CentOSでContinuous Release(CR)リポジトリを使用する方法


CentOS CR 継続リリース)リポジトリには、特定のCentOSバージョンの次のポイントリリースで出荷されるパッケージが含まれています。 CentOS 7 を検討している場合、ポイントリリースは 7.x のような次のリリースです。

このリポジトリのパッケージは上流のベンダーのソースから構築されていますが、正確な上流の配布リリースを表すものではないかもしれません。システム管理者またはこれらの新しく構築されたパッケージを自分のシステムでテストし、次のリリースのコンテンツに関するフィードバックを提供したいユーザーのために、それらは構築された直後に利用可能になります。また、今後のリリースで何が表示されるのかを知りたがっている人にも便利です。

CR リポジトリはデフォルトでは有効になっておらず、「オプトインプロセス」です。この記事では、CentOSシステムにCRリポジトリをインストールして有効にする方法を説明します。

CentOS CR(Continuous Release)リポジトリを有効にする方法

CentOS 6/5 ディストリビューションでCRリポジトリを有効にするには、 CentOS Extras にある centos-release-cr パッケージをインストールする必要があります。次のように、デフォルトで有効になっています。

# yum install centos-release-cr

CentOS 7 では、リポジトリ設定ファイルは最新の centos-release パッケージに含まれています。だから、最新の centos-release パッケージを入手するためにあなたのシステムを更新することから始めましょう。

# yum update 

次に、CentOSでCRリポジトリを有効にするために以下のコマンドを実行します。

# yum-config-manager --enable cr 

最後に、次のコマンドを使用して、リポジトリ設定がシステムに追加されたかどうかを確認します。

# yum repolist cr

ある[ CR のリポジトリを使用すると、あなたの環境に完全に展開する前に、新しく構築されたパッケージをテストすることができます。質問がある場合は、フィードバックフォームを使用してご連絡ください。