UEFIマシンでのArch Linuxのインストールと設定


ある[ローリングリリースのモデルのためのそのシンプルさと最先端のソフトウェアパッケージのため、ある[アーチのLinux は、最も汎用性の高いGNU Linuxディストリビューションの一つです。世界。また、グラフィカルインタフェースをサポートしない、複雑なコマンドラインインストーラも提供します。コマンドラインインストールモデルはシステムのインストール作業を非常に柔軟にしますが、Linux初心者にとっても非常に困難になります。

何よりも、 Arch Linux Pacman Package Manager を介して独自のソフトウェアパッケージリポジトリを提供します。 Arch Linuxはまた、32ビット、64ビット、ARMなどのさまざまなCPUアーキテクチャ向けに Multiarch 環境を提供します。

ソフトウェアパッケージ、依存関係、セキュリティパッチはほとんど定期的に更新されており、Arch Linuxは実稼働環境用のいくつかのしっかりとテストされたパッケージを含む最先端のディストリビューションです。

Arch Linuxは AUR - Arch User Repository も管理しています。これはコミュニティ主導の巨大なソフトウェアリポジトリのミラーです。 AURリポジトリのミラーリングにより、ユーザーはソースからソフトウェアをコンパイルし、 Pacman および Yaourt もう1つのユーザーリポジトリツール)パッケージマネージャを介してインストールできます。

このチュートリアルでは、UEFIベースのマシンでCD/USBブータブルイメージを使ってArch Linuxの基本的なインストール手順を段階的に説明します。その他のカスタマイズや詳細については、 https://wiki.archlinux.orgにあるOfficial Arch Linux Wikiページを参照してください。

  1. Download Arch Linux ISO Image

ステップ1:ディスクパーティションレイアウトを作成する

1. まず始めにArch Linuxのダウンロードページに行き、最新のCDイメージ(現在の安定版: 2017.10.01 )を入手し、起動可能なCD/USBを作成してからプラグインします。システムのCD/USBドライブに入れます。

3. CD/USBの起動後、最初の Arch Linuxインストーラーオプションが表示されます。ここで[ Arch Linux archiso x86_64 UEFI CD ]を選択し、 Enter キーを押して続行します。

4. インストーラが Linux Kernel を解凍してロードすると、自動的に Arch Linux Bash 端末( TTY )root権限で。

次のコマンドを発行して、マシンのNICを一覧表示し、インターネットネットワーク接続を確認することをお勧めします。

# ifconfig
# ping -c2 google.com

動的にクライアントにIPアドレスを割り当てるように DHCP サーバーを設定していない場合は、以下のコマンドを発行してArch LiveメディアのIPアドレスを手動で設定してください。

それに応じてネットワークインターフェイスとIPアドレスを置き換えます。

# ifconfig eno16777736 192.168.1.52 netmask 255.255.255.0 
# route add default gw 192.168.1.1
# echo “nameserver 8.8.8.8” >> /etc/resolv.conf

このステップでは、次のコマンドを発行してマシンのハードディスクを一覧表示することもできます。

# cat /proc/partitions
# ls /dev/[s|x|v]d*
# lsblk
# fdisk –l 

お使いのコンピュータが仮想マシンの場合、 xvda vda など、 sdx 以外の名前をハードディスクに付けることもできます。ディスクの命名規則がわからない場合は、以下のコマンドで仮想ディスクを一覧表示します。

# ls /dev | grep ‘^[s|v|x][v|d]’$* 

<強いスタイル=色:赤

5. 次のステップで、ハードディスクパーティションの設定を開始します。この段階では、 cfdisk cgdisk 、parted、または gdisk ユーティリティを実行してGPTディスクのディスクパーティションレイアウトを実行できます。ウィザード形式の操作性と使いやすさのために、cfdiskを使用することを強くお勧めします。

基本的なパーティションレイアウトテーブルには、次の構造を使用してください。

  • EFI System partition (/dev/sda1) with 300M size, FAT32 formatted.
  • Swap partition (/dev/sda2) with 2xRAM recommended size, Swap On.
  • Root partition (/dev/sda3) with at least 20G size or rest of HDD space, ext4 formatted.

