Yumプラグインを有効化、無効化、インストールする方法


YUMプラグインは、パッケージマネージャの全体的なパフォーマンスを拡張および改善する小さなプログラムです。そのうちのいくつかはデフォルトでインストールされていますが、多くはインストールされていません。 yumコマンドを実行するたびに、Yumは常にどのプラグインがロードされてアクティブになっているかを通知します。

この短い記事では、CentOS/RHELディストリビューションでYUMパッケージマネージャプラグインを有効または無効にして設定する方法について説明します。

すべてのアクティブなプラグインを見るには、端末上でyumコマンドを実行してください。以下の出力から、最速のミラープラグインがロードされていることがわかります。

# yum search nginx

Loaded plugins: fastestmirror
Repodata is over 2 weeks old. Install yum-cron? Or run: yum makecache fast
Determining fastest mirrors
...

YUMプラグインを有効にする

yumプラグインを有効にするには、 plugins = 1 1 の意味)というディレクティブが [main] セクションにあることを確認してください。以下に示すように、strong> /etc/yum.conf ファイル。

# vi /etc/yum.conf

Yum設定ファイル

[main]
cachedir=/var/cache/yum/$basearch/$releasever
keepcache=0
debuglevel=2
logfile=/var/log/yum.log
exactarch=1
obsoletes=1
gpgcheck=1
plugins=1 installonly_limit=5

これはyumプラグインをグローバルに有効にする一般的な方法です。後で見るように、あなたはそれらを受け入れ可能な設定ファイルで個別に有効にすることができます。

YUMプラグインを無効にする

yumプラグインを無効にするには、上記の値を 0 (offを意味します)に変更するだけで、すべてのプラグインがグローバルに無効になります。

plugins=0	

この段階では、次の点に注意してください。

  • Since a few plug-ins (such as product-id and subscription-manager) offer fundamental yum functionalities, it is not recommended to turn off all plug-ins especially globally.
  • Secondly, disabling plug-ins globally is allowed as an easy way out, and this implies that you can use this provision when investigating a likely problem with yum.
  • Configurations for various plug-ins are located in /etc/yum/pluginconf.d/.
  • Disabling plug-ins globally in /etc/yum.conf overrides settings in individual configuration files.
  • And you can also disable a single or all yum plug-ins when running yum, as described later on.

追加のYUMプラグインのインストールと設定

このコマンドを使って、すべてのyumプラグインの一覧とその説明を見ることができます。

# yum search yum-plugin

Loaded plugins: fastestmirror
Repodata is over 2 weeks old. Install yum-cron? Or run: yum makecache fast
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: mirror.sov.uk.goscomb.net
 * epel: www.mirrorservice.org
 * extras: mirror.sov.uk.goscomb.net
 * updates: mirror.sov.uk.goscomb.net
========================================================================= N/S matched: yum-plugin ==========================================================================
PackageKit-yum-plugin.x86_64 : Tell PackageKit to check for updates when yum exits
fusioninventory-agent-yum-plugin.noarch : Ask FusionInventory agent to send an inventory when yum exits
kabi-yum-plugins.noarch : The CentOS Linux kernel ABI yum plugin
yum-plugin-aliases.noarch : Yum plugin to enable aliases filters
yum-plugin-auto-update-debug-info.noarch : Yum plugin to enable automatic updates to installed debuginfo packages
yum-plugin-changelog.noarch : Yum plugin for viewing package changelogs before/after updating
yum-plugin-fastestmirror.noarch : Yum plugin which chooses fastest repository from a mirrorlist
yum-plugin-filter-data.noarch : Yum plugin to list filter based on package data
yum-plugin-fs-snapshot.noarch : Yum plugin to automatically snapshot your filesystems during updates
yum-plugin-keys.noarch : Yum plugin to deal with signing keys
yum-plugin-list-data.noarch : Yum plugin to list aggregate package data
yum-plugin-local.noarch : Yum plugin to automatically manage a local repo. of downloaded packages
yum-plugin-merge-conf.noarch : Yum plugin to merge configuration changes when installing packages
yum-plugin-ovl.noarch : Yum plugin to work around overlayfs issues
yum-plugin-post-transaction-actions.noarch : Yum plugin to run arbitrary commands when certain pkgs are acted on
yum-plugin-priorities.noarch : plugin to give priorities to packages from different repos
yum-plugin-protectbase.noarch : Yum plugin to protect packages from certain repositories.
yum-plugin-ps.noarch : Yum plugin to look at processes, with respect to packages
yum-plugin-remove-with-leaves.noarch : Yum plugin to remove dependencies which are no longer used because of a removal
yum-plugin-rpm-warm-cache.noarch : Yum plugin to access the rpmdb files early to warm up access to the db
yum-plugin-show-leaves.noarch : Yum plugin which shows newly installed leaf packages
yum-plugin-tmprepo.noarch : Yum plugin to add temporary repositories
yum-plugin-tsflags.noarch : Yum plugin to add tsflags by a commandline option
yum-plugin-upgrade-helper.noarch : Yum plugin to help upgrades to the next distribution version
yum-plugin-verify.noarch : Yum plugin to add verify command, and options
yum-plugin-versionlock.noarch : Yum plugin to lock specified packages from being updated

プラグインをインストールするには、パッケージをインストールするのと同じ方法を使用します。たとえば、更新の前後にパッケージの変更履歴を表示するために使用される changelog プラグインをインストールします。

# yum install yum-plugin-changelog 

インストールが完了すると、設定ファイルを確認するために changelog がデフォルトで有効になります。

# vi /etc/yum/pluginconf.d/changelog.conf

これで、パッケージの更新履歴(この場合は httpd )を確認できます。

# yum changelog httpd

Loaded plugins: changelog, fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: mirrors.linode.com
 * epel: mirror.freethought-internet.co.uk
 * extras: mirrors.linode.com
 * updates: mirrors.linode.com

Listing all changelogs

==================== Installed Packages ====================
httpd-2.4.6-45.el7.centos.4.x86_64       installed
* Wed Apr 12 17:30:00 2017 CentOS Sources <[email protected]> - 2.4.6-45.el7.centos.4
- Remove index.html, add centos-noindex.tar.gz
- change vstring
- change symlink for poweredby.png
- update welcome.conf with proper aliases
...

コマンドラインでYUMプラグインを無効にする

前述のように、これら2つの重要なオプションを使用して、yumコマンドの実行中に1つ以上のプラグインをオフにすることもできます。

  • --noplugins – turns off all plug-ins
  • --disableplugin=plugin_name – disables a single plug-ins

このyumコマンドのように、すべてのプラグインを無効にすることができます。

# yum search --noplugins yum-plugin

次のコマンドでは、 httpd パッケージのインストール中にプラグイン faststmirror を無効にします。

# yum install --disableplugin=fastestmirror httpd

Loaded plugins: changelog
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package httpd.x86_64 0:2.4.6-45.el7.centos.4 will be updated
--> Processing Dependency: httpd = 2.4.6-45.el7.centos.4 for package: 1:mod_ssl-2.4.6-45.el7.centos.4.x86_64
---> Package httpd.x86_64 0:2.4.6-67.el7.centos.6 will be an update
...

今のところそれだ!あなたはこれらの次のYUM関連記事を読むのを好むかもしれません。

  1. How to Use ‘Yum History’ to Find Out Installed or Removed Packages Info
  2. How to Fix Yum Error: Database Disk Image is Malformed

このガイドでは、CentOS/RHEL 7でYUMパッケージマネージャプラグインを有効化、設定、または無効化する方法を説明しました。下のコメントフォームを使用して、この記事に関する質問や意見を共有してください。