ccat - 構文の強調表示または色付けをして 'catコマンド'の出力を表示


ccat はLinuxのcatコマンドに似たコマンドラインで、次のプログラミング言語の構文を強調表示してファイルの内容を表示します。 Javascript Java 移動 Ruby C Python Json

Linuxディストリビューションに ccat ユーティリティをインストールするには、まずwgetユーティリティがシステムに存在することを確認します。 wgetコマンドラインがシステムにインストールされていない場合は、以下のコマンドを発行してインストールします。

# yum install wget        [On CentOS/RHEL/Fedora]
# apt-get install wget    [On Debian and Ubuntu]

最新のコンパイル済みバイナリを介して最新の ccat コマンドラインをインストールするには、まず以下のコマンドを発行して圧縮tarボールをダウンロードします。バイナリおよびソースコードリリースのアーカイブは、公式のccat github Webページにあります。

-------------- On 64-Bit -------------- 
# wget https://github.com/jingweno/ccat/releases/download/v1.1.0/linux-amd64-1.1.0.tar.gz 

-------------- On 32-Bit -------------- 
# wget https://github.com/jingweno/ccat/releases/download/v1.1.0/linux-386-1.1.0.tar.gz 

アーカイブのダウンロードが完了したら、現在の作業ディレクトリを一覧表示してファイルを表示し、 ccat tarball linux-amd64-1.xx Tarballファイル)を抽出し、ファイルをコピーします。 > ccat 実行可能バイナリを展開されたtarballから/usr/local/bin/パスなどのLinux実行可能システムパスに、以下のコマンドを発行して実行します。

# ls
# tar xfz linux-amd64-1.1.0.tar.gz 
# ls linux-amd64-1.1.0
# cp linux-amd64-1.1.0/ccat /usr/local/bin/
# ls -al /usr/local/bin/

何らかの理由で実行可能システムパスの ccat ファイルに実行可能ビットが設定されていない場合は、次のコマンドを発行してすべてのシステムユーザーに実行可能権限を設定します。

# chmod +x /usr/local/bin/ccat

システム設定ファイルに対して ccat ユーティリティ機能をテストするには、以下のコマンドを発行します。表示されたファイルの内容は、以下のコマンド例に示すように、ファイルプログラミング言語sytnaxに従って強調表示されるべきです。

# ccat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens33 
# ccat /etc/fstab 

catコマンドを ccatコマンドシステム全体に置き換えるには、システムの bashrc ファイルで ccat のbashエイリアスを追加し、システムからログアウトして再度ログインして設定を適用します。

-------------- On CentOS, RHEL & Fedora -------------- 
# echo "alias cat='/usr/local/bin/ccat'" >> /etc/bashrc 
# exit

-------------- On Debiab & Ubuntu -------------- 
# echo "alias cat='/usr/local/bin/ccat'" >> /etc/profile
# exit

最後に、任意の設定ファイルに対して catコマンドを実行し、 ccat エイリアスが catコマンドに置き換わっているかどうかをテストします。出力ファイルの構文は今強調表示されているはずです。

# cat .bashrc

次の例に示すように、 ccat ユーティリティを使用して複数のファイルを連結し、出力をHTML形式で表示することもできます。

# ccat --html /etc/fstab /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens33> /var/www/html/ccat.html

ただし、下のスクリーンショットに示すように、HTMLファイルの内容を表示するには、Apache HTTPサーバーやNginxなどのWebサーバーがシステムにインストールされている必要があります。

その他のカスタム設定やコマンドオプションについては、ccatの公式githubページをご覧ください。