LinuxにMongoDB Community Edition 4.0をインストールする


MongoDB は、Apache CouchDBによく似たオープンソースのスキーマなしで高性能のドキュメント指向のNoSQLデータベース(NoSQLはテーブル、行などを提供しないことを意味します)システムです。パフォーマンスを向上させるために、動的スキーマを使用してJSONのようなドキュメントにデータを格納します。

以下はサポートされているMongoDBパッケージで、独自のリポジトリが付属しています。

  1. mongodb-org – A metapackage that will install following 4 component packages automatically.
  2. mongodb-org-server – Contains the mongod daemon and releated configuration and init scripts.
  3. mongodb-org-mongos – Contains the mongos daemon.
  4. mongodb-org-shell – Contains the mongo shell.
  5. mongodb-org-tools – Contains the MongoDB tools: mongo, mongodump, mongorestore, mongoexport, mongoimport, mongostat, mongotop, bsondump, mongofiles, mongooplog and mongoperf.

この記事では、 MongoDB 4.0 Community Edition をインストールするプロセスについて説明します。

ステップ1:MongoDBリポジトリを追加する

まず、 MongoDB Community Edition 64ビットプラットフォームにインストールするには、 MongoDB公式リポジトリを追加する必要があります。

yumコマンドを使って、MongoDBを直接インストールするためのファイル /etc/yum.repos.d/mongodb-org-4.0.repo を作成します。

# vi /etc/yum.repos.d/mongodb-org-4.0.repo

次のリポジトリファイルを追加してください。

[mongodb-org-4.0]
name=MongoDB Repository
baseurl=https://repo.mongodb.org/yum/redhat/$releasever/mongodb-org/4.0/x86_64/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=https://www.mongodb.org/static/pgp/server-4.0.asc

MongoDBリポジトリは、 18.04 LTS(バイオニック) 16.04 LTS(外来)、および 14.04 LTS( Trusty Tahr )のパッケージのみを提供します強力な>長期的にサポートされている64ビットUbuntuのリリース。

Ubuntuに MongoDB Community Edition をインストールするには、まずパッケージ管理システムで使用されている公開鍵をインポートする必要があります。

$ sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv 9DA31620334BD75D9DCB49F368818C72E52529D4

次に、MongoDBリポジトリファイルを作成し、図のようにリポジトリを更新します。

$ echo "deb [ arch=amd64 ] https://repo.mongodb.org/apt/ubuntu bionic/mongodb-org/4.0 multiverse" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mongodb-org-4.0.list
$ sudo apt-get update
$ echo "deb [ arch=amd64,arm64 ] https://repo.mongodb.org/apt/ubuntu xenial/mongodb-org/4.0 multiverse" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mongodb-org-4.0.list
$ sudo apt-get update
$ echo "deb [ arch=amd64 ] https://repo.mongodb.org/apt/ubuntu trusty/mongodb-org/4.0 multiverse" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mongodb-org-4.0.list
$ sudo apt-get update

MongoDBリポジトリには64ビットの Debian 9 Stretch Debian 8 Jessie のパッケージしかありません。MongoDBをDebianにインストールするには、次の一連のコマンドを実行する必要があります。

$ sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv 9DA31620334BD75D9DCB49F368818C72E52529D4
$ echo "deb http://repo.mongodb.org/apt/debian stretch/mongodb-org/4.0 main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mongodb-org-4.0.list
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv 9DA31620334BD75D9DCB49F368818C72E52529D4
$ echo "deb http://repo.mongodb.org/apt/debian jessie/mongodb-org/4.0 main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mongodb-org-4.0.list
$ sudo apt-get update

ステップ2:MongoDB Community Editionパッケージのインストール

リポジトリがインストールされたら、次のコマンドを実行して MongoDB 4.0 をインストールします。

# yum install -y mongodb-org               [On RPM based Systems]
$ sudo apt-get install -y mongodb-org      [On DEB based Systems]

特定のMongoDBリリースバージョンをインストールするには、次の例に示すように、各コンポーネントパッケージを個別に含めて、パッケージ名にバージョン番号を追加します。

-------------- On RPM based Systems --------------
# yum install -y mongodb-org-4.0.6 mongodb-org-server-4.0.6 mongodb-org-shell-4.0.6 mongodb-org-mongos-4.0.6 mongodb-org-tools-4.0.6

-------------- On DEB based Systems --------------
$ sudo apt-get install -y mongodb-org=4.0.6 mongodb-org-server=4.0.6 mongodb-org-shell=4.0.6 mongodb-org-mongos=4.0.6 mongodb-org-tools=4.0.6

ステップ3:MongoDB Community Editionを構成する

ファイル /etc/mongod.conf を開き、以下の基本設定を確認します。設定にコメントがある場合は、コメントを外してください。

# vi /etc/mongod.conf
path: /var/log/mongodb/mongod.log
port=27017
dbpath=/var/lib/mongo

ファイアウォールのポート 27017 を開きます。

-------------- On FirewallD based Systems --------------
# firewall-cmd --zone=public --add-port=27017/tcp --permanent
# firewall-cmd --reload

-------------- On IPtables based Systems --------------
# iptables -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 27017 -j ACCEPT

ステップ4:MongoDB Community Editionを実行する

次のコマンドを発行して、 mongod プロセスを開始しましょう。

# service mongod start
OR               
$ sudo service mongod start

/var/log/mongodb/mongod.log ログファイルの内容を確認して、 mongod プロセスが正常に開始されたことを確認できます。

2019-03-05T01:33:47.121-0500 I NETWORK  [initandlisten] waiting for connections on port 27017

また、以下のコマンドを発行して mongod プロセスを開始、停止、または再起動することもできます。

# service mongod start
# service mongod stop
# service mongod restart

システム起動時に mongod プロセスを有効にします。

# systemctl enable mongod.service     [On SystemD based Systems]
# chkconfig mongod on                 [On SysVinit based Systems]

ステップ5:MongoDBを使い始める

次のコマンドを使用して、 MongoDB シェルに接続します。

# mongo
MongoDB shell version v4.0.6
connecting to: mongodb://127.0.0.1:27017/?gssapiServiceName=mongodb
Implicit session: session { "id" : UUID("70ffe350-a41f-42b9-871a-17ccde28ba24") }
MongoDB server version: 4.0.6
Welcome to the MongoDB shell.

このコマンドはあなたの MongoDB データベースに接続します。以下の基本コマンドを実行してください。

> show dbs
> show collections
> show users
> use <db name>
> exit

ステップ6:MongoDB Community Editionをアンインストールする

MongoDBを完全にアンインストールするには、MongoDBアプリケーションを削除する必要があります。設定ファイルとディレクトリには、データとログが含まれています。

次の指示はあなたのシステムからMongoDBを削除するプロセスをあなたを通して歩みます。

# service mongod stop
# yum erase $(rpm -qa | grep mongodb-org)
# rm -r /var/log/mongodb
# rm -r /var/lib/mongo
$ sudo service mongod stop
$ sudo apt-get purge mongodb-org*
$ sudo rm -r /var/log/mongodb
$ sudo rm -r /var/lib/mongodb

詳細については、http://docs.mongodb.org/manual/contents/の公式ページを参照してください。