Clonezillaを使ってHDDからSSDにWindows 10を移行する方法


このチュートリアルでは、 C: D:など、複数のパーティションを持つ大容量HDDからWindows 10オペレーティングシステムを移行(クローン作成とも呼ばれる)する方法についての実際的な抜粋を示します。 、Clonezillaユーティリティを含むLinuxディストリビューションを使用しているより小さなSSDに。

Clonezillaユーティリティは、PartedMagic LinuxディストリビューションCDのISOイメージから、またはClonezilla LinuxディストリビューションCDのISOイメージから直接実行できます。

このガイドでは、両方のディスク(古いHDDとSSD)が同時に物理的にコンピュータに接続されており、Windows OSがMBRパーティションスキームテーブルを持つディスクにインストールされていると仮定しています。 Fdiskコマンドラインユーティリティはディスクラベルの種類を DOS と表示します。

UEFIからディスクをMBRレイアウトにパーティション分割した場合は、Windows REパーティション、EFIシステムパーティション、Microsoft予約パーティション、およびWindows OSパーティションを保持するMicrosoft基本データパーティションなど、すべてのパーティションをクローンする必要があります。コード>ドライブ。この場合、Fdiskコマンドラインユーティリティはディスクラベルの種類を GPT として報告します。

以下のスクリーンショットでは、UEFIから実行されたMBRレイアウトスタイルおよびGPTパーティションレイアウトの場合の初期のWindowsパーティションスキームを確認できます。

ステップ1:縮小C:Windowsシステムのパーティション

HDDからのwindows C:パーティションがSSDの合計サイズより大きい場合は、SSDに収まるようにそのサイズを小さくする必要があります。

このステップの計算は簡単です。

システム予約済み+リカバリ+ EFIパーティション+ Windows C:パーティションは、fdiskなどのユーティリティによって報告されたSSDの合計サイズ以下である必要があります。

1. Windowsから C:パーティションを縮小するには、まずコマンドプロンプトウィンドウを開き、 diskmgmt.msc を実行します。ボリュームを縮小するために使用される Windowsディスクの管理ユーティリティを開く(システム予約済みパーティションの後、2番目のパーティションのディスクの最初にインストールされていると仮定)サイズを最小にするために C:文字が割り当てられています。

C:ドライブサイズを最小限に抑えるために、この手順では Gparted をLinuxのライブISOから実行するなど、他のパーティションツールを使用してください。

2. C:パーティションのサイズを縮小したら、SSDドライブをコンピュータのマザーボードに接続し、そのコンピュータをClonezillaユーティリティ(Clonezilla ISOイメージを使用するか&lt;&lt;&lt;&lt;&lt;&lt;&lt;&gt;&lt;&gt;&lt;&lt;&lt;&lt;&lt;&lt;&lt;&lt;&lt;&gt;&lt;&gt;&lt; 5&ap gtn &# <> と <>

<必要しなかったパーティションのサイズを縮小した場合は、SSDドライブをコンピュータのマザーボードに接続し、Clonezillaユーティリティを起動します。 ; arel =” nofollow” href =” https://partedmagic.com/downloads/” target =” _ blank”&gt; Parted Magic ISO)、Bashシェルインターフェイスに入り、以下のコマンドを使用してディスクパーティションテーブルとサイズの両方を確認します。

# fdisk -l /dev/sda
# fdisk -l /dev/sdb

あなたのドライブの名前は最初のディスクでは sda 、2番目のディスクでは sdb となることに注意してください。注意してディスクを選択すると、誤ったデバイスのクローンを作成してすべてのデータを破棄することがなくなります。

正しいディスクソース(この場合はHDD)とディスクターゲット(SSD)を一致させるには、 fdiskコマンドで報告されたサイズとパーティションテーブルを使用します。 Fdiskの出力には、SSDのサイズはHDDディスクよりも小さく、デフォルトではパーティションテーブルは作成されていないはずです。

GPTディスクの場合、HDDパーティションテーブルは下のスクリーンショットに示すようになります。

$ su -
# fdisk -l /dev/sda
# fdisk -l /dev/sdb

ステップ2:Clonezillaを使ってディスクをクローンする

3. 次に、次のいずれかのコマンドを使用して、 MBR (ステージ1ブートローダ+パーティションテーブル)のみをHDDからSSDターゲットディスクに複製します(を想定)。 sda はWindows OSがインストールされているドライブを表し、 sdb はSSDディスクを表します。

# dd if=/dev/sda of=/dev/sdb bs=512 count=1
or
# sfdisk -d /dev/sda | sfdisk -f /dev/sdb

GPTパーティションスタイルの場合は、最初の2048バイトを複製する必要があります。

# dd if=/dev/sda of=/dev/sdb bs=2048 count=1

または sgdisk ユーティリティを使用してください。パーティションテーブルを sda から sdb にコピーする場合は、sgdiskを使用するときにディスクの順序を逆にする必要があります。

# sgdisk -R /dev/sdb /dev/sda

MBR/GPTのクローンを作成した後、 -l フラグを指定してfdiskコマンドをもう一度実行し、パーティションテーブルが両方のディスクで一致するかどうかを確認します。

# fdisk -l /dev/sda
# fdisk -l /dev/sdb

4. これまでのところ、両方のドライブに正確なパーティションテーブルがあるはずです。ターゲットディスク上で今すぐシステム予約されているとWindowsにのみ必要なエントリを持つきれいなパーティションテーブルで開始するために、Windowsパーティションの後に続くすべてのパーティションを削除します。

古いドライブから D:(またはWindowsに続く他のパーティション)からデータを複製することはできません。あなたは基本的に古いHDDから最初の2つのパーティションだけをクローンしています。後で、SSDのすべての未使用スペースを組み込んで、 C:パーティションを拡張するために、残った未割り当てスペースを使用します。

パーティションを削除するには、下記の fdisk ユーティリティを使用してください。まずSSDターゲットドライブ(この場合は/dev/sdb )に対してコマンドを実行し、 p キーでパーティションテーブルを印刷し、 d キーを押して以下のスクリーンショットに示すように、パーティションの削除を開始し、プロンプトから最後のパーティション番号(この場合は3番目のパーティション)を選択します。

# fdisk /dev/sdb

ドライブにWindowsパーティションの後に続くパーティションが複数ある場合は、それらすべてを削除してください。不要なパーティションをすべて削除したら、もう一度 p キーを押してパーティションテーブルを印刷します。ここまでに必要なWindowsパーティションが2つしか表示されていなければ、 wを押しても安全です。すべての変更を適用するためのキー。

最後のパーティションを削除するのと同じ手順が GPT ディスクにも適用されます。ディスクレイアウトの操作には直感的に役立つ cgdisk ユーティリティを使用する必要があるという言及があります。

GPTディスクの最後でバックアップされたパーティションテーブルを破壊する心配はありません。 cgdisk は両方のパーティションテーブルに適切な変更を加え、ディスクの最後に新しいディスクレイアウトテーブルを保存します。自動的に。

# cgdisk /dev/sdb

そして、最後の4,9 GBパーティションを削除した最後のGPTディスクレポート。

5. すべての準備が整ったら、 Clonezilla ユーティリティを起動し、デバイス - デバイスモードを選択し、初心者ウィザードから実行し、part-to-local_partクローン作成オプションを選択します。

下のスクリーンショットを参考にしてください。

6. リストから最初のローカルパーティション( sda1 - System Reserved)をソースとして選択し、 Enter キーを押して続行します。

7. 次に、2番目のディスクの最初のパーティションになるローカルターゲットパーティション(/dev/sdb1 )を選択して Enter 続けるためのキー。

8. 次の画面で[ファイルシステムのチェック/修復をスキップ]を選択し、もう一度 Enter キーを押して続行します。

9. 最後にもう一度 Enter キーを押して続行し、yesと答えて(y)を2回押して警告を受け入れ、クローン作成プロセスを開始します。

10. 最初のパーティションのクローン作成プロセスが終了したら、 clonezilla を実行して次のパーティションで同じ手順を繰り返します(source sda2 - target sdb2など)

11. すべてのWindowsパーティションのクローンが作成されたら、システムを再起動し、HDDドライブを物理的に取り外します。または、BIOS設定を改ざんしてSSDをプライマリブートドライブに設定します古いHDD

ステップ3:Windowsパーティションのサイズを変更する

12. Gparted ユーティリティを実行してパーティションの健全性をチェックし、WindowsパーティションをLinuxから拡張するか、Windowsを起動してディスクの管理ユーティリティを使用するこの仕事をするために。以下のスクリーンショットは、両方のユーティリティの使用方法を示しています。

Gparted Live CDを使用してパーティションを拡張する

Windowsから直接Windowsのディスクの管理ユーティリティを使用してパーティションを拡張します。

それで全部です! C:パーティションがSSDの最大サイズに拡張され、Windowsは真新しいSSDで最大速度で実行できるようになりました。古いHDDにはすべてのデータがそのまま残っています。

マザーボードから物理的に取り外した場合に備えて、ハードディスクをもう一度接続して使用します。あなたは古いHDDからシステム予約パーティションとウィンドウズパーティションを削除し、これら2つの代わりに新しいパーティションを作成することができます。他の古いパーティション( D: E:など)はそのまま残ります。

Clonezilla では、パーティションのイメージを作成して、それらを外付けHDDまたはネットワーク上の場所に保存することもできます。この場合、以下のいずれかのコマンドでHDD MBR/GPTもバックアップし、clonezillaイメージが保存されているのと同じディレクトリにMBRイメージを保存する必要があります。

ファイルへのMBRバックアップ

# dd if=/dev/sda of=/path/to/MBR.img bs=512 count=1
or
# sfdisk -d /dev/sda > =/path/to/sda.MBR.txt

GPTファイルへのバックアップ:

# dd if=/dev/sda of=/path/to/GPT.img bs=2048 count=1
or
# sgdisk --backup=/path/to/sda.MBR.txt /dev/sda

ネットワーク上の場所からWindowsシステムを将来復元するには、最初に次のいずれかのコマンドを使用して、保存したイメージからMBRセクターを復元し、次に各clonezillaパーティションイメージを1つずつ復元します。

ファイルからのMBRイメージの復元:

# dd if=/path/to/MBR.img of=/dev/sda bs=512 count=1
or
# sfdisk /dev/sda < =/path/to/sda.MBR.txt

ファイルからのGPTイメージの復元:

# dd if=/path/to/GPT.img of=/dev/sda bs=2048 count=1
# sgdisk - -load-backup=/path/to/sda.MBR.txt /dev/sda

この方法はBIOSマザーボード上やWindowsがLegacy Mode(CSM)からインストールされたUEFIマシン上または直接UEFIから直接エラーやデータの損失なしに複数回使用されています。