GraphicsMagick - Linux用の強力な画像処理CLIツール


GraphicsMagick は、無料のオープンソースで、画像処理用の最新かつ強力なソフトウェアスイートです。当初ImageMagickから派生しましたが、何年にもわたり、完全に独立したプロジェクトに成長し、数多くの改良と追加機能がありました。 Linux、MacOSなどのすべてのUnix系オペレーティングシステム上で動作し、Windows上でも動作します。

GIF、JPEG、JPEG-2000、PNG、PDF、PNM、TIFFなど、88以上のよく知られたフォーマットで画像を読み、書き、そして操作することを可能にするライブラリと同様に便利で効率的なツールの品揃えを提供)

複数の画像からグリッド形式の合成画像を作成したり、 WEBP などのWebでサポートされている形式で画像を作成したりできます。画像サイズの変更、鮮明化、減色、回転、またはさまざまな形式の画像への特殊効果の追加にも使用されます。重要なのは、それは複数の画像からはるかに GIF のアニメーションを作成することができます。

LinuxシステムにGraphicsMagickをインストールする方法

Debian とその派生物( Ubuntu Linux Mint など)では、図のようにAPTパッケージマネージャを使ってインストールできます。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install graphicsmagick

Arch Linux Fedora では、図のようにパッケージマネージャを使用してデフォルトのシステムリポジトリから GraphicsMagick をインストールできます。

$ sudo pacman -S graphicsmagick    [On Arch Linux]
$ sudo dnf install GraphicsMagick  [On Fedora 25+]

RHEL CentOS Fedora (旧リリース)などの他のLinuxディストリビューションでは、ソースから GraphicsMagick をコンパイルできます。示されているコード

----------- Install GraphicsMagick on RHEL and CentOS ----------- 
# yum install libpng libjpeg libpng-devel libjpeg-devel ghostscript libtiff libtiff-devel freetype freetype-devel jasper jasper-devel
# wget -c https://downloads.sourceforge.net/project/graphicsmagick/graphicsmagick/1.3.28/GraphicsMagick-1.3.28.tar.xz
# xz -c GraphicsMagick-1.3.28.tar.xz | tar -xvf -
$ cd GraphicsMagick-1.3.28/
$ ./configure 
$ make
$ make install
----------- Install GraphicsMagick on Fedora ----------- 
# dnf install libpng libjpeg libpng-devel libjpeg-devel ghostscript libtiff libtiff-devel freetype freetype-devel jasper jasper-devel
# wget -c https://downloads.sourceforge.net/project/graphicsmagick/graphicsmagick/1.3.28/GraphicsMagick-1.3.28.tar.xz
# xz -c GraphicsMagick-1.3.28.tar.xz | tar -xvf -
$ cd GraphicsMagick-1.3.28/
$ ./configure 
$ make
$ make install

GraphicsMagick 機能にアクセスするには、 gm - 表示、アニメート、コンサート、モンタージュ、比較、識別、合成などのいくつかのサブコマンドを提供する強力なコマンドラインユーティリティ - を使用します。実際の機能にアクセスするため

GraphicsMagick パッケージがシステムにインストールされたことを確認するには、次のコマンドを実行します。

$ gm display 

その後、以下の一連のコマンドを実行して、インストール済みパッケージのさまざまな側面を検証します。

$ gm convert -list formats	#check that the expected image formats are supported
$ gm convert -list fonts	#check if fonts are available
$ gm convert -list delegates	#check if delegates (external programs) are configured as expected
$ gm convert -list colors	#check if color definitions may be loaded
$ gm convert -list resources	#check that GraphicsMagick is properly identifying the resources of your machine

LinuxでGraphicsMagickを使用する方法を学ぶ

以下は、これらのオプションを指定してgmコマンドを使用する方法の基本的な例です。

1. 端末から画像を表示または表示するには、次のコマンドを実行します。

$ gm display girlfriend.jpeg

2. 画像を新しいでサイズ変更するには、幅と高さを指定すると、図のように自動的に拡大縮小されます。

$ gm convert -resize 300 girlfriend-1.jpeg girlfriend-1-resize-300.jpeg
$ gm display girlfriend-1-resize-300.png

高さを定義することもできます。コマンドを使用すると、縦横比を変更せずに画像のサイズをそのサイズに変更できます。

$ gm convert -resize 300x150 girlfriend-1.jpeg girlfriend-1-resize-300x150.jpeg
$ gm display girlfriend-1-resize-300.png

3. 現在の作業ディレクトリに複数の画像のアニメーション画像を作成するには、次のコマンドを使用します。

$ gm animate *.png	

4. 画像をある形式から別の形式に変換するには、 .jpeg から .png などに変換します。

$ gm convert girlfriend.jpeg girlfriend.png

5. 次に、表示されているようにすべての .png 画像の視覚的画像ディレクトリを作成できます。

$ gm convert 'vid:*.jpeg' all_png.miff
$ gm display all_png.miff

6. また、図のように別々の画像から(グリッド形式の)合成画像を作成することもできます。

$ gm montage girlfriend.jpeg girlfriend-1.jpeg girlfriend-2.jpeg composite_image.png
$ gm display composite_image.png 

GM コマンドでできることはたくさんありますが、この記事では基本的な例をいくつか取り上げました。 gmとそのサブコマンドのすべてのオプション(convert、typeなど)を確認できます。

$ gm -help
$ gm help convert

詳細については、GraphicsMagickのホームページを参照してください。http://www.graphicsmagick.org/

GraphicsMagick は、Linuxおよびその他のUnixライクシステム用の強力で機能豊富な画像処理システムです。質問や意見がありましたら、下記のフィードバックフォームをご利用ください。