CentOSとRHELにアップデートを確認してインストールする方法


ソフトウェアパッケージまたはカーネル自体のアップデートをインストールすることは、システム管理者にとって非常にお勧めで有益な作業です。特にセキュリティアップデートやパッチに関してはそうです。セキュリティの脆弱性が発見されている間、影響を受けるソフトウェアは、システム全体に対する潜在的なセキュリティリスクを軽減するために更新されなければなりません。

セキュリティパッチまたはアップデートを自動的にインストールするようにシステムを設定していない場合は、手動で行う必要があります。この記事では、CentOSおよびRHELディストリビューションのソフトウェアアップデートを確認してインストールする方法について説明します。

インストールしたパッケージで利用可能なアップデートを確認するには、YUMパッケージマネージャを check-update サブコマンドと共に使用します。これは、利用可能な場合、すべてのリポジトリからのすべてのパッケージアップデートを確認するのに役立ちます。

# yum check-update

すべてのソフトウェアパッケージのアップデートを確認する

Loaded plugins: changelog, fastestmirror
base                                                                                                                                                 | 3.6 kB  00:00:00     
epel/x86_64/metalink                                                                                                                                 |  22 kB  00:00:00     
epel                                                                                                                                                 | 4.3 kB  00:00:00     
extras                                                                                                                                               | 3.4 kB  00:00:00     
mariadb                                                                                                                                              | 2.9 kB  00:00:00     
updates                                                                                                                                              | 3.4 kB  00:00:00     
(1/2): epel/x86_64/updateinfo                                                                                                                        | 842 kB  00:00:15     
(2/2): epel/x86_64/primary_db                                                                                                                        | 6.1 MB  00:00:00     
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: mirrors.linode.com
 * epel: mirror.vorboss.net
 * extras: mirrors.linode.com
 * updates: mirrors.linode.com

MariaDB-client.x86_64                                                              10.1.28-1.el7.centos                                                             mariadb 
MariaDB-common.x86_64                                                              10.1.28-1.el7.centos                                                             mariadb 
MariaDB-server.x86_64                                                              10.1.28-1.el7.centos                                                             mariadb 
MariaDB-shared.x86_64                                                              10.1.28-1.el7.centos                                                             mariadb 
NetworkManager.x86_64                                                              1:1.8.0-11.el7_4                                                                 updates 
NetworkManager-adsl.x86_64                                                         1:1.8.0-11.el7_4                                                                 updates 
....

単一のパッケージを最新の利用可能なバージョンに更新するには、以下のコマンドを実行してください。この例では、 yum httpd パッケージを更新しようとします。

# yum update httpd

Apacheパッケージの更新

Loaded plugins: changelog, fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: mirrors.linode.com
 * epel: mirror.vorboss.net
 * extras: mirrors.linode.com
 * updates: mirrors.linode.com
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package httpd.x86_64 0:2.4.6-45.el7.centos.4 will be updated
--> Processing Dependency: httpd = 2.4.6-45.el7.centos.4 for package: 1:mod_ssl-2.4.6-45.el7.centos.4.x86_64
---> Package httpd.x86_64 0:2.4.6-67.el7.centos.6 will be an update
--> Processing Dependency: httpd-tools = 2.4.6-67.el7.centos.6 for package: httpd-2.4.6-67.el7.centos.6.x86_64
--> Running transaction check
---> Package httpd-tools.x86_64 0:2.4.6-45.el7.centos.4 will be updated
---> Package httpd-tools.x86_64 0:2.4.6-67.el7.centos.6 will be an update
---> Package mod_ssl.x86_64 1:2.4.6-45.el7.centos.4 will be updated
---> Package mod_ssl.x86_64 1:2.4.6-67.el7.centos.6 will be an update
....

パッケージグループを更新するには、次のコマンドで開発ツール(CおよびC ++コンパイラと関連ユーティリティ)を更新します。

# yum update "Development Tools"

グループパッケージの更新

Loaded plugins: changelog, fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: mirrors.linode.com
 * epel: mirror.vorboss.net
 * extras: mirrors.linode.com
 * updates: mirrors.linode.com
...

すべてのシステムソフトウェアとその依存関係を最新バージョンにアップグレードするには、次のコマンドを使用します。

# yum update

ソフトウェアパッケージの更新

Loaded plugins: changelog, fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: mirrors.linode.com
 * epel: mirror.vorboss.net
 * extras: mirrors.linode.com
 * updates: mirrors.linode.com
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package MariaDB-client.x86_64 0:10.1.23-1.el7.centos will be updated
---> Package MariaDB-client.x86_64 0:10.1.28-1.el7.centos will be an update
---> Package MariaDB-common.x86_64 0:10.1.23-1.el7.centos will be updated
---> Package MariaDB-common.x86_64 0:10.1.28-1.el7.centos will be an update
---> Package MariaDB-server.x86_64 0:10.1.23-1.el7.centos will be updated
---> Package MariaDB-server.x86_64 0:10.1.28-1.el7.centos will be an update
---> Package MariaDB-shared.x86_64 0:10.1.23-1.el7.centos will be updated
---> Package MariaDB-shared.x86_64 0:10.1.28-1.el7.centos will be an update
---> Package NetworkManager.x86_64 1:1.4.0-19.el7_3 will be obsoleted
---> Package NetworkManager.x86_64 1:1.8.0-11.el7_4 will be obsoleting
....

それでおしまい!あなたはこれらの以下の関連記事を読むのを好むかもしれません。

  1. How to Install or Upgrade to Latest Kernel Version in CentOS 7
  2. How to Delete Old Unused Kernels in CentOS, RHEL and Fedora
  3. How to Install Security Updates Automatically on Debian and Ubuntu

最新のセキュリティと一般的なパッケージのアップデートで、常にLinuxシステムを最新の状態に保ちます。質問がある場合は、下記のコメントフォームを使用してください。