Ubuntuでネットワークボンディングまたはチーム化を設定する方法


ネットワークインターフェースボンディングは、Linuxサーバーで使用されるメカニズムで、単一のインターフェースが提供できるよりも多くの帯域幅を提供したり、ケーブル障害が発生した場合にリンクの冗長性を提供したりします。この種類のリンクの冗長性には、Linuxではボンディングチーミングリンクアグリゲーショングループ LAG )など、複数の名前があります。 )

Ubuntu または Debian ベースのLinuxシステムでネットワークボンディングメカニズムを使用するには、まずボンディングカーネルモジュールをインストールし、 modprobe <を介してボンディングドライバがロードされているかどうかをテストする必要があります。/strong>コマンド

$ sudo modprobe bonding

Debian または Ubuntu の古いリリースでは、以下のコマンドを発行して ifenslave パッケージをインストールする必要があります。

$ sudo apt-get install ifenslave

システムの最初の2つの物理NCで構成されているボンドインターフェイスを作成するには、次のコマンドを発行します。ただし、この結合インターフェース作成方法は一時的なものであり、システムの再起動後も存続しません。

$ sudo ip link add bond0 type bond mode 802.3ad
$ sudo ip link set eth0 master bond0
$ sudo ip link set eth1 master bond0

モード0 タイプで永久債権管理インターフェースを作成するには、以下の抜粋に示すように、インターフェース設定ファイルを手動で編集する方法を使用します。

$ sudo nano /etc/network/interfaces
# The primary network interface
auto bond0
iface bond0 inet static
	address 192.168.1.150
	netmask 255.255.255.0	
	gateway 192.168.1.1
	dns-nameservers 192.168.1.1 8.8.8.8
	dns-search domain.local
		slaves eth0 eth1
		bond_mode 0
		bond-miimon 100
		bond_downdelay 200
		bound_updelay 200

ボンドインターフェースを有効にするには、ネットワークサービスを再起動し、物理インターフェースを停止して、[ボンドインターフェース]または[再起動]を順番に実行します。カーネルが新しいボンドインターフェースを取得するためのものです。

$ sudo systemctl restart networking.service
or
$ sudo ifdown eth0 && ifdown eth1 && ifup bond0

ボンドインターフェースの設定は、以下のコマンドを発行して調べることができます。

$ ifconfig 
or 
$ ip a

図のようにcatコマンドを使用して下記のカーネルファイルの内容を表示することで、ボンドインターフェイスに関する詳細を取得できます。

$ cat /proc/net/bonding/bond0

他のボンディングインターフェースメッセージを調べたり、ボンディング物理NICSの状態をデバッグしたりするには、以下のコマンドを発行します。

$ tail -f /var/log/messages

次に、 mii-tool ツールを使用して、表示されているようにネットワークインターフェイスコントローラ(NIC)のパラメータを確認します。

$ mii-tool

ネットワークボンディングの種類は以下のとおりです。

  • mode=0 (balance-rr)
  • mode=1 (active-backup)
  • mode=2 (balance-xor)
  • mode=3 (broadcast)
  • mode=4 (802.3ad)
  • mode=5 (balance-tlb)
  • mode=6 (balance-alb)

NICボンディングに関する完全なドキュメントはLinuxカーネルのドキュメントページにあります。