Debian 9にZoneMinder - ビデオ監視ソフトウェアをインストールする


それが家庭であろうと企業であろうと、物理的セキュリティは常に包括的なセキュリティポリシーの基本的な要素です。防犯カメラの使用は、物理的なセキュリティ監視ソリューションの礎石となる傾向があります。

カメラの最大の課題の1つは、ビデオフィード/画像の管理と保存です。このタスクに対処するための最もよく知られているオープンソースソリューションの1つは Zone Minder です。

Zone Minder は、防犯カメラからのビデオフィードを監視、管理、分析するための多数のソリューションをユーザーに提供します。 Zone Minderの主な特長は次のとおりです。

  • Free, Open source and constantly updating.
  • Works with most IP cameras (even ones with special functionality like PTZ, night vision, and 4k resolutions).
  • Web based management console.
  • Android and iOS applications for monitoring from anywhere.

Zone Minder のその他の機能を確認するには、プロジェクトのホームページ(https://zoneminder.com/features/)にアクセスしてください。

この記事では Debian 9 Stretch Zone Minder をインストールする方法と、セキュリティカメラのフィードを監視するためのZone Minderの設定方法について説明します。

これはほとんどのIPカメラの設置を単純化したものですが、カメラが Zone Minder サーバーにネットワーク接続されていることを前提とした概念でも機能します。

この記事では、読者が既に Debian 9 Stretch の最低限の基本インストールを実行していると仮定します。 SSH接続によるベアインストールが想定されるすべてです。

Zone Minder ウェブインターフェースに接続しているクライアントには Apache ウェブサーバーを介してすべてのサービスが提供されるため、サーバー上にグラフィカル環境は必要ありません。

Debian 9をインストールするためのTecmintに関するこの記事を見てください:https://www.tecmint.com/installation-of-debian-9-minimal-server/

Zone Minder は大量のビデオ/画像を保存する可能性があるため、このサーバーに必要な最大のコンポーネントはネットワークとストレージの容量です。考慮すべきその他の項目は、カメラの数、サーバーに送信される画像/ビデオの品質、Zone Minderシステムに接続しているユーザーの数、およびZone Minderシステムを介して配信されるストリームの表示です。

仕様のZone Minder Wiki記事:https://wiki.zoneminder.com/How_Many_Cameras

  • 1 HP DL585 G1 (4 x Dual core CPU’s)
  • RAM: 18 GB
  • 1 x 1Gbps network connections for IP cameras
  • 1 x 1Gbps network connection for management
  • Local Storage: 4 x 72GB in RAID 10 (OS only; ZM images/video will be offloaded later)
  • 1 x 1.2 TB HP MSA20 (Storage of Images/Videos)

Zone Minderのインストール

Zone Minder のインストールは非常に簡単で、Zone Minderがインストールされている特定のサーバーへの root または sudo アクセスを想定しています。

Debian Stretch では、デフォルトで Zone Minder 1.30.4 がリポジトリにありません。幸いなことに Zone Minder の新しいバージョンがDebian Stretchバックポートで利用可能です。

Debianの新規インストールでバックポートを有効にするには、次のコマンドを発行します。

# echo -e “\n\rdeb http://ftp.debian.org/debian stretch-backports main” >> /etc/apt/sources.list

バックポートが有効になると、システムには一連の更新が必要になる可能性があります。この記事の残りの部分に備えて、次のコマンドを実行してパッケージを更新します。

# apt-get update
# apt-get upgrade
# apt-get dist-upgrade

Zone Minder のインストールと設定の最初のステップは、次のコマンドで必要な依存関係をインストールすることです。

# apt-get install php mariadb-server php-mysql libapache2-mod-php7.0 php7.0-gd zoneminder

インストールが完了したら、次のコマンドを使用してデータベースを保護することを強くお勧めします。

# mysql_secure_installation

上記のコマンドは、最初にMariaDBのインストール中に作成されたrootパスワードの入力を促し、次にテストユーザーの無効化、データベースへのリモートルートログイン、およびテストデータベースの削除についていくつかのセキュリティ上の質問をします。安全であり、「はい」がこれらすべての質問への答えになることをお勧めします。

今すぐデータベースを準備し、データベースの Zone Minder ユーザーになる必要があります。 Zone Minderパッケージはインポートに必要なスキーマを提供します。インポートにより、ユーザー「 zmuser 」、データベース「 zm 」が作成され、システムにデフォルトのパスワードが設定されます。/strong> *。

以下のコマンドは、MariaDBデータベースのrootユーザーパスワードの入力をユーザーに促します。

# mariadb -u root -p < /usr/share/zoneminder/db/zm_create.sql
# mariadb -u root -p -e "grant all on zm.* to ‘zmuser’@localhost identified by ‘zmpass’;"

この部分は、ユーザーがデータベースのデフォルトのユーザー/パスワードを変更したい場合にのみ必要です。データベースのデータベース名、ユーザー名、またはパスワードを変更することが望ましい場合があります。

たとえば、管理者が別のユーザーとパスワードの組み合わせを使用したいとします。

User: zm_user_changed
Password: zmpass-test

これにより、上記のMariaDBユーザーコマンドは次のように変更されます。

# mariadb -u root -p -e "grant all on zm.* to ‘zm_user_changed’@localhost identified by ‘zmpass-test’;"

ただし、こうすることで、 Zone Minder に、変更されたデータベースとユーザー名を知らせる必要があります。 ZMの設定ファイル( /etc/zm/zm.conf )を正しく変更します。

次の行を見つけて変更します。

  • ZM_DB_USER = zmuser ← Change ‘zmuser’ to the new user above. ‘zm_user_changed
  • ZM_DB_PASS = zmpass ← Change ‘zmpass’ to the new password used above. ‘zmpass-test

次のステップでは、次のコマンドを使用して、 Zone Minder 設定ファイルの所有権を修正して、apacheユーザー( www-data )が読めるようにします。

# chgrp www-data /etc/zm/zm.conf

www-data ユーザーも、このシステムの[動画]グループに属している必要があります。これを実現するには、次のコマンドを使用する必要があります。

# usermod -aG video www-data

また、 php.ini ファイルで適切なタイムゾーンを設定する必要もあります。適切なタイムゾーンを見つけ、テキストエディタを使って次の行を見つけ、タイムゾーン情報を追加します。

# nano /etc/php/7.0/apache2/php.ini

[; date.timezone = ]の行を 'date.timezone = America/New_York' に変更します。

今ある[ Apache は、 Zone Minder ウェブインターフェースを提供するように設定する必要があります。最初のステップは、デフォルトのApacheページを無効にし、Zone Minder設定ファイルを有効にすることです。

# a2dissite 000-default.conf
# a2enconf zoneminder

Zone Minderが正しく機能するために有効にする必要があるApacheモジュールもいくつかあります。これは以下のコマンドで実行できます。

# a2enmod cgi
# a2enmod rewrite

最後のステップは、 Zone Minder を有効にして開始することです。これを実現するには、次のコマンドを使用します。

# systemctl enable zoneminder.service
# systemctl restart apache2.service
# systemctl start zoneminder.service

すべてがうまくいったら、サーバーのIPとZone Minderディレクトリに移動すると、Zone Minder管理コンソールは次のようになります。

http://10.0.0.10/zm

おめでとうございます。 Zone Minder Debian 9 で稼働中です。次回の次回の記事では、Zone Minderコンソール内のストレージ、カメラ、およびアラートの設定について説明します。