CentOS、RHEL、およびFedoraにEclipse Photon IDEをインストールする方法


このチュートリアルでは、 CentOS Red Hat Fedora <の Eclipse Photon IDE の最新版のインストールプロセスについて説明します。/strong>ベースのLinuxディストリビューション。

ある[ Eclipse は、Javaアプリケーションを主に書いて開発するために世界中のプログラマーによって使用される無料の統合開発環境IDEです。ただし、 Eclipse IDE は、機能を拡張するインストール済みプラグインを介して、さまざまなコンパイラとプログラミング言語をサポートできます。

Eclipse Photon IDE の最新リリースには、 RHEL または CentOS ベースのLinuxディストリビューション専用のビルド済みバイナリパッケージは付属していません。代わりに、 CentOS Fedora 、または他の Red Hat Linux ベースのディストリビューションにtarballアーカイブファイルで Eclipse IDE をインストールできます。 。

  1. A Desktop machine with minimum 2GB of RAM.
  2. Java 9 SE SDK installed in Red Hat Linux based distributions.

CentOS、RHELおよびFedoraにEclipse IDEをインストールする

最初のステップとして、ブラウザを開き、Eclipseの公式ダウンロードページに移動して、インストールされているLinuxディストリビューションアーキテクチャに固有の最新バージョンのtarパッケージをダウンロードします。

代わりに、下記のコマンドを発行して、wgetユーティリティ経由であなたのシステムに Eclipse IDE tarballファイルをダウンロードすることもできます。

-------------- For 64-bit Architecture -------------- 
$ wget http://ftp.fau.de/eclipse/technology/epp/downloads/release/photon/R/eclipse-jee-photon-R-linux-gtk-x86_64.tar.gz

-------------- For 32-bit Architecture --------------
$ wget http://ftp.fau.de/eclipse/technology/epp/downloads/release/photon/R/eclipse-jee-photon-R-linux-gtk.tar.gz
-------------- For 64-bit Architecture -------------- 
$ wget http://ftp.fau.de/eclipse/technology/epp/downloads/release/oxygen/R/eclipse-jee-oxygen-R-linux-gtk-x86_64.tar.gz

-------------- For 32-bit Architecture --------------
$ wget http://ftp.fau.de/eclipse/technology/epp/downloads/release/oxygen/R/eclipse-jee-oxygen-R-linux-gtk.tar.gz

ダウンロードが完了したら、アーカイブパッケージがダウンロードされたディレクトリに移動し、以下のコマンドを発行して Eclipse IDE をインストールします。

以下で実行されたコマンドは、 Eclipse IDE /opt ディレクトリに直接インストールします。その後、 Eclipse IDE 実行ファイルのシンボリックリンクを/usr/local/bin/ディレクトリに作成し、lsコマンドでシンボリックリンクパスを確認します。

$ sudo tar xfz eclipse-jee-photon-R-linux* -C /opt/  [For Photon]
$ sudo tar xfz eclipse-jee-oxygen-R-linux* -C /opt/  [For Oxygen]
$ ls /opt/eclipse/
$ sudo ln -s /opt/eclipse/eclipse /usr/local/bin/eclipse
$ ls -al /usr/local/bin/eclipse 

次に、 Eclipse デスクトップランチャーをシステムアプリケーションディレクトリに作成します。

$ sudo nano /usr/share/applications/eclipse.desktop

ファイル eclipse.desktop に次の設定を追加します。

[Desktop Entry]
Name=Eclipse IDE
Comment=Eclipse IDE
Type=Application
Encoding=UTF-8
Exec=/usr/local/bin/eclipse
Icon=/opt/eclipse/icon.xpm
Categories=GNOME;Application;Development;
Terminal=false
StartupNotify=true

Eclipse ランチャーを作成したら、 Gnome ダッシュを使用してアプリケーションを検索して開きます。最初のアプリケーション起動時に、 Eclipse ワークスペースディレクトリを追加し、[起動]ボタンをクリックしてアプリケーションを起動します。

おめでとうございます。 Red Hat Linux ベースのシステムに最新バージョンの Eclipse IDE を正常にインストールしました。