LinuxにThonnyPythonIDEをインストールして使用する方法


Thonnyは、Python初心者向けの統合開発環境(IDE)です。 Pythonで作成され、MITライセンスの下でリリースされます。クロスプラットフォームであり、Linux、macOS、Windowsで実行できます。

プログラミングが初めての場合や、別の言語から切り替える場合は、thonnyを使用することをお勧めします。インターフェースはクリーンで気を散らすものがありません。初心者は、環境の設定に集中する代わりに、言語に集中することができます。

thonnyの主な機能には次のものがあります。

  • Python 3.7 is installed by default with Thonny setup.
  • Built-in Debugger and Step through evaluation.
  • Variable Explorer.
  • Heap, Stack, Assistant, Object Inspector.
  • Built-in Python shell (Python 3.7).
  • Simple PIP GUI Interface to install 3rd party packages.
  • Support code completion.
  • Highlights syntax errors and explain scopes.

この記事では、Linux環境でThonny Python IDEをインストールして使用する方法と、thonnyの機能について説明します。

LinuxでのThonnyPythonIDEのセットアップ

Thonnyの最新バージョンは3.3.0であり、Linuxにthonnyをインストールする方法は3つあります。

# pip3 install thonny
# bash <(curl -s https://thonny.org/installer-for-linux)
$ sudo apt install thonny   [On Debian/Ubuntu]
$ sudo dnf install thonny   [On CentOS/RHEL & Fedora]

デモの目的で、Ubuntu 20.04を使用し、上記のようにwgetコマンドでインストーラースクリプトを実行してthonnyをインストールしています。インストールの最後に、thonnyがどこにインストールされているかがわかります。私の場合、それは私のホームディレクトリにインストールされます。

thonnyを起動するには、インストールされているディレクトリに移動し、「。/thonny」またはthonnyへの絶対パスを入力します。 Thonnyは、言語と初期設定をセットアップするように求めます。

インストールセクションに示されているように、Thonnyはホームディレクトリにインストールされます。 thonnyフォルダーを見ると、インストールスクリプト、thonnyが機能するために必要なPythonライブラリ、バイナリがあります。 binディレクトリ内には、thonnyおよびthonny起動バイナリに付属するpython3.7およびPIP3があります。

LinuxでThonnyIDEを使用する方法

Thonnyを起動すると、気を散らすことのないGUIインターフェイスが得られます。スクリプトを実行したりコードをインタラクティブにテストしたりするためのコードとシェルを作成できるエディター領域があります。

Linuxディストリビューションには、デフォルトでpythonが付属しています。古いバージョンにはPython2 *が付属しており、最新バージョンにはPython3 *が付属しています。 Python 3.7がデフォルトでインストールされ、thonnyが3.7をデフォルトのインタープリターとして設定することはすでに見てきました。

デフォルトのインタープリター(Python 3.7)を使用するか、システムで使用可能な別のインタープリターを選択できます。 「メニューバー→ツール→オプション→インタプリタ→パスの設定」または「メニューバー→実行→インタプリタの選択→パスの設定」に移動します。

インタープリターを切り替えるときに何かが壊れた場合に修正する方法がわからない限り、デフォルトのpythonインストールを使用することをお勧めします。

Thonnyには、ライトとダークのテーマが付属しています。エディターのテーマとUIテーマを変更できます。テーマとフォントを変更するには「メニューバー→ツール→オプション→テーマとフォント」に移動します。

作成したコードを実行する方法は3つあります。まず、Thonnyが実行できるように、コードをファイルに保存する必要があります。

  • Press F5 or Execute Icon as shown in Image.
  • Go to “Menu BarPress RunRun Current Script”.
  • Press “CTRL+T” or Go to “RunPress Run current script in terminal”.

最初の2つの方法では、ディレクトリをコードのある場所に切り替え、ビルトインターミナルでプログラムファイルを呼び出します。

3番目のオプションを使用すると、外部端末でコードを実行できます。

thonnyの真の力には、ファイルエクスプローラー、変数エクスプローラー、シェル、アシスタント、メモ、ヒープ、アウトライン、スタックなどの組み込み機能があります。これらの機能のオン/オフを切り替えるには「表示→機能のオン/オフを切り替える」に移動します。

すべてのPythonパッケージがPyPIでホストされていることが知られています。通常、PIP(Python Package Manager)を使用して、PyPIから目的のパッケージをインストールします。しかし、Thonnyを使用すると、パッケージを管理するためのGUIインターフェイスを利用できます。

「メニューバー→ツール→パッケージ」に移動します。検索バーにパッケージ名を入力して検索を押すことができます。 PyPIインデックスを検索し、名前に一致するパッケージのリストを表示します。

私の場合、numpyというパッケージ呼び出しをインストールしようとしています。

リストからパッケージを選択すると、インストールページに移動します。画像に示されているように、最新バージョンをインストールするか、別のバージョンを選択できます。依存関係は自動的にインストールされます。

[インストール]を押すと、パッケージがインストールされます。

パッケージがインストールされると、パッケージのバージョン、ライブラリの場所などの詳細を取得できます。パッケージをアンインストールしたい場合は、画像のようにパッケージの下部にある「アンインストール」ボタンをクリックするだけです。

Thonnyにはデバッガーが組み込まれています。 Ctrl + F5を押して、プログラムを段階的に実行します。ブレークポイントは必要ありません。小さなステップの場合はF7を押し、大きなステップの場合はF6を押します。これらのオプションには、「メニューバー→実行→デバッグオプション」からもアクセスできます。

すべての構成は「configuration.ini」ファイルに保存されます。 thonnyセッションで行った変更はすべて、このファイルに書き込まれます。このファイルを手動で編集して、さまざまなパラメータを設定することもできます。

ファイルを開くには、「メニューバー→ツール→Thonnyデータフォルダを開く」に移動します。

LinuxでThonnyIDEをアンインストールする方法

thonnyをアンインストールする場合は、thonnyインストールディレクトリの下にアンインストールスクリプトがあります。

$ /home/tecmint/apps/thonny/bin/uninstall   [Installed using Script]
$ pip3 uninstall thonny                    [If Installed using PIP]
$ sudo apt purge thonny                    [On Debian/Ubuntu]
$ sudo dnf remove thonny                   [On CentOS/RHEL & Fedora]

この記事は以上です。ここで説明したことよりも、Thonnyで探索することがたくさんあります。 Thonnyは初心者には最適ですが、使用するIDEまたはテキストエディターを選択するのは常にプログラマーの個人的な選択です。 Thonny playをインストールして、フィードバックを共有してください。