CentOS / RHELおよびFedoraにPostgreSQL 10をインストールする方法


PostgreSQL は、LinuxやWindows OSを含むUnixライクなオペレーティングシステム上で動作する、強力で拡張性が高く、オープンソースでクロスプラットフォームのオブジェクトリレーショナルデータベースシステムです。信頼性が高く、データの完全性と正確性をユーザーに提供するエンタープライズレベルのデータベースシステムです。

この記事では、公式PostgreSQL Yumリポジトリを使用して、CentOS、RHEL、Oracle Enterprise Linux、Scientific Linux、およびFedoraに PostgreSQL 10 の最新バージョンをインストールする方法について説明します。

PostgreSQL Yumリポジトリを追加する

この公式PostgreSQL YumリポジトリはあなたのLinuxシステムと結合し、CentOS、Scientific Linux、Scientific LinuxのようなRedHatベースのディストリビューションでサポートされているすべてのバージョンのPostgreSQL、および現在のバージョンのFedoraの自動アップデートを提供します。

Fedoraのサポートサイクルが短いため、すべてのバージョンが利用できるわけではないことに注意してください。サーバーの展開にFedoraを使わないことをお勧めします。

yumリポジトリを使用するには、次の手順に従います。

--------------- On RHEL/CentOS 7 and Scientific Linux/Oracle Linux 7 --------------- 
# yum install https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/10/redhat/rhel-7-x86_64/pgdg-redhat10-10-1.noarch.rpm

--------------- On 64-Bit RHEL/CentOS 6 and Scientific Linux/Oracle Linux 6 --------------- 
# yum install https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/10/redhat/rhel-6-x86_64/pgdg-redhat10-10-1.noarch.rpm

--------------- On 32-Bit RHEL/CentOS 6 and Scientific Linux/Oracle Linux 6 --------------- 
# yum install https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/10/redhat/rhel-6-i386/pgdg-redhat10-10-1.noarch.rpm

--------------- On Fedora 26 --------------- 
# dnf install https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/10/fedora/fedora-26-x86_64/pgdg-fedora10-10-2.noarch.rpm

--------------- On Fedora 25 --------------- 
# dnf install https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/10/fedora/fedora-25-x86_64/pgdg-fedora10-10-3.noarch.rpm

--------------- On Fedora 24 --------------- 
# dnf install https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/10/fedora/fedora-24-x86_64/pgdg-fedora10-10-3.noarch.rpm

PostgreSQLサーバをインストールする

それぞれのLinuxディストリビューションにPostgreSQL yumリポジトリを追加したら、次のコマンドを使用してPostgreSQLサーバとクライアントパッケージをインストールします。

# yum install postgresql10-server postgresql10   [On RedHat based Distributions]
# dnf install postgresql10-server postgresql10   [On Fedora Linux]

PostgreSQLデータベースを初期化する

Red Hatベースのディストリビューションのポリシーによっては、PostgreSQLのインストールが自動起動のためにアクティブにならないか、データベースが自動的に初期化されることがあります。データベースのインストールを完了するには、初めて使用する前にデータベースを初期化する必要があります。

# /usr/pgsql-10/bin/postgresql-10-setup initdb

PostgreSQLサーバの起動と有効化

データベースの初期化が完了したら、PostgreSQLサービスを起動し、PostgreSQLサービスがシステム起動時に自動起動するようにします。

--------------- On SystemD --------------- 
# systemctl start postgresql-10
# systemctl enable postgresql-10
# systemctl status postgresql-10 

--------------- On SysVinit --------------- 
# service postgresql-10 start
# chkconfig postgresql-10 on
# service postgresql-10 status

PostgreSQLのインストールを確認する

サーバにPostgreSQL 10をインストールした後、postgresデータベースサーバに接続してインストールを確認してください。

# su - postgres
$ psql

psql (10.0)
Type "help" for help.

必要に応じて、セキュリティ目的でユーザpostgresのパスワードを作成できます。

postgres=# \password postgres

あなたはPostgreSQLのホームページでより多くの情報を見つけることができます。

一般的なデータベース管理システムに関するこれらの記事もチェックしてください。

  1. How to Install and Secure MariaDB 10 in CentOS 7
  2. How to Install and Secure MariaDB 10 in CentOS 6
  3. Install MongoDB Community Edition 3.2 on Linux Systems

それで全部です!この記事が役に立つことを願っています。質問や意見がありましたら、下のコメント欄をご利用ください。