それでは実際にハードドライブに対して cfdisk コマンドを実行し、 GPT ラベルタイプを選択してから空き容量を選択してヒットすることで実際にディスクレイアウトパーティションテーブルの作成を始めましょう。下のスクリーンショットに示すように、下のメニューから[新規]をクリックします。

# cfdisk /dev/sda

6. パーティションサイズをMB(300M)で入力して enter キーを押し、下部のメニューから[ Type ]を選択して[ EFI System <]を選択します。次のスクリーンショットに示すように、/ strong>パーティションタイプ。

EFIシステムパーティションの設定が完了しました。

7. 次に、同じ手順でスワップパーティションを作成しましょう。下向きの矢印キーを使用して、残りの空き容量をもう一度選択して上記の手順を繰り返します。 1G) - > Linuxスワップを入力を使用してください。

スワップパーティションを作成するためのガイドとして、以下のスクリーンショットを使用してください。

8. 最後に、 /(root)パーティションに次の設定を使用します。 New - > Size :残りの空き容量 - > Linuxファイルシステムと入力します。

[パーティションテーブル]を確認したら、[書き込み]を選択し、ディスクの変更を適用するために[はい]と答え、[終了]と入力して cfdisk <を終了します。以下の図に示すように、/ strong>ユーティリティ。

9. 今のところ、パーティションテーブルは HDD GPT に書き込まれていますが、その上にファイルシステムはまだ作成されていません。 fdiskコマンドを実行してパーティションテーブルの概要を確認することもできます。

# fdisk -l

10. さて、必要なファイルシステムでパーティションをフォーマットしましょう。次のコマンドを発行して、 EFIシステムパーティション用の FAT32 ファイルシステム(/dev/sda )を作成し、 EXT4 <を作成します。ルートパーティション用の/ strong>ファイルシステム(/dev/sda3 )を作成し、/dev/sda2 用のスワップパーティションを作成します。

# mkfs.fat -F32 /dev/sda1
# mkfs.ext4 /dev/sda3
# mkswap /dev/sda2

ステップ2:Arch Linuxをインストールする

11. Arch Linux をインストールするには、 /(root)パーティションを/mnt ディレクトリにマウントする必要があります。アクセス可能にするためのマウントポイント。スワップパーティションも初期化する必要があります。このステップを設定するために下記のコマンドを発行して下さい。

# mount /dev/sda3 /mnt
# ls /mnt 
# swapon /dev/sda2

12. パーティションにアクセスできるようになったら、Arch Linuxシステムのインストールを実行します。インストールパッケージのダウンロード速度を上げるには、 /etc/pacman.d/mirrorlist ファイルを編集して、ミラーファイルリストの一番上にある最も近いミラーサイトを選択します(通常はあなたの国のサーバーの場所を選択します)。

# nano /etc/pacman.d/mirrorlist

/etc/pacman.conf ファイルから次の行のコメントを外して、 Arch Multilib のライブシステムサポートを有効にすることもできます。

[multilib]
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist

13. 次に、次のコマンドを発行してArch Linuxのインストールを開始します。

# pacstrap /mnt base base-devel

システムリソースとインターネットの速度に応じて、インストーラは完了するのに5〜20分かかります。

14. インストールが完了したら、次のコマンドを発行して新しいArch Linuxシステム用の fstab ファイルを生成します。

# genfstab -U -p /mnt >> /mnt/etc/fstab

その後、下記のコマンドを実行してfstabファイルの内容を調べます。

# cat /mnt/etc/fstab

ステップ3:Arch Linuxのシステム構成

15. Arch Linuxをさらに設定するには、/mnt システムパスに移動し、以下のコマンドを発行してシステムのホスト名を追加する必要があります。

# arch-chroot /mnt
# echo "archbox" > /etc/hostname

16. 次に、システムの言語を設定します。 /etc/locale.gen ファイルから希望のエンコード言語を選択してコメントを外し、次のコマンドを実行してロケールを設定します。

# nano /etc/locale.gen

locale.genファイルの抜粋:

en_US.UTF-8 UTF-8
en_US ISO-8859-1

システム言語のレイアウトを生成します。

# locale-gen
# echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf
# export LANG=en_US.UTF-8

17. 次に、サブタイムゾーンのシンボリックリンク(/usr/share/zoneinfo/Continent/Main_city )をに作成して、システムのタイムゾーンを設定します。/etc/localtime ファイルパス。

# ls /usr/share/zoneinfo/
# ln -s /usr/share/zoneinfo/Europe/Bucharest /etc/localtime

また、UTCを使用するようにハードウェアクロックを設定する必要があります(ハードウェアクロックは通常現地時間に設定されます)。

# hwclock --systohc --utc

18. 多くの有名なLinuxディストリビューションとして、Arch Linuxは世界のさまざまな場所や複数のシステムアーキテクチャに対応するレポジトリを使用しています。標準リポジトリはデフォルトで有効になっていますが、 Multilib リポジトリを有効にしたい場合は /etc/pacman.conf [multilib] ディレクティブのコメントを外す必要があります。以下の抜粋に示すように、> file。

# nano /etc/pacman.conf

19. Yaourt Package Tool サポート(AURパッケージのダウンロードと構築に使用)を有効にする場合は、 /etc/pacman.conf fileを追加して、次のディレクティブを追加してください。

[archlinuxfr]
SigLevel = Never
Server = http://repo.archlinux.fr/$arch

20. リポジトリファイルを編集したら、次のコマンドを実行してデータベースミラーとパッケージを同期および更新します。

# pacman -Syu

21. 次に、rootアカウントのパスワードを設定し、以下のコマンドを発行してArchボックスにsudo権限を持つ新しいユーザーを作成します。また、最初のログイン時に新しいユーザにパスワードの変更を強制するために、ユーザパスワードを期限切れにします。

# passwd
# useradd -mg users -G wheel,storage,power -s /bin/bash your_new_user
# passwd your_new_user
# chage -d 0 your_new_user

22. 新規ユーザーを追加した後、sudoパッケージをインストールし、/etc/sudoers ファイルからwheelグループ行を更新して、rootユーザーにroot権限を付与する必要があります。新しく追加されたユーザー

# pacman -S sudo
# visudo 

この行を/etc/sudoers ファイルに追加します。

%wheel ALL=(ALL) ALL

24. 最後の手順で、再起動後にArchが起動するようにブートローダをインストールします。 LinuxディストリビューションとArch LinuxのデフォルトのブートローダもGRUBパッケージで表されています。

最初のハードディスクのUEFIマシンにGRUBブートローダーをインストールし、Arch Linuxを検出してGRUBブートローダーファイルを設定するには、次のスクリーンショットに示すように次のコマンドを実行します。

# pacman -S grub efibootmgr dosfstools os-prober mtools
# mkdir /boot/EFI
# mount /dev/sda1 /boot/EFI  #Mount FAT32 EFI partition 
# grub-install --target=x86_64-efi  --bootloader-id=grub_uefi --recheck

25. 最後に、次のコマンドを発行してGRUB設定ファイルを作成します。

# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

おめでとうございます。 Arch Linuxがインストールされ、あなたのボックスに合わせて設定されました。ここで必要な最後のステップは、chroot環境を終了し、パーティションをアンマウントし、以下のコマンドを発行してシステムを再起動することです。

# exit
# umount -a
# telinit 6

26。再起動後、インストールメディアのイメージを削除すると、下図のようにシステムが直接GRUBメニューに起動します。

27。システムがArch Linuxに起動したら、インストールプロセス中にユーザーに設定された認証情報でログインし、以下に示すようにユーザーアカウントのパスワードを変更します。

28。システムではデフォルトでDHCPクライアントが実行されていないため、インターネットネットワーク接続が切断されます。この問題を解決するためには、DHCPクライアントを開始し、有効にするためにroot権限で次のコマンドを発行します。

また、ネットワークインタフェースが起動していて、DHCPサーバーによってIPアドレスが割り当てられていること、およびインターネット接続が期待どおりに機能していることを確認します。ランダムドメインをpingしてインターネット接続をテストします。

$ sudo systemctl start dhcpcd
$ sudo systemctl enable dhcpcd
# ip a
# ping -c2 google.com

今のところ、 Arch Linux システムには、コマンドラインからシステムを管理するために必要な基本ソフトウェアパッケージのみが含まれており、グラフィカルユーザーインターフェースはありません。

高い移植性、ローリングリリースサイクル、ソースパッケージのコンパイル、インストールされたソフトウェアと処理速度に対するきめ細かい制御のため、Arch Linuxは Gentoo Linux と多くの点で似ていますが、Gentooの複雑なアーキテクチャ設計には至りません。

しかし、Arch Linuxシステムを管理するプロセスは、Linux初心者にはお勧めできません。 Arch風のLinuxシステムを操作したいLinux初心者は、まず Manjaro Linux ディストリビューションをインストールしてArch Linuxの原理を学ばなければなりません。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022