Glanceを使用してWebサーバーモードでリモートLinuxを監視する方法


Glancesは、無料のオープンソース、最新の、クロスプラットフォーム、リアルタイムのトップおよびシステム監視ツールです。それは対応するものと比較して高度な機能を提供し、さまざまなモードで実行することができます:スタンドアロンとして、クライアント/サーバーモードとWebサーバーモードで。

Webサーバーモードを考慮すると、一目でSSHを使用してリモートサーバーにログインする必要はありません。Webサーバーモードで実行し、Webブラウザを介してアクセスしてLinuxサーバーをリモートで監視できます。

Webサーバーモードである[一見を実行するには、ある[ Pythonのボトルのモジュール、一緒にそれをインストールする必要があります、高速、シンプルで軽量 WSGI マイクロWeb Linuxディストリビューションに適したコマンドを使用して-framework。

$ sudo apt install glances python-bottle	#Debian/Ubuntu
$ sudo yum install glances python-bottle	#RHEL/CentOS
$ sudo dnf install glancespython-bottle	        #Fedora 22+

または、図のようにPIPコマンドを使用してインストールしてください。

$ sudo pip install bottle

上記のパッケージをインストールしたら、 -w フラグを付けて glances を起動し、Webサーバーモードで実行します。デフォルトでは、ポート 61208 で待機します。

$ glances -w 
OR
$ glances -w &

firewalld サービスを実行している場合は、そのポートへの受信トラフィックを許可するためにポート 61208 を開く必要があります。

$ sudo firewall-cmd --permanent --add-port=61208/tcp
$ sudo firewall-cmd --reload

UFW ファイアウォールの場合は、これらのコマンドを実行します。

$ sudo  ufw  allow 61208/tcp
$ sudo  ufw  allow reload

その後、WebブラウザからURL http:// SERVER_IP:61208/を使用してGlances UIにアクセスします。

systemd システムとサービスマネージャを使用している場合は、次のセクションで説明するように、効率的な管理のためのサービスとして一目をウェブサーバーモードで実行できます。私は実際にはこの方法をバックグラウンドプロセスとして実行するよりも好みます。

サービスとしてのWebサーバーモードでの概要の実行

まず /usr/lib/systemd/system/glancesweb.service の下にサービスユニットファイル(私は glancesweb.service として名前を付けています)を作成します。

$ sudo vim /usr/lib/systemd/system/glancesweb.service

次に、その下のユニットファイル設定をコピーして貼り付けます。

[Unit]
Description = Glances in Web Server Mode
After = network.target

[Service]
ExecStart = /usr/bin/glances  -w  -t  5

[Install]
WantedBy = multi-user.target

上記の設定はsystemdにこれがタイプサービスの単位であることを伝え、それは network.target の後にロードされるべきです。

システムがネットワークターゲットに入ると、systemdはサービスとして「/usr/bin/glances -w -t 5 」というコマンドを呼び出します。 -t はライブアップデートの間隔を秒単位で指定します。

[install] セクションは、このサービスが「 multi-user.target 」で必要であることをsystemdに通知します。したがって、有効にすると、 /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/glancesweb.service から/usr/lib/systemd /にシンボリックリンクが作成されます。 system/glancesweb.service 。無効にすると、このシンボリックリンクが削除されます。

次に、新しいsystemdサービスを有効にし、次のように起動してステータスを表示します。

$ sudo systemctl enable connection.service
$ sudo systemctl start connection.service
$ sudo systemctl status connection.service

最後に、WebブラウザからURL http:// SERVER_IP:61208/を使用して、任意のデバイス(スマートフォン、タブレット、またはコンピュータ)上のGlances UIを介してLinuxサーバーをリモートで監視します。

URLの最後に秒単位の期間を追加するだけで、ページの更新間隔を変更できます。これにより、更新間隔が 8 秒に設定されます。

http://SERVERI_P:61208/8	

Webサーバーモードで一目見て実行することの1つの欠点は、インターネット接続が不十分な場合、クライアントがサーバーから簡単に切断される傾向があることです。

このガイドから新しいsystemdサービスを作成する方法を学ぶことができます。

  1. How to Create and Run New Service Units in Systemd Using Shell Script

それで全部です!追加する質問や追加情報がある場合は、以下のコメントを使用してください。