian_10_Server.qcow2

ここから、コマンドラインまたはKVMグラフィカルウィンドウを使用してqcow2 KVMイメージ形式をインポートし、新しいKVM仮想マシンを作成できます。

これで今日の記事は終わりです。あなたの考えやフィードバックは大歓迎です。