LinuxにSuiteCRM(カスタマリレーションシップマネジメント)をインストールする


CRM カスタマーリレーションシップマネジメント)は、企業が現在および潜在的な顧客とのやり取りを処理したり確認したりするために使用するプラクティス、ポリシー、テクノロジの集まりです。顧客とのビジネス関係、顧客維持、および売上高の拡大を主な目的としています。

SuiteCRM は、PHPがインストールされているすべてのオペレーティングシステムで動作する、フリーでオープンソースの、フル機能で拡張性の高いCRMシステムです。それはよく知られているオープンソースのSugarCRM Community Editionのフォークです。

サインインするには、以下の認証情報を使用してSuiteCRMデモを試してください。

Username: will 
Password: will
  • Cross-platform: runs on Linux, Windows, Mac OSX and any system that runs PHP.
  • Efficient, powerful, and flexible workflow module.
  • Supports automation of repetitive tasks.
  • Supports quick and easy modeling of sales pipeline.
  • Enables creation of beautifully templated Quotations.
  • Allows managing of pricing strategies.
  • Supports customer self-service via an easy to setup and use website.
  • Instant notification of customer issues plus so much more.
  • Debian/Ubuntu or CentOS system installed with LAMP Stack.
  • PHP (JSON, XML Parsing, MB Strings, ZIP Handling, IMAP, cURL) modules.
  • ZLIB Compression library.
  • Sprite support.

この記事では、CentOS/RHEL 7およびDebian/UbuntuベースのシステムにSuiteCRMをインストールして設定する方法について説明します。

ステップ1:LAMP Stack Environmentのインストール

1. 最初にシステムソフトウェアパッケージを最新バージョンにアップデートします。

$ sudo apt update        [On Debian/Ubuntu]
$ sudo yum update        [On CentOS/RHEL] 

2. ソフトウェアパッケージが更新されたら、次に示すように、必要なすべてのPHPモジュールを含むLAMP(Linux、Apache、MySQL、およびPHP)スタックをインストールできます。

-------------- On Debian/Ubuntu -------------- 
$ sudo apt install apache2 apache2-utils libapache2-mod-php php php-common php-curl php-xml php-json php-mysql php-mbstring php-zip php-imap libpcre3 libpcre3-dev zlib1g zlib1g-dev mariadb-server

-------------- On CentOS/RHEL/Fedora -------------- 
# yum install httpd php php-common php-curl php-xml php-json php-mysql php-mbstring php-zip php-imap pcre pcre-devel zlib-devel mariadb-server

3. LAMPスタックがインストールされたら、Apache and MariaDBサービスを開始し、システム起動時に自動的に開始されるようにします。

-------------- On Debian/Ubuntu -------------- 
$ sudo systemctl start apache mysql
$ sudo systemctl enable apache mariadb

-------------- On CentOS/RHEL/Fedora -------------- 
# systemctl start httpd mysql
# systemctl enable httpd mariadb

4. 以下のスクリプトを実行して、データベースサーバーのインストールをセキュリティで保護し強化します。

$ sudo mysql_secure_installation
OR
# mysql_secure_installation

上記のセキュリティスクリプトを実行した後、rootパスワードを入力するよう求められます。パスワードを入力せずに [Enter] を押すだけです。

Enter current password for root (enter for none):

繰り返しますが、以下の質問にも答えるように求められます。すべての質問に y を入力してrootパスワードの設定、匿名ユーザーの削除、リモートrootログインの無効化、テストデータベースの削除および権限の再読み込みテーブル:

Set root password? [Y/n] y Remove anonymous users? [Y/n] y Disallow root login remotely? [Y/n] y Remove test database and access to it? [Y/n] y Reload privilege tables now? [Y/n] y

5. これで、6 MB以上のファイルをアップロードできるようにPHPを設定する必要があります。選択したエディタでPHP設定ファイル( /etc/php.ini または /etc/php5/apache2/php.ini )を開き、を検索します。 upload_max_filesize をクリックして設定します。

upload_max_filesize = 6M

ファイルを保存して閉じ、HTTPサーバーを再起動します。

$ sudo systemctl restart apache   [On Debian/Ubuntu]
# systemctl restart httpd         [On CentOS/RHEL]   

ステップ2:SuiteCRMデータベースを作成する

6. このステップでは、suiteCRMのデータを保存するデータベースを作成できます。以下のコマンドを実行してMariaDBシェルにアクセスします(データベース名、ユーザー、パスワードには必ず独自の値を使用してください)。

$ mysql -u root -p
MariaDB [(none)]> CREATE DATABASE suitecrm_db;
MariaDB [(none)]> CREATE USER 'crmadmin'@'localhost' IDENTIFIED BY '[email protected]$12';
MariaDB [(none)]> GRANT ALL PRIVILEGES ON suitecrm_db.* TO 'crmadmin'@'localhost';
MariaDB [(none)]> FLUSH PRIVILEGES;
MariaDB [(none)]> exit;

ステップ3:SuiteCRMのインストールと設定

7. 最初にGitをインストールし、Apacheのルートディレクトリ(/var/www/html/)の下にあるGithubリポジトリから最新バージョンのSuiteCRMを取得してクローンを作成します。 SuiteCRMフォルダ

$ sudo apt -y install git      [On Debian/Ubuntu]
$ sudo yum -y install git      [On CentOS/RHEL]

$ cd /var/www/html
$ git clone https://github.com/salesagility/SuiteCRM.git
$ sudo mv SuiteCRM suitecrm
$ sudo chown -R www-data:www-data suitecrm   [On Debian/Ubuntu]
$ sudo chown -R apache:apache suitecrm       [On CentOS/RHEL]
$ sudo chmod -R 755 suitecrm
$ ls -ld suitecrm

8. 今すぐウェブブラウザを開き、以下のURLを入力してSuiteCRMウェブインストーラウィザードにアクセスします。

http://SERVER_IP/suitecrm/install.php
OR
http://localhost/suitecrm/install.php

ようこそページが表示されます。このページには、SuiteCRMの使用許諾契約が含まれています。ライセンスを読み、[同意する]をオンにして、インストール言語を設定します。続行するには[次へ]をクリックします。

9. 下記のインストール前の要件ページが表示されます。下のスクリーンショットに示すようにすべて問題なければ、[次へ]をクリックして続行します。

11. 次に、SuiteCRMデータベース設定(データベース名、ホスト、ユーザー名、パスワード)を入力します。

同じページで、サイト設定(サイト名、管理者ユーザー名、パスワード、および電子メールアドレス)を入力します。

より多くのオプションを設定することもできます。

  • Demo data (choose yes if you want to populate site with demo data).
  • Scenario selection – such as sales, marketing etc.
  • SMTP server specification – choose your Email provider, SMTP server, port, user authentication details.
  • Branding details – Organization name and logo.
  • System locale settings – date format, time format, timezone, currency, currency symbol and ISO 4217 Currency Code.
  • Site security settings.

完了したら、[次へ]をクリックして、インストーラがデータベーステーブルとデフォルト設定を作成する実際のインストールプロセスを開始します。

12. インストールが完了したら、ログインできます。管理者のユーザー名とパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。

SuiteCRMホームページ:https://suitecrm.com/

楽しい!あなたが共有したいと思うどんな質問または考えのためにも、以下のコメントセクションを通して私たちを打ち立ててください。