OpenLiteSpeed、PHP 7、およびDebianとUbuntuに関するMariaDB


前回の記事では、CentOS 7上でOpenLiteSpeed(HTTP)サーバー、PHP 7、およびMariaDBをセットアップする方法について説明しました。 DebianおよびUbuntuシステムでのサポート。

OpenLiteSpeed は、イベント駆動型アーキテクチャを採用したオープンソースの高性能HTTPサーバーです。 LinuxやWindows OSを含むUnixライクなオペレーティングシステム用に構築されています。

それは一般的なHTTPサーバー機能のためのいくつかのモジュールが付属しているそれは重大なサーバー負荷問題なしで何十万もの同時接続を扱うことができ、そして API を通してサードパーティモジュールをサポート( LSIAPI )も同様です。

重要なことは、Apache互換の書き換えルールをサポートしており、リアルタイムのサーバー統計を表示する使いやすい、使いやすいWeb管理コンソールが付属しています。 OpenLiteSpeedは、最小限のCPUおよびメモリリソースを使用し、仮想ホストの作成、高性能ページキャッシング、および異なるバージョンのPHPのインストールをサポートします。

ステップ1:OpenLitespeedリポジトリを有効にする

1. OpenLiteSpeedはDebian/Ubuntuソフトウェアリポジトリに存在しないため、このコマンドでOpenLiteSpeedリポジトリを追加する必要があります。これでファイル /etc/apt/sources.list.d/lst_debian_repo.list が作成されます。

$ wget -c http://rpms.litespeedtech.com/debian/enable_lst_debain_repo.sh 
$ sudo bash enable_lst_debain_repo.sh

ステップ2:Debian / UbuntuにOpenLiteSpeedをインストールする

2. 次に下記のaptコマンドを使って OpenLiteSpeed 1.4 (この記事を書いている時点での最新版)をインストールします。/lsws ディレクトリ。このサービスはインストールが完了した後にも開始されます。

$ sudo apt install openlitespeed

3. インストール後、次のように実行してOpenLiteSpeedバージョンを起動および確認できます

$ /usr/local/lsws/bin/lshttpd -v

4. OpenLiteSpeedはデフォルトでポート「 8088 」で実行されます。システムでUFWファイアウォールを有効にしている場合は、ポート 8088 がサーバー上のデフォルトサイトにアクセスできるようにファイアウォールルールを更新します。

$ sudo ufw allow 8088/tcp
$ sudo ufw reload

5. 次に、ウェブブラウザを開き、次のURLを入力してOpenLiteSpeedのデフォルトページを確認します。

http://SERVER_IP:8088/ 
or 
http://localhost:8088

ステップ3:OpenLiteSpeed用にPHP 7をインストールする

6. 次に、OpenLiteSpeedに必要なモジュールを含む PHP 7 を以下のコマンドでインストールします。PHPは/usr/local/lsws/lsphp70/binとしてインストールされます。/lsphp

$ sudo apt install lsphp70 lsphp70-common lsphp70-mysql lsphp70-dev lsphp70-curl lsphp70-dbg

7. 追加のPHPモジュールをインストールする場合は、以下のコマンドを実行して利用可能なすべてのモジュールを一覧表示します。

$ sudo apt install lsphp70-

ステップ4:OpenLiteSpeedとPHP 7を設定する

8. このセクションでは、OpenLiteSpeedとPHP 7を標準のHTTPポート80に設定します。

前述したように、OpenLiteSpeedにはポート 7080 で待機する WebAdmin コンソールが付属しています。そのため、まず最初に、以下のコマンドを使用してOpenLiteSpeed WebAdminコンソールの管理者ユーザー名とパスワードを設定します。

$ sudo /usr/local/lsws/admin/misc/admpass.sh

OpenLiteSpeed管理者アカウントを設定します

Please specify the user name of administrator.
This is the user name required to login the administration Web interface.

User name [admin]: tecmint

Please specify the administrator's password.
This is the password required to login the administration Web interface.

Password: 
Retype password: 
Administrator's username/password is updated successfully!

9. ファイアウォール経由でポート 7080 を許可してWebAdminコンソールにアクセスすることを許可するファイアウォールルールを追加します。

$ sudo ufw allow 7080/tcp
$ sudo ufw reload

10. Webブラウザを開き、次のURLを入力してOpenLiteSpeed WebAdminコンソールにアクセスします。

http://SERVER_IP:7080
OR
http://localhost:7080

上記で設定したユーザー名とパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。

11. デフォルトでは、OpenLiteSpeed 1.4はLSPHP 5を使用します。以下で説明するように、LSPHP 70の設定を変更する必要があります。

図のように新しい[ lsphp70 ]を追加するには、右側の[サーバー設定]→[外部アプリ]→[追加]ボタンの順にクリックします下のスクリーンショットで。

12. 次に、新しい外部アプリケーションを定義し、種類を[ LiteSpeed SAPIアプリケーション]に設定して、[次へ]をクリックして新しい外部アプリケーションの名前、住所を追加します。最大接続数、初期応答タイムアウト、および再試行タイムアウト。

Name: 					lsphp70
Address:    				uds://tmp/lshttpd/lsphp.sock
Notes: 					LSPHP70 Configuration 
Max Connections: 			35
Initial Request Timeout (secs): 	60
Retry Timeout : 			0

ここで最も重要な設定は Command 設定であることに注意してください。それはそれが使用するPHP実行ファイルを見つける場所を外部アプリに伝えます - LSPHP70の絶対パスを提供します:

Command: 	/usr/local/lsws/lsphp70/bin/lsphp	

上記の設定を保存するには、[保存]ボタンをクリックします。

13. 次に、[サーバー設定]→[スクリプトハンドラ]の順にクリックし、デフォルトの lsphp5 スクリプトハンドラを編集して、次のように入力します。値

Suffixes: 		php
Handler Type: 		LiteSpeed SAPI
Handler Name:		lsphp70
Notes:			lsphp70 script handler definition 

14. デフォルトでは、ほとんどのHTTPサーバーはポート 80 に関連付けられているか待機していますが、OpenLiteSpeedはデフォルトで 8080 を待機しています。強い> 80 。

[リスナー]をクリックすると、すべてのリスナー設定の一覧が表示されます。次に[表示]をクリックしてデフォルトリスナーのすべての設定を表示し、編集するには[編集]をクリックします。

ポートを 80 に設定し、設定を保存して設定を保存します。

15. 上記の変更を反映するには、[再起動]ボタンをクリックしてOpenLiteSpeedを適切に再起動し、[はい]をクリックして確認します。

16. ファイアウォール経由でポート80を許可するためのファイアウォールルールを追加します。

$ sudo ufw allow 80/tcp
$ sudo ufw reload

ステップ5:PHP 7とOpenLiteSpeedのインストールをテストする

17. 最後に、次のURLを使用してOpenLiteSpeedがポート80とPHP 7で実行されていることを確認します。

http://SERVER_IP
http://SERVER_IP/phpinfo.php 

18. OpenLiteSpeedサービスを管理および制御するには、これらのコマンドを使用します。

# /usr/local/lsws/bin/lswsctrl start            #start OpenLiteSpeed
# /usr/local/lsws/bin/lswsctrl stop             #Stop OpenLiteSpeed 
# /usr/local/lsws/bin/lswsctrl restart          #gracefully restart OpenLiteSpeed (zero downtime)
# /usr/local/lsws/bin/lswsctrl help             #show OpenLiteSpeed commands

ステップ6:OpenLiteSpeed用MariaDBをインストールする

20. 次のコマンドを使用してMariaDBデータベース管理システムをインストールします。

$ sudo apt install mariadb-server

21. 次に、MariaDBデータベースシステムを起動し、インストールを保護します。

$ sudo systemctl start mysql
$ sudo mysql_secure_installation

上記のセキュリティスクリプトを実行した後、rootパスワードを入力するように促されますので、入力せずに [Enter] を押すだけです。

Enter current password for root (enter for none):

また、以下の質問に答えるように求められます。すべての質問に y を入力してrootパスワードの設定、匿名ユーザーの削除、リモートrootログインの無効化、テストデータベースの削除、特権テーブルの再読み込みを行います。

Set root password? [Y/n] y Remove anonymous users? [Y/n] y Disallow root login remotely? [Y/n] y Remove test database and access to it? [Y/n] y Reload privilege tables now? [Y/n] y

あなたはOpenLitespeedホームページから追加情報を見つけることができます:http://open.litespeedtech.com/mediawiki/

また、以下の関連記事を読むのが好きかもしれません。

  1. Installing LAMP (Linux, Apache, MariaDB, PHP/PhpMyAdmin) in RHEL/CentOS 7.0
  2. Install Latest Nginx 1.10.1, MariaDB 10 and PHP 5.5/5.6 on RHEL/CentOS 7/6
  3. How To Install Nginx, MariaDB 10, PHP 7 (LEMP Stack) in 16.10/16.04
  4. How to Install LAMP with PHP 7 and MariaDB 10 on Ubuntu 16.10

それで全部です!このチュートリアルでは、Debian/UbuntuシステムでOpenLiteSpeed、PHP 7、MariaDBをセットアップする方法を説明しました。コメントや追加の意見がある場合は、コメント欄を使用してください。