UbuntuでGRUB Boot Loaderを救助、修復、および再インストールする方法


このチュートリアルでは、Grub2ブートローダが危険にさらされ、制御をさらにLinuxカーネルに転送するブートローダをロードできないために起動できない、破損したUbuntuマシンの救済、修復、または再インストールの方法について説明します。最近のすべてのLinuxオペレーティングシステムでは、GRUBがデフォルトのブートローダです。

この手順は、Grubブートローダーが破損した Ubuntu 16.04 サーバーエディションで正常にテストされています。ただし、このチュートリアルではUbuntuサーバーGRUBの救済手順についてのみ説明しますが、同じ手順をすべてのUbuntuシステムまたは大部分のDebianベースのディストリビューションに適用することができます。

    1. Download Ubuntu Server Edition DVS ISO Image

    Ubuntuサーバマシンを起動しようとすると、オペレーティングシステムが起動しなくなり、ブートローダプログラムが機能しなくなったことがわかりますか。

    通常、下のスクリーンショットに示すように、 GNU GRUB の最小コンソールが画面に表示されます。どうやってUbuntuのGrubを復元できますか?

    Linuxには壊れたgrubを再インストールするために使用できる方法がたくさんあります。Linuxコマンドラインを使用してブートローダを機能させ復元する機能を伴うものもあれば、かなり簡単でハードウェアをLinuxのライブCDと破損したブートローダを修復するためのGUI表示を使用。

    Debianベースのディストリビューション、特にUbuntuシステムで使用できる最も簡単な方法の中には、このチュートリアルで提示されている方法があります。

    ISOイメージは、次のリンクからダウンロードできます。http://releases.ubuntu.com/

    Ubuntu GRUBブートローダーを再インストールします

    1. Ubuntu ISO イメージをダウンロードして焼き付けた後、または起動可能なUSBメモリを作成したら、起動可能メディアを適切なコンピュータドライブに挿入し、コンピュータを再起動して指示します。 Ubuntuのライブイメージで起動するための BIOS

    2. 最初の画面で[言語]を選択し、 [Enter] キーを押して続行します。

    3. 次の画面で F6 ファンクションキーを押して他のオプションメニューを開き、[エキスパート]モードオプションを選択します。次に、エスケープキーを押して、編集モードの起動オプションの行に戻ります(下のスクリーンショットを参照)。

    4. 次に、キーボードの矢印を使用してUbuntuライブイメージの起動オプションを編集し、 quiet の文字列の直前にカーソルを移動して、以下のスクリーンショットに示すように次のシーケンスを書き込みます。

    rescue/enable=true 
    

    5. 上記のステートメントを書いた後、 [Enter] キーを押して、壊れたシステムを救済するために、ライブISOイメージを救済モードで起動するように指示します。

    6. 次の画面で、システムレスキューを実行する言語を選択し、 [enter] キーを押して続行します。

    7. 次に、表示されたリストから適切な場所を選択し、 [enter] キーを押してさらに先に進みます。

    8. 次の一連の画面で、下のスクリーンショットに示すように、キーボードのレイアウトを選択します。

    9. パソコンのハードウェアを検出し、追加のコンポーネントをロードしてネットワークを設定すると、パソコンの設定ホスト名が求められます。システムをインストールしていないため、システムのホスト名をデフォルトのままにして [Enter] を押して続行します。

    10. 次に、提供された物理的な場所に基づいて、インストーラのイメージがタイムゾーンを検出します。この設定はあなたのマシンがインターネットに接続されている場合にのみ正確に機能します。

    ただし、システムインストールを実行していないため、タイムゾーンが正しく検出されない場合は重要ではありません。さらに進むには、 Yes を押すだけです。

    11. 次の画面では、直接レスキューモードに移行します。ここでは、提供されたリストからあなたのマシンのルートファイルシステムを選ぶべきです。インストールされているシステムが論理ボリュームマネージャを使ってパーティションを区切っている場合は、下のスクリーンショットに示すように、ボリュームグループ名を確認することでリストからルートパーティションを簡単に検出できます。

    それ以外の場合は、 /(root)ファイルシステムにどのパーティションが使用されているのかわからない場合は、ルートファイルシステムを検出するまで各パーティションを調べてください。ルートパーティションを選択したら、 [Enter] キーを押して続行します。

    12. システムに別の/boot パーティションがインストールされている場合、インストーラはそれをマウントするかどうかを尋ねます>パーティション Yes を選択して [Enter] キーを押して続行します。

    13. 次に、[レスキュー操作]メニューが表示されます。ここで、 GRUBブートローダーを再インストールするのオプションを選択し、 [enter] キーを押して続行します。

    14. 次の画面で、GRUBをインストールするマシンディスクデバイスを入力し、 [Enter] を押して続行します(下の図を参照)。

    通常、最初のマシンのハードディスクMBRにブートローダをインストールする必要があります。ほとんどの場合、これは/ dev/sda です。 GRUBのインストールプロセスは Enter キーを押すとすぐに始まります。

    15. ライブシステムが GRUBブートローダーをインストールすると、メインのレスキューモードメニューに戻ります。 GRUB を正常に修復した後に残っている唯一のことは、下の画像に示すように GRUB を起動することです。

    最後に、適切なドライブからライブブータブルメディアを取り出し、マシンを再起動すると、インストールされているオペレーティングシステムを起動できるはずです。最初の画面は、下のスクリーンショットに示すように、オペレーティングシステムのGRUBメニューがインストールされているはずです。

    Ubuntu Grub Boot Loaderを手動で再インストールします

    14. ただし、 Rescue operations メニューからGRUBブートローダーを手動で再インストールする場合は、ポイント13に到達するまでこのチュートリアルに記載されているすべての手順に従ってください。次の変更:GRUBブートローダーを再インストールするオプションを選択する代わりに、/dev /(your_chosen_root_partition でシェルを実行します)というオプションを選択して [Enter] キーを押します。持続する。

    15. 次の画面で、続行を押して、ルートファイルシステムパーティションのシェルを開くために [enter] キーを押します。

    16. ルートファイルシステムでシェルを開いた後、下記のようにlsコマンドを実行して、あなたのマシンのハードディスクデバイスを識別します。

    # ls /dev/sd* 
    

    正しいハードディスクデバイス(通常は最初のディスクは/dev/sda です)を特定したら、次のコマンドを発行してGRUBブートローダーを特定されたハードディスクMBRにインストールします。

    # grub-install /dev/sda
    

    GRUBが正常にインストールされたら、exitと入力してシェルプロンプトを終了します。

    # exit
    

    17. シェルプロンプトを終了すると、メインのレスキューモードメニューに戻ります。ここでは、システムを再起動し、起動可能なISOイメージを取り出すオプションを選択します。インストールされているオペレーティングシステムは問題なく起動されます。

    それで全部です!最小限の労力で、Ubuntuマシンをインストール済みのオペレーティングシステムを起動することができます。