CentOS / RHELにBash自動補完をインストールして有効にする方法


Bash Bourne Again Shell )は、間違いなく最も人気のあるLinuxシェルです。多くのLinuxディストリビューションのデフォルトのシェルであることは当然です。最も魅力的な機能の1つは、組み込みの「自動補完」サポートです。

TAB 補完とも呼ばれるこの機能により、コマンド構造を簡単に補完できます。部分的なコマンドを入力してから [Tab] キーを押すと、コマンドとその引数を自動補完できます。可能であれば、すべての複数の補完が一覧表示されます。

Bash と同じように、最近のほとんどすべてのLinuxシェルがコマンド補完サポート付きで出荷されています。このショートガイドでは、CentOSとRHELシステムでBashの自動補完機能を有効にする方法を紹介します。

コマンドラインでの作業を非常に簡単にするために、これは実行中にすべき多くのことのうちの1つです。

  1. Initial Server Setup and Configurations on RHEL 7
  2. Initial Server Setup and Configurations on CentOS 7

まず、システムで EPEL リポジトリを有効にしてから、 bash-completion パッケージとYUMパッケージマネージャを使用していくつかの追加機能をインストールする必要があります。

# yum install bash-completion bash-completion-extras

bash completion がインストールされたので、これを有効にして作業を開始します。最初に bash_completion.sh ファイルを読み込みます。それを見つけるために下記のlocateコマンドを使うことができます:

$ locate bash_completion.sh
$ source /etc/profile.d/bash_completion.sh  

または、現在のログイン現在のセッションからログアウトして再ログインします。

$ logout 

これで自動補完機能がシステム上で動作するはずです。下に示すように試してみることができます。

$ lo[TAB]
$ ls .bash[TAB]

それで全部です!このガイドでは、CentOS/RHELでBashの自動補完機能( TAB 補完とも呼ばれる)をインストールして有効にする方法を示しました。あなたは以下のコメント欄でどんな質問でもすることができます。