Linuxでグループにユーザーを追加またはグループから削除する方法


Linuxはデフォルトでマルチユーザーシステムであるため(つまり、多くのユーザーが同時に接続して作業できます)、ユーザー管理はシステム管理者の基本的なタスクの1つです。ユーザー管理には、Linuxシステムでのユーザーアカウントまたはユーザーグループの作成、更新、削除からすべてが含まれます。

この短いクイック記事では、Linuxシステムのグループにユーザーを追加またはグループから削除する方法を学習します。

Linuxでユーザーグループを確認する

ユーザーグループを確認するには、次の groups コマンドを実行し、引数としてユーザー名(この例ではtecmint)を指定します。

# groups tecmint

tecmint : tecmint wheel

自分のグループを確認するには、引数なしで groups コマンドを実行するだけです。

# group

root

Linuxのグループにユーザーを追加する

ユーザーをグループに追加する前に、ユーザーがシステムに存在することを確認してください。特定のグループにユーザーを追加するには、usermodコマンドを -a フラグとともに使用して、usermodにユーザーを補足グループに追加するように指示します。 -G オプションは、実際のグループを次の形式で指定します。

この例では、tecmintがユーザー名で、postgresがグループ名です。

# usermod -aG postgres tecmint
# groups tecmint

Linuxのグループからユーザーを削除する

グループからユーザーを削除するには、次のように -d オプションを指定してgpasswdコマンドを使用します。

# gpasswd -d tecmint postgres
# groups tecmint

さらに、Ubuntuとその派生物では、次のように deluser コマンドを使用して特定のグループからユーザーを削除できます(ここで、tecmintはユーザー名、postgresはグループ名です)。

$ sudo deluser tecmint postgres

詳細については、この記事で使用したさまざまなコマンドのそれぞれのマニュアルページを参照してください。

また、次のユーザー管理ガイドが非常に役立ちます。