Windowsと一緒にUbuntu 18.04をインストールする方法


このチュートリアルでは、 Ubuntu Desktop 18.04 の最新版、コード名 Bionic Beaver 、プレインストールされた Windowsと並んでの仮想マシンへのインストールプロセスについて説明します。 10 オペレーティングシステム。インストールプロセスは、 UbuntuデスクトップDVD ISO イメージまたは起動可能な Ubuntu USB ドライブを介して実行できます。

Ubuntu Bionic OS レガシーモードまたは CSM を搭載した UEFI マザーボードにインストールされます(互換性サポートモジュール)オプションが無効になっています。

  1. Download Ubuntu Desktop 18.04 ISO image for x86_64bit architecture.
  2. A direct or a proxy internet connection.
  3. Rufus utility in order to create an Ubuntu Desktop bootable USB drive compatible with UEFI motherboards.

Ubuntuインストール用にWindowsに空き領域を作成する

1つの Windows 10 パーティションを持つプレインストールされたマシンでは、 Ubuntu 18.04 をインストールするために Windows パーティションに空き容量を作成する必要があります。 。

管理者権限を持つアカウントでシステムに最初にログインし、管理者権限でコマンドプロンプトウィンドウを開き、 diskmgmt.msc コマンドを実行してディスクの管理実用性。

diskmgmt.msc

Windows パーティション、通常は C:ボリュームを選択し、このパーティションを右クリックして[ボリュームの縮小]オプションを選択してパーティションサイズを縮小します。

システムがパーティションサイズのデータを収集するのを待ち、縮小したいスペースを追加して[縮小]ボタンをクリックします。圧縮処理が完了すると、新しい未割り当て領域がドライブに表示されます。この空き容量を使って、Windows 10と同時にUbuntuをインストールします。

Windowsと一緒にUbuntu 18.4をインストールする

次のステップでは、 Ubuntu Desktop DVD ISO イメージまたは起動可能なUSBメモリを適切なマザーボードドライブに挿入し、再起動して適切な起動可能キーを押します(通常< UbuntuインストーラDVDまたはUSBブータブルイメージを起動するには、code> F12 、 F10 、または F2 を選択します。

最初のインストール画面で[ Ubuntuをインストール]を選択し、[ Enter ]キーを押してインストールプロセスを開始します。

[ようこそ]画面でインストール言語を選択し、[続行]ボタンをクリックします。

次の画面でシステムのキーボードレイアウトを選択し、[続行]ボタンをクリックします。

次のインストール画面で、[通常インストール]を選択し、[続行]ボタンをクリックします。この画面では、Ubuntuデスクトップの Minimal インストールを実行することもできます。これには、基本的なシステムユーティリティとWebブラウザだけが含まれます。

グラフィックカード、Wi-Fi、または追加メディア用のサードパーティ製ソフトウェアをインストールするためにマザーボードの UEFI 設定でこのオプションが有効になっている場合は、セキュアブートオプションをオフにすることもできますフォーマットセキュアブートオプションをオフにするとパスワードが必要になることに注意してください。

次に、インストールの種類メニューで、手動でハードディスクをパーティション分割して続行ボタンを押すために何か他のオプションを選択します。

ハードディスクパーティションテーブルメニューで、Ubuntuパーティションを作成するためにハードドライブ空き容量を選択し、 + ボタンを押します。

パーティションのポップアップウィンドウで、パーティションのサイズをMB単位で追加し、パーティションの種類を[プライマリ]として選択し、パーティションの場所をこのスペースの先頭に設定します。

次に、このパーティションをext4ファイルシステムでフォーマットし、パーティションマウントポイントとして/を使用します。 /(root)パーティションの概要は以下のとおりです。

  • Size = minimum 30000 MB recommended
  • Type for the new partition = Primary
  • Location for the new partition = Beginning of this space
  • Use as = EXT4 journaling file system
  • Mount point = /

この手順が完了したら、[ OK ]ボタンをクリックしてディスクユーティリティに戻ります。 /home Swap などの他のパーティションはUbuntuデスクトップではオプションであり、特別な目的のためにのみ作成する必要があります。

それでもホームパーティションを追加したい場合は、空き領域を選択し、 + ボタンを押して、以下のスキームを使用してパーティションを作成します。

  • Size = size allocated as per your requirements, depending on the size of remaining disk free space
  • Type for the new partition = Primary
  • Location for the new partition = Beginning
  • Use as = EXT4 journaling file system
  • Mount point = /home

このガイドでは、 /(root)パーティションセットのみを使用して、UbuntuをWindows 10と同時にインストールします。ディスクに必要なルートパーティションを作成したら、ブートローダをインストールするデバイスとして[Windowsブートマネージャ]を選択し、[今すぐインストール]ボタンをクリックします。

ポップアップウィンドウで、[続行]ボタンをクリックしてディスクに書き込まれる変更を確定し、インストールを開始します。

次の画面で、提供されている地図から現在地を選択し、[続行]ボタンをクリックします。

次に、自分の名前、デスクトップの名前、強力なパスワードを含むユーザー名を入力し、[ログインにパスワードを要求]を選択します。終了したら、[続行]ボタンをクリックして、インストールプロセスが完了するのを待ちます。

インストールプロセス中に、Ubuntuデスクトップとインストールの進行状況バーを説明する一連の画面が画面に表示されます。この最終段階でインストールプロセスを妨げることはできません。

インストールが完了したら、インストールメディアを取り出し、[今すぐ再起動]ボタンを押してコンピュータを再起動します。

再起動後、システムは GNU GRUB メニューに起動します。 GRUBメニューが表示されない場合は、コンピュータを再起動し、マザーボードの UEFI 設定に移動して起動順序を変更するか、起動オプション - &gt; <強い>掲示板の優先順位

GRUBメニューを有効にする設定は、お使いのコンピュータのマザーボードの UEFI 設定によって大きく異なります。 GRUBメニューを表示するために変更する必要がある設定を識別するためにマザーボードのマニュアルを参照する必要があります。

最後に、システムのインストール中に設定した認証情報を使用して Ubuntu 18.04デスクトップにログインし、Ubuntuデスクトップの使用を開始するためにUbuntuの初期画面に従います。

おめでとうございます。あなたのマシンに Windows 10 と並んで Ubuntu 18.04 Bionic Desktop が正常にインストールされました。