LinuxにFFmpegをインストールする方法


ある[ FFmpeg はさまざまなタスクのためのさまざまなツールが含まれている最高のマルチメディアフレームワークの一つです。たとえば、 ffplay は、オーディオ/ビデオファイルの再生に使用できるポータブルメディアプレーヤーです。 ffmpeg は、異なるファイル形式間の変換が可能です。ライブ放送をストリーミングするために使用することができ、 ffprobe はマルチメディアストリームを分析することができます。

このフレームワークは利用可能なツールの多様性のために本当に強力です、それはユーザーに最高の技術的な解決策を提供します。公式ウェブサイトの FFmpeg の説明によると、このような優れたマルチメディアフレームワークを持つ理由は、利用可能な最高のフリーソフトウェアオプションの組み合わせです。

FFmpeg フレームワークは高いセキュリティを提供します。その理由は、開発者がコードをレビューするときの深刻さであり、常にセキュリティを考慮して行われます。

デジタルオーディオとビデオのストリーミングまたはレコーディングを行いたいときに、このフレームワークが非常に役立つと確信しています。 wavファイルをmp3ファイルに変換したり、ビデオをエンコードおよびデコードしたり、さらに拡大縮小したりするなど、 FFmpeg フレームワークを使用してできることは他にもたくさんあります。

公式ウェブサイトによると、FFmpegは以下のことを行うことができます。

  1. decode multimedia files
  2. encode multimedia files
  3. transcode multimedia files
  4. mux multimedia files
  5. demux multimedia files
  6. stream multimedia files
  7. filter multimedia files
  8. play multimedia files

例を見てみましょう。とても単純なものです。次のコマンドは、 mp4 ファイルを avi ファイルに簡単に変換します。

# ffmpeg -i Lone_Ranger.mp4 Lone_Ranger.avi

上記のコマンドは説明のためだけに有用です、それはcodex、bitrateおよび他の細目が宣言されていないのでそれが実際に使用されることはお勧めできません。

次のパートでは、FFmpegマルチメディアフレームワークツールのいくつかを使って練習しますが、その前にLinuxマシンにインストールする必要があります。

FFmpegマルチメディアフレームワークをLinuxにインストールする方法

FFmpeg パッケージは最も使用されているLinuxディストリビューション用に提供されているので、インストールは比較的簡単になります。 UbuntuベースのディストリビューションにFFmpegフレームワークをインストールすることから始めましょう。

私は FFmpeg を公式ブログで推奨されている PPA からインストールします。新しい端末を開き( Ctrl + Alt + T )、次のコマンドを実行します。

$ sudo add-apt-repository ppa:mc3man/trusty-media
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ffmpeg
$ ffmpeg -version

FFmpeg をインストールするには、まず /etc/apt/sources.list ファイルに次の行を追加する必要があります。ディストリビューションごとに、[範囲]、[ jessie ]、または[ wheezy < mydist> ]を変更します強い> '。

deb http://www.deb-multimedia.org <mydist> main non-free deb-src http://www.deb-multimedia.org <mydist> main non-free

次に、システムパッケージのソースを更新し、次のコマンドで FFmpeg をインストールします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install deb-multimedia-keyring
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ffmpeg
$ ffmpeg -version

CentOS および RHEL ディストリビューションに FFmpeg をインストールするには、 EPEL RPM Fusion repositoryにアクセスします。

EPEL をインストールして有効にするには、次のコマンドを使用します。

# yum install epel-release

RPM Fusion をインストールして有効にするには、ディストリビューションのバージョンで次のコマンドを使用します。

-------------- On CentOS & RHEL 7.x -------------- 
# yum localinstall --nogpgcheck https://download1.rpmfusion.org/free/el/rpmfusion-free-release-7.noarch.rpm https://download1.rpmfusion.org/nonfree/el/rpmfusion-nonfree-release-7.noarch.rpm

-------------- On CentOS & RHEL 6.x --------------
# yum localinstall --nogpgcheck https://download1.rpmfusion.org/free/el/rpmfusion-free-release-6.noarch.rpm https://download1.rpmfusion.org/nonfree/el/rpmfusion-nonfree-release-6.noarch.rpm

リポジトリを有効にした後、次のコマンドを実行して FFmpeg をインストールします。

# yum install ffmpeg ffmpeg-devel
# ffmpeg -version

Fedoraでは、以下のように FFmpeg をインストールするには RPM Fusion をインストールして有効にする必要があります。

$ sudo dnf install https://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-$(rpm -E %fedora).noarch.rpm https://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/rpmfusion-nonfree-release-$(rpm -E %fedora).noarch.rpm
$ sudo dnf install ffmpeg ffmpeg-devel
$ ffmpeg -version

ソースからソフトウェアをコンパイルすることは世界で最も簡単なことではありませんが、正しい指示でそれを行うことができます。まずあなたのシステムがすべての依存関係を満たしていることを確認してください。これらの依存関係のインストールは、以下のコマンドを使用して行うことができます。

まず、最新のパッケージをダウンロードするようにシステムに伝えます。

$ sudo apt-get update

次のコマンドで依存関係をインストールしてください。

-------------- On Debian & Ubuntu --------------
$ sudo apt-get -y install autoconf automake build-essential libass-dev libfreetype6-dev libgpac-dev \
libsdl1.2-dev libtheora-dev libtool libva-dev libvdpau-dev libvorbis-dev libx11-dev \
libxext-dev libxfixes-dev pkg-config texi2html zlib1g-dev
-------------- On CentOS and RHEL --------------
# yum install glibc gcc gcc-c++ autoconf automake libtool git make nasm pkgconfig SDL-devel \
a52dec a52dec-devel alsa-lib-devel faac faac-devel faad2 faad2-devel freetype-devel giflib gsm gsm-devel \
imlib2 imlib2-devel lame lame-devel libICE-devel libSM-devel libX11-devel libXau-devel libXdmcp-devel \
libXext-devel libXrandr-devel libXrender-devel libXt-devel libogg libvorbis vorbis-tools mesa-libGL-devel \
mesa-libGLU-devel xorg-x11-proto-devel zlib-devel libtheora theora-tools ncurses-devel libdc1394 libdc1394-devel \
amrnb-devel amrwb-devel opencore-amr-devel

その後、次のコマンドを使用してFFmpegソース用の新しいディレクトリを作成します。これは、ソースファイルがダウンロードされるディレクトリです。

$ mkdir ~/ffmpeg_sources

次のコマンドを実行して、FFmpegで使用される yasm アセンブラをコンパイルしてインストールします。

$ cd ~/ffmpeg_sources
$ wget http://www.tortall.net/projects/yasm/releases/yasm-1.3.0.tar.gz
$ tar xzvf yasm-1.3.0.tar.gz
$ cd yasm-1.3.0
$ ./configure --prefix="$HOME/ffmpeg_build" --bindir="$HOME/bin"
$ make
$ make install
$ make distclean
$ export "PATH=$PATH:$HOME/bin"

yasm アセンブラを正常にインストールしたら、次に特定のFFmpegツールで使用されるさまざまなエンコーダをインストールします。次のコマンドを使用して H.264 ビデオエンコーダをインストールします。

$ cd ~/ffmpeg_sources
$ wget http://download.videolan.org/pub/x264/snapshots/last_x264.tar.bz2
$ tar xjvf last_x264.tar.bz2
$ cd x264-snapshot*
$ ./configure --prefix="$HOME/ffmpeg_build" --bindir="$HOME/bin" --enable-static
$ make
$ make install
$ make distclean

もう1つの便利なエンコーダは libfdk-aac AAC オーディオエンコーダです。

$ cd ~/ffmpeg_sources
$ wget -O fdk-aac.zip https://github.com/mstorsjo/fdk-aac/zipball/master
$ unzip fdk-aac.zip
$ cd mstorsjo-fdk-aac*
$ autoreconf -fiv
$./configure --prefix="$HOME/ffmpeg_build" --disable-shared
$ make
$ make install
$ make distclean

ある[ libopus のオーディオデコーダとエンコーダをインストールしてください。

$ cd ~/ffmpeg_sources
$ wget http://downloads.xiph.org/releases/opus/opus-1.1.tar.gz
$ tar xzvf opus-1.1.tar.gz
$ cd opus-1.1
$ ./configure --prefix="$HOME/ffmpeg_build" --disable-shared
$ make
$ make install
$ make distclean

今、ソースから ffmpeg をインストールします。

$ cd ~/ffmpeg_sources
$ wget http://ffmpeg.org/releases/ffmpeg-snapshot.tar.bz2
$ tar xjvf ffmpeg-snapshot.tar.bz2
$ cd ffmpeg
$ PKG_CONFIG_PATH="$HOME/ffmpeg_build/lib/pkgconfig"
$ export PKG_CONFIG_PATH
$ ./configure --prefix="$HOME/ffmpeg_build" --extra-cflags="-I$HOME/ffmpeg_build/include" \
   --extra-ldflags="-L$HOME/ffmpeg_build/lib" --bindir="$HOME/bin" --extra-libs="-ldl" --enable-gpl \
   --enable-libass --enable-libfdk-aac --enable-libfreetype --enable-libmp3lame --enable-libopus \
   --enable-libtheora --enable-libvorbis --enable-libvpx --enable-libx264 --enable-nonfree --enable-x11grab
$ make
$ make install
$ make distclean
$ hash -r

あなたがインストールすることができる多くのエンコーダがあります、しかしこの記事の目的のために私はそれらすべてをインストールするつもりはありません、しかしあなたは以下の公式ガイドを使ってそれらをインストールすることができます。

  1. FFmpeg Compilation Guide for Ubuntu
  2. FFmpeg Compilation Guide for CentOS

結論

この最初のパートでは、FFmpegマルチメディアフレームワークに従って、読者を最新のニュースに更新し、Linuxマシンにインストールする方法を説明しました。次の部分は、この最先端のマルチメディアフレームワークの中で驚くべきツールを使用する方法を完全に学ぶことです。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022