Fedora 29にVirtualBox 6.0をインストールする方法


VirtualBox は、企業や家庭で使用するための、強力で無料のオープンソースの、機能豊富で高性能なクロスプラットフォームのx86およびAMD64/Intel64視覚化ソフトウェアです。 Linux、Windows、Macintosh、Solarisの各ホストで動作します。

この記事では、公式のyumリポジトリを使って Fedora 29 ディストリビューションに VirtualBox 6.0 をインストールする方法を紹介します。

Fedora 29にVirtualBoxリポジトリをダウンロードする

Fedora Linux 29に VirtualBox をインストールするには、まず次のwgetコマンドを使って virtualbox.repo 設定ファイルをダウンロードする必要があります。

# wget http://download.virtualbox.org/virtualbox/rpm/fedora/virtualbox.repo -P /etc/yum.repos.d/

次に、システムにインストールされているパッケージを更新し、次のdnfコマンドを実行してvirtulbox公開鍵をインポートします。これにより、すべてのシステムアップデートがインストールされ、システムがディストリビューションに含まれる最新のカーネルを実行していることが保証されます。

# dnf update 

Fedora 29への開発ツールのインストール

Oracle VM VirtualBoxグラフィカルユーザーインタフェース(VirtualBox)を実行する場合は、 Qt および SDL パッケージをインストールする必要があります。ただし、 VBoxHeadless を実行するだけの場合は、上記のパッケージは必要ありません。

さらに、インストーラはシステム上にカーネルモジュールを作成するので、ビルドプロセスのために開発ツール(GNUコンパイラ(GCC)、GNU Make(make))とカーネルのヘッダファイルを含むパッケージをインストールする必要があります。

# dnf install @development-tools
# dnf install kernel-devel kernel-headers dkms qt5-qtx11extras  elfutils-libelf-devel zlib-devel

Fedora 29へのVirtualBox 6.0のインストール

必要なパッケージと開発ツールがインストールされたら、次のdnfコマンドで VirtualBox 6.0 をインストールできます。

# dnf install VirtualBox-6.0

VirtualBoxパッケージのインストール中に、インストーラは vboxusers というグループを作成しました。OracleVM VirtualBoxゲストからUSBデバイスを使用する予定のすべてのシステムユーザーは、そのグループのメンバーである必要があります。

そのグループにユーザーを追加するには、次のusermodコマンドを使用します。

# usermod -a -G vboxusers tecmint

これで、 Fedora 29 VirtualBox を使い始める準備が整いました。 アクティビティ検索機能で VirtualBox を検索し、クリックして起動します。

または、次のコマンドを実行して端末から VirtualBox を起動します。

# virtualbox

おめでとうございます。 Fedora 29 VirtualBox 6.0 をインストールしました。ご質問やご意見がありましたら、下記のフィードバックフォームをご利用ください。