CentOS / RHEL 7でシングルユーザーモードで起動する方法


シングルユーザーモードメンテナンスモードとも呼ばれます)は、Linuxが動作するようなUnixライクなオペレーティングシステムのモードです。単一のスーパーユーザーが特定の重要なタスクを実行できるようにする機能。

システムSysV initの下のランレベル1 、およびsystemdの runlevel1.target または rescue.target です。重要なのは、このランレベル/ターゲットで開始されたサービスがあれば、それがディストリビューションによって異なることです。コンピュータが通常の操作に対応していない場合は、通常、メンテナンスや緊急修理に役立ちます(ネットワークサービスをまったく提供していないため)。

低レベルの修復には、ディスクパーティションの fsck 、紛失した場合はrootパスワードのリセット、 "/ etc/fstabのマウントに失敗した"エラーの修正などがあります。彼らにとって批判的です。また、システムが正常に起動しない場合もあります。

このチュートリアルでは、CentOS 7でシングルユーザーモードで起動する方法について説明します。実際にはこれが緊急モードに入り、緊急シェルにアクセスするのに役立ちます。

シングルユーザーモードで起動する方法

1. 最初に CentOS 7 コンピュータを再起動し、起動プロセスが開始されたら、次のスクリーンショットに示すように GRUB 起動メニューが表示されるのを待ちます。

2. 次に、grubメニュー項目からカーネルのバージョンを選択し、 e キーを押して最初の起動オプションを編集します。下向きの矢印キーを使ってカーネル行を探し( " linux16 "で始まります)、引数 ro rw init =/sysroot/bin /に変更します下のスクリーンショットに示すようにsh

3. 前の手順でタスクを終了したら、 Ctrl-X または F10 を押してシングルユーザーモードに切り替えます(緊急の場合はアクセスします)。シェル)。

4. 次のコマンドを使用して、ルートの(/)ファイルシステムをマウントします。

# chroot /sysroot/

この時点で、必要な低レベルのシステムメンテナンス作業をすべて実行できます。完了したら、このコマンドを使用してシステムを再起動します。

# reboot -f

次の記事を読むのも好きかもしれません。

  1. How to Hack Your Own Linux System
  2. Linux Directory Structure and Important Files Paths Explained
  3. How to Create and Run New Service Units in Systemd Using Shell Script
  4. How to Manage ‘Systemd’ Services and Units Using ‘Systemctl’ in Linux

最後に、シングルユーザーモードまたはメンテナンスモードはデフォルトではパスワードで保護されていないため、悪意を持っていてコンピュータに物理的にアクセスしているユーザーは緊急モードに入りますシステムを破棄する」。

次に、CentOS 7でシングルユーザーモードをパスワードで保護する方法を説明します。それまでは、Tecmint.comに接続したままにしてください。