CentOS 6にPHP 5.4、PHP 5.5、またはPHP 5.6をインストールする方法


CentOS 6 オフィシャルリポジトリの PHP の現在のバージョンは PHP 5.3 です。開発者によるバグ修正および重要なセキュリティアップデートの条件まだ使用している場合は、パッチが適用されていないセキュリティの脆弱性にさらされる可能性があります。

そのため、 CentOS 6 Linuxディストリビューションでは、 PHP 5.4 または PHP 5.6 のサポートされている最新バージョンをアップグレードまたはインストールすることをお勧めします。できるだけ。

EPELとRemi Repositoryをインストールする

1. PHPの最新安定版をインストールするには、 CentOS 6 EPEL Remi リポジトリを追加する必要があります。 rootユーザーとして次のコマンドを使用して配布します。

# wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
# rpm -Uvh epel-release-6-8.noarch.rpm remi-release-6.rpm

リポジトリを管理するためのYum-Utilsのインストール

2. yum-utils をインストールします。これは、yumと統合してネイティブ機能をいくつかの方法で拡張し、より強力で使いやすくする一連のユーティリティです。

パッケージは手動で設定することなくその場でパッケージを有効または無効にするために使用される yum-utils

# yum install yum-utils

CentOS 6にPHP 5.4、PHP 5.5、またはPHP 5.6をインストールします。

3. EPEL Remi yum-utils がインストールされたら、インストールに進むことができます< strong> PHP 5.4 、 PHP 5.5 、または PHP 5.6 CentOS 6 ディストリビューションに必要なすべてのモジュールが含まれており、を使用してremiリポジトリを有効にできます。 > yum-config-manager コマンドが表示されています。

# yum-config-manager --enable remi-php54    [Intall PHP 5.4]
# yum-config-manager --enable remi-php55    [Intall PHP 5.5]
# yum-config-manager --enable remi-php56    [Intall PHP 5.6]

4. 選択したバージョンのPHPを有効にすると、表示されているすべての必要なモジュールと一緒にPHP(私の場合はPHP 5.6を選択)をインストールできます。

# yum-config-manager --enable remi-php56    [Intall PHP 5.6]
# yum install php php-mcrypt php-cli php-gd php-curl php-mysql php-ldap php-zip php-fileinfo 

何らかの理由でPHPバージョンをダウングレードしたい場合は、既存のPHPバージョンを削除してから、必要なモジュールを使用して新しいPHPを再インストールする必要があります。

最後に、これらの役に立つPHP記事をチェックするのを忘れないでください。

  1. How to Use and Execute PHP Codes in Linux Command Line
  2. How to Find MySQL, PHP and Apache Configuration Files
  3. How to Test PHP MySQL Database Connection Using Script
  4. How to Run PHP Script as Normal User with Cron

それで全部です!私達と意見を共有するには、以下のフィードバックフォームを私たちにしてください。最後に、常にTecmint.comに接続し続けるようにしてください